カメラ知識・テクニック

絞り?露出?カメラ初心者が知りたい6つの専門用語

こんにちは、kazです。

ついに念願のカメラを手にしたあなたに、「はじめに知っておきたい6つのカメラ用語」
お伝えします。
始めたばっかりの頃にぶつかる壁に、以下のようなことがあると思います。

  • 電源が入ってるのになぜかシャッターが切れない
  • 写真撮っても明るかったり暗かったりで安定しない
  • 撮れた写真がブレブレボケボケ

僕もカメラを買ったばかりのころ、上記のありがちな壁にぶつかりました。
カメラの世界は専門用語が多数ありますが、まずは基本の6つを覚えて、カメラの液晶画面に書かれている言葉の意味を知った上で撮影に臨むと良いです。

1.露出=写真の明るさを決める

カメラのinfo画面

まずはじめに、僕が一番謎だった「露出」から解説していきましょう。

「何が露出するの??」

ってはじめ真剣に思ってました。最近だとスマホのカメラアプリでも良く見かけますよね。
これ、撮る写真の明るさを決める要素なんです。
カメラの中にはイメージセンサー(撮像素子)というものがあって、それに「どれだけ光を当てるか=露出させるか」で写真の明るさが決まります。

デジタル一眼やミラーレスには「AE」という機能がありますが、これはAutomatic Exposure(自動露出)の略で、いつでも自動で適正の明るさにカメラが自動で調整してくれるんです。

慣れてきたら、暗い場所では露出補正をプラスしたり、明るい場所はマイナスにして好みの明るさに調節しましょう。あなたのお好みの明るさに変わるかもしれません!
これは、後述する「絞り」「シャッタースピード」とも関わってくるので、覚えておくと良いですよ。

2.絞り(F値)=羽根を絞ってカメラに取り込む光の量を決める

「何を絞るの??」って僕は思ってました。
何を絞っているのか・・・それは、レンズの羽根です!以下の写真をご覧ください。

「絞りを閉じる=暗くなる、画面全体がくっきり写る」

レンズの絞り羽根(閉じ)

「絞りを開ける=明るくなる、画面全体がボケやすくなる」

レンズの絞り羽根(開)

実際こうしてみると、わかりやすいかなと!(粗い写真でごめんなさい)

絞りはF値とも呼ばれ、「焦点の」を意味するfocalを省略したものです。F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16・・・と表記され、数字が小さいほど多くの光を取り込めます。

レンズの説明で必ず「F2」とか「F5.6」とか書いてあるのを見たことがありませんか?
あれは、「レンズがどれだけ光を取り込めるか=暗いところでの撮影に強いか=背景をボカしやすいか」を表しているんです。

一般的には、ズームが出来ないレンズ(単焦点)は「明るいレンズ~F値の低いレンズ」が多く、ズームレンズは「暗いレンズ~F値が高いレンズ」が多いです。
もちろん「明るめでズームができるレンズ」もありますが、上記に比べて価格は比較的高くなっています。

「絞りを開くと明るくなるしボケやすい、絞りを閉じると暗くなるしくっきり写る」と覚えましょう!

3.シャッタースピード(SS)=シャッターが開いている時間を決める

続いてはシャッタースピードです!

露出、絞りと並び、「写真の明るさ」を決める重要な要素であり、「一瞬を切り取るか、じっくり切り取るか」を決める要素でもあります。
カメラの中にはシャッターがあり、それが「開いている時間の長さ」をシャッタースピードといいます。

シャッターは普段閉じていますが、

イメージセンサー(閉)

開くとこんな感じにイメージセンサー(撮像素子)が現れます。

イメージセンサー(閉)

これを「どれくらい開けておくか=シャッタースピードの長さ」となります。

シャッタースピードはどんな風に調整したら良い?

・・・1/1、1/60、1/100、1/125、1/160、1/200・・・と細かく設定でき、

・数字が小さいほどシャッターが開いている時間は長い(シャッタースピードが遅い)=たくさん光を取り込めるがブレやすい

・数字が大きいほどシャッターが開いている時間は短い(シャッタースピードが早い)=あまり光を取り込めないがブレにくい

と覚えておくと良いでしょう。

夜間撮影や、スローシャッター、高速シャッターなど、知っておくと表現の幅が広がるテクニックも様々あるので、それはいずれご紹介しますね。

4.ホワイトバランス(WB)=写真の印象を決める

ホワイトバランスとは、「仕上がる写真の色味」を決める要素です。
極端に言うと、“白いものを白く写すために補正する”こと。以下の写真をご覧ください。

いちご柄の服を着て眠る赤ちゃん

この写真は、ホワイトバランスを「オート」にして撮ったものです。カメラが周囲の明るさを判断して、「撮影者が見えている色」を再現しようと見たままの色に近い色味ですね。

同じ状況で、ホワイトバランスを「電球」にしてみると、

いちご柄の服を着て眠る赤ちゃん(ホワイトバランス調整)

こんな風に変わるんです。日中に撮った写真ですが、まるで朝方に撮ったかのような印象になりますね。
ひとえに光といっても、晴れ、曇り空、日陰、蛍光灯、電球など、それぞれの光が持つ色は異なるので、WB(オート)であればそれをカメラが検知して調整してくれます。

基本はオートで十分ですが、その写真にどんな印象を持たせたいか、ガラっと印象を変えたいときは、色々いじってみるのもオススメです!

5.ISO感度=カメラが光を捉える感度を決める

ISO設定画面

ISOって、「工場とかでたまに見かけるアレ」くらいの知識しかなかった僕です。
僕は略語の意味が理解できないとイマイチ頭に入ってこない性質なので、「ISOって結局なんなんだ・・・」って調べてみました。
「国際標準化機構(nternational Organization for Standardization)」の略なんですね(どうでもいい)。

まあ、その団体が「そのフィルムがどれくらい弱い光まで記録できるのか」を決めた規格のことを指していたわけですが、デジタルが主流の現在では単純に「カメラが光を捉える感度」と覚えておけば大丈夫です。アイエスオーとか、イソって呼ばれます(イソって言う人はあまり見たことがありませんが・・・)。

つまり、光を捉える感度を上げる=1の光を10にすれば、カメラに多くの光を取り込むことができ、表現の幅が増えるのです!すごいぞISO!

ISO感度とはどのようなときに調節するの?

おおざっぱに言うと、以下のシーンのときにISO感度を上げます。

・光の少ないところでも、フラッシュを点けたくないとき(動物園や発表会では禁止されていますよね)取り入れる光が増えるので、シャッタースピードを下げてもフラッシュ無しで自然な写真が撮れる!

・動き回る被写体の動きを切り取るために、シャッタースピードを1/500とか1/800くらいに上げたときシャッタースピードを上げる=光を取り込む量が減る、でもISO感度を上げれば明るくなるよ!

飛んでいるカラスf/6.3 ss1/1000 ISO640

この日は曇りでしたが、ISO感度を上げることで、暗いレンズでも高速で飛ぶ鳥を捉えることができました。

ただ、ISO感度を上げると、ノイズが出やすくなってしまうので、上げすぎに注意です。最近のカメラは25600までとかすごい事になっていますが、僕は最大でも2000くらいを上限に使っています。ノイズが気になるかどうかは個人差があると思うので、試してみて「う~~~ん」となった感度を上限としてみても良いでしょう。

6.フォーカス=焦点をどこに合わせるか決める

雨に濡れた葉

これはあまり悩まないかもしれませんね。通常、シャッターボタンを半押しするとカメラが自動でピントを合わせ、全押しするとシャッターを切ります。
オートフォーカス=カメラが自動で被写体に焦点を合わせてくれる
マニュアルフォーカス=自分で被写体に焦点を合わせる

それだけ覚えておけば十分ですが、こんな言葉もあります。
パンフォーカス=近景から遠景までくっきりピントが合った写真のこと。
ちなみに、みんな大好きなボケですが、これは日本発祥のテクニックなので、海外でも「bokeh」と表記されてます。なんかすごい。

フォーカスモードには以下の種類があります(Nikonの場合)
・シングルAFサーボ(AF-S)=シャッターボタン半押しで1回ピントが合うと、半押ししている間はピントが固定される。(動かないものを撮るとき用)
・コンティニュアスAFサーボ(AF-C)=シャッターボタンを半押ししている間、ピント合わせを続ける。(動くものを撮るとき用)
・AFサーボモード自動切り換え(AF-A)=AF-S と AF-C ふたつのモード自動的に切り換える。(どっちも撮りたいとき用)

この辺りは、別の機会に詳しく解説しますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

難しい言葉もあるでしょうが、それは写真を撮る枚数、シャッターを切る回数が増えるごとに一つずつ理解できていくでしょう。
「どうしてよい写真が撮れたのか」
「どうしたらああいう写真が撮れるのか」

たくさんの写真に触れ、たまには自分の写真を振り返ったとき、これらの知識をどう活用すればより良い写真が撮れるようになるのか?
良い写真、上手な写真の裏側に隠された秘密を覗いてみたくなる日が来るでしょう。

何より大切なことは、「自分が素敵だと思った光景・瞬間」を追いかけて、楽しむことが一番の勉強になると僕は思います!

ご参考になれば幸いです!

error: Content is protected !!