ドラマ

深キョンの演技の評判は大根ではなく“下手かわいい”【はじこい】

深キョン

2019年1月スタートとなった火曜ドラマ『初めての恋をした日に読む話』(はじこい)、第2話を終え、主演の深キョンの演技は果たして“大根なのか、上手いのか”という点について考えてみました。

深キョンと言えば、中学2年生でホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞してからこれまで数々のドラマの主演を経験され、その圧倒的な可愛さでいまだに世間に根強い人気を誇る女優です。

でも、「演技が下手」「大根」「いっつも深キョン」とか演技に対する評判は否定的なイメージですが、この『初めての恋をした日に読む話』を見て、私の中で“ある確信”にたどり着きました。

深キョンの演技は下手なんじゃない。下手かわいいんだと。
深キョンは下手かわいいというジャンルでトップを独占しているんだと。

今回はそこについて掘り下げてみました。

深キョンの演技は大根ではなく“下手かわいい”というジャンルだということ

深キョン

芸能界において女優と呼ばれる人はたくさんいますが、「役者」とも呼ばれる以上、シナリオ上の役柄を演じる演技力についてある程度の技量が求められることは言うまでもありません。

客観的にみて、深キョンの演技は下手かもしれない。でもかわいい。

特に第2話でのあの酔っぱらった演技は「わかっていつつもニヤニヤして見ていた」人は少なくなかったんじゃないでしょうか?

いつ見ても深キョンは深キョン、という評価は、キムタクこと木村拓哉に似ています。

木村拓哉は演技力は抜群にあると思いますが、「キムタクがキムタクやってる」と揶揄されてしまうほどキャラクターが立ちすぎている。

それでもドラマも映画も主役をやるし、「木村拓哉を見たい!」という層はこれからも根強く彼を支えていくでしょう。

深キョン

深キョンも、「下手」「大根」と言われながらも、定期的にドラマでは主演を張るし、大河にも出演してる。最前線で活躍している女優であることは間違いありません。

下手だけどかわいい。

下手うまなイラストが一定の人気を博すのと同じ心理にも似た、なんだか「定期的に見たくなる」「久しぶりに見ると安心する」のが深キョンのすごさ。

要するに、いつの時代も「深キョン需要があり続けているということに他ならない。

演技下手なのに、女優として需要がある・・・?

 

下手うま女優が、なぜこんなに長く愛され続けているのか。

さらに掘り下げて考えてみましょう。

sponsored link

深キョンのすごさはライバル不在の市場を独占しているということ

深キョン

深キョンは、他の女優と立っているステージが実は違います。

ライバルがいないんです。

“下手だけど、深キョンはかわいいから許す”という独自のマーケットを開拓することで、この矛盾が解決されている。

普通は、許されないんですよ、ただの大根役者は。

演技が下手という評価を受けた女優はたくさんいました。
消えていった人も数知れないほどいるでしょう。

でも、下手と言われつつも現役で主役をやって、さらに視聴率を狙える女優は、深キョン以外に存在しない、と言っても過言ではないのではないでしょうか?

普通だったら降ろされます。そしてチャンスは2度と回ってこない。
深キョンに何度もチャンスが回ってくるのは、実力があるからに他なりません。

 

そして深キョンは1998年の「神様もう少しだけ」でヒロインを演じて以来、20年以上(!)も女優として君臨している。

ざっくり計算しても出演ドラマは74作品、映画は27作品、そのうち主演・ヒロインは48作あると思われます。

キャリア20年で現役で主役で舞台に立てる女優というと、かなり限定されてきます。

それこそ、今回共演の安達祐実もそうです。ただ、主演の回数の差は圧倒的。

深キョンはこれまで結婚も出産もされておらず、ずっと現役。
同じ条件のライバルはなおさら少ないと言えます。

深キョン

いや、普通に考えて凄すぎませんか。深キョン。
(なんか書いててどんどん深キョン好きになっていく)

人間が0歳から成人するまで、深キョンは女優として最前線で活躍しながら、しかもずば抜けて高いルックスを保ち続けているなんて、並大抵の努力じゃできないです。

演技は確かに下手かもしれない。

でも、

「下手だけどかわいい。そこが深キョンらしくて好き」

というブレない姿勢に魅力を感じてやまない、幅広いファンを獲得していることが、深キョンの凄さの秘訣なのかもしれません。

sponsored link

「いっつも深キョン」だけど嫌味がない

深キョンが愛される理由についてさらに考えてみると、見えてくるキーワードがあります。

それは、“嫌味がないキャラクター”という点。

今回のドラマで深キョンは、「3人のタイプの違うイケメンにモテまくる塾講師」の役を演じています。

というか深キョンの役どころは大体イケメンにモテまくる役柄が多いのですが・・・

普通だったら「いやそんなに可愛いんだからそりゃモテるでしょふざけんな」

みたいな批判が多数あって然るべきなんですが、深キョンの「下手かわいい」演技力がそのジェラシーを打ち消しているのではなかろうかと思うわけです。

当然「そんなにかわいいのにモテない設定はおかしい」って毎回言われてはいるんですけどね。後を引かないというか、許されてしまうのが深キョン。

だから、どんなに疲れてても、テレビをつけて、深キョンがラブコメドラマを繰り広げていたとしても、感情を逆なでされることなく、「よしよし、いつもの深キョンで安心した」と視聴者は安心感を抱くことができる。

これには、熱愛報道でたまに噂になりつつも、バラエティなどでも徹底的にプライバシーを公にしない事務所の戦略もあってこそなのかもしれません。

露出を制限することで、深キョンのイメージは視聴者にずっと「いつもの深キョン」として固定されていることが、「サッポロ一番て昔から変わらなくておいしいよね」的な安定感を生み出しているとも言えるのではないでしょうか。

アラサー世代にリスペクトされる深キョン

深キョン

深キョンの外見については定期的に「変わった?「整形した?」などと話題になることもあります。

人間なのだから、歳は取るし、外見が変わるのだって当たり前。

代謝、骨格、角質の変化などなど、20代と30代では全く違ってしまうこと。
20代の人は30代になってみなければわからないでしょうが・・・

同じアラサー世代として、深キョンの可愛さは“奇跡”としか言いようがありません。

芸能界、女優と呼ばれる方々は非凡な努力と費用によって“変わらない”という称賛を勝ち取っている人がいますが、それほど多くはないですよね。

30代だと竹内結子、安達祐実、そして深キョンあたりが思い浮かびます。
40代だと永作博美、石田ゆり子、安室奈美恵あたりでしょうか。
50代以降はもはや魔境ですが、原田知世や真矢みきなどなど・・・
(何をどうしたらああも美しくいられるのか想像もできない・・・)

重力や時間は、容赦なく人間の老化を進めていきますが、上で挙げた女優たちはそれに逆らい、抗うことで「変わらない、すごい」という同世代からのリスペクトを集め続けています。

だから、ちょっと二の腕が太くなったくらいでも騒がれてしまうのですが、裏を返せばそれだけ細かくチェックされているということ。

アラサー世代からすると、深キョンの変わらなさは一般人からすると「異常」でもあるわけですが、

肌が異常なまでに綺麗だと高い評価。
これは同世代の女性の意見が最も参考になりそうです。

おそらく実際に見たらものすごくスレンダーな可能性もありますが、元グラビアをやっていたこともあって「ややぽっちゃり寄り」(いや実際あんなのぽっちゃりじゃないよと女性からお叱りをいただきそうですが)のスタイル。

痩せすぎ、どうした?病気?とかそういう心配がないですし、ある程度ふくよかな方が、男性、女性どちらの目線からでも親近感が湧くのでしょう。

sponsored link

深キョンの演技力が下手かわいいことについてまとめ

深キョン

なんだか深キョンについて書いているうちに深キョンの凄さがわかってなんかものすごく好きになってきたので、この辺でまとめにします!笑

深キョンの演技は大根ではなく「下手かわいい」という唯一のジャンルであり、それが見ている側にとって「いつまでも変わらない深田恭子」を肯定的なイメージで見ることができるということ。

そしてその肯定的なイメージは、見ている側にとって安心感・安定感をもたらし、余計な感情を抱かずにドラマに没頭できるという点が、深キョンという女優の唯一無二といっていいほどの価値を生み出しているんじゃないかと思います。

年々老化していく肉体を保ち続けているにはおそらく想像を絶する労力がかかっているはず。「現状維持」ではなく「進化」でなければそれは実現できません。

『はじこい』第2話での深キョンの演技について、生徒へ向けた“しくじり先生”としての人生のスピーチは、少なからず視聴者の心を打ったのではないでしょうか?
演技だって、深キョンらしさを残しつつ、確実に進化していると私は思います

王道ラブストーリーな本作ですが、火曜の22時は「何も考えずに深キョンに夢中になれる時間」を楽しんでみるのも良いかもしれません。

error: Content is protected !!