写真共有・保管

カメラ初心者がモチベーションを上げるためのサイト5選

ライブ会場に上がるファンの手

 

こんにちは、kazです。

突然ですが、「写真を撮っていても最近モチベーションがあがらない・・・」なんて事ありませんか?

カメラは買ったけど、なかなか思ったとおりに撮れないし、上達している気がしない・・・
やっぱり写真は芸術的なセンスがないとダメなのかな・・・

わかります。わかりますよ!!

 

僕の場合、撮影に行くときって大体ふらっと一人で行くんですが、「写真を撮る」という行為は
被写体と自分が一対一で向かい合うもの。時として孤独を感じてしまいます。
そうやって持ち帰った写真を、家でじっくり見ながら思うのは、

「これはこの撮りかたで合っているのだろうか?」

ということです。
正解がわからない。

正しい基準がわからないから、成長している実感が湧かないって、あると思うんです。

そんなときは、上手な人の作品を見たり、レンズ沼にはまってみたり、同じ趣味の人たちと触れ合えばいいんですよ!

世の中にはいろいろな写真掲載サイトがありますが、ここでは僕が自分のテンションを上げるためによく利用している5つのサイトをご紹介します!

では、いってみましょう!

1.PHOTOHITOで写真仲間を見つけよう

フォトヒトロゴ

毎日たくさんの写真が投稿されるPHOTOHITO。累計投稿枚数は四百万枚を超えるとも言われていて、プロカメラマンから、それこそ昨日始めたばかりの初心者の人まで参加しています。

「せっかく写真を撮ったんだから、誰かに見てもらいたい!」

「自分と同じくらいのレベルの人はどんな写真を撮っているんだろう?」

「写真を通じてたくさんの人とコミュニケーションしたい!」

などなど、始めたばかりは方向もわからず道に迷いがちですが、僕は初めて自分が撮ったお気に入りの写真をここでアップしてコメントを頂いたときは、それはそれは嬉しかったものです。また、もっといろんなところに撮りにいこう!というモチベーションを上げる原動力にもなりました。

あの価格ドットコムの会社が運営しているということもあり、「撮られた写真のカメラ、レンズ情報が価格ドットコムですぐにチェックできる」というメリットもあるので、気になったレンズを探す際は、ぜひ活用してみると良いですよ!

また、30MBまでの写真を15000枚も保管できるオンラインストレージや、お気に入りの写真をフレーム入りで販売していたりと、他にもいろんなサービスがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

写真共有サイト PHOTOHITO

2. GANREFでお気に入りの撮影スポットを探そう

ガンレフロゴ

2つ目は、デジタルカメラマガジンを発行しているインプレスが運営するGANREF(ガンレフ)です。

僕はここで主に「自分の住んでいるところの周りの撮影スポット」検索でお世話になりました。

身近なテーマを撮るのももちろん楽しいんですが、やはり有名な撮影スポット、絶景なども写真好きなら外せませんよね!

1のPHOTOHITOでも撮影場所は検索できるんですが、個人的にはGANREFの方が具体的な地名やスポットまで明記してくれるので探しやすいです。

「次の休み、この写真を撮りにいこう!」って考えるだけでもテンションあがりませんか?

プロカメラマンはもちろん、ハイアマチュアと呼ばれるベテランのカメラマンも多数投稿されており、定期的にコンテストなども開催されています。投稿されている写真も見ごたえのあるものばかりなので、ぜひ覗いて見てくださいね。

写真共有&投稿サイトはいろいろありますが、サイトによって結構雰囲気が違うので、自分の感覚にあったコミュニケーションが取れる場を見つけるのも楽しいですよ!

写真投稿&写真共有サイト GANREF

3.PHOTO YODOBASHIでレンズ沼にハマってみよう

ヨドバシアイコン

突然ですがあなたは、カメラに関する機材や道具それぞれに「沼」と呼ばれるものがあるのは聞いたことがありますか?

「カメラ沼」から始まり、「レンズ沼」「カメラバッグ沼」など、ひたすらに物欲に突き動かされて病まない症状を「沼にハマる」というのですが・・・

ヨドバシカメラが運営するこの「PHOTO YODOBASHI」では、最新機種から旧機種のカメラ・レンズについて、ハイセンスなレビューが掲載されています。

「新しいレンズがほしい。広角か、望遠どっちがいいだろう?」

と悩んだとき。まずはこのサイトを調べてみましょう。

安物キットレンズでもこんなに素晴らしい写真が撮れるの?というくらい、あらゆるカメラ、あらゆるレンズで素晴らしい作例にテンションがあがるはずです!

中でも特筆すべきは、「読んでいくうちについ買ってしまいそうになる」レビューの本文で、独特な語り口調のライターさんのセールストークで「沼にハマる感覚」を体験してみてください(笑)

[PY]PHOTO YODOBASHI

4. Flickrで世界の写真と触れ合おう

フリッカーロゴ

お次は写真共有サイトでは最も古い歴史があるといわれるFlickr(フリッカー)です。

身近なポートレートや日本国内の風景も良いですが、世界中のどこかで撮られた圧倒的スケールの一枚や、スタイリッシュなポートレート、もはやどうやって撮られたのかもわからない芸術的な作品がたくさんあります。

写真共有サービスでもあり、なんと「1TB」もの容量の写真をアップロードして保管することが出来るため、無料のオンラインストレージとして活用されている人も多いです。

その利便性もあり、2016年の統計では、「この写真を撮影したカメラ」の1位(48%)をAppleのiPhoneが占めるという結果が出たそうです。「撮って加工してシェア」のスピードが早いスマートフォンの普及を考えれば、必然の流れかもしれません。

それでも素敵だと思う写真がたくさん見受けられるのは、「写真は機材がすべて」ではなく、発想とアイデア次第こそが人の目を惹きつけるという一つの証左なのかもしれませんね。

なお、投稿には米yahoo!への登録が必要です。(yahoo!Japanじゃないので注意)

Flickr -Photo Sharing

5. studio9で「初めての◯◯に挑戦しよう!

スタジオ9ロゴ

最後はstudio9のご紹介です。

カメラやレンズのことを知りたい、いろいろな撮影テクニックを学びたい、と思ったらここです。

本を買うのももちろんアリですが、ここstudio9では「初心者向け」に用意された豊富なコンテンツに触れることが出来ます。たとえばあなたが、

「子どもをもっと上手に撮りたい!」

とか

「星空を綺麗に撮ってみたいけどやり方がわからない!」

と悩んだとき、このサイトを参考にしてみてください。僕も親戚の子どもがお盆に押し寄せてきたときは、このサイトにしょっちゅうお世話になりました(笑)

テクニックを教えてくれるサイトはたくさんありますが、あちこちで書いてることが違ったり、難しかったりして初心者は混乱しがちだと思います。(僕自身がそうです)

studio9さんでは、記事はすべてプロのカメラマンの方が「初心者にありがちな疑問や注意点」についてもこれでもかというくらい丁寧に書かれているので、安心して実践することができます。

また、参考となるコンテンツも非常に豊富なので、初心者が次のステップにいくための勉強はこのサイトで全て出来てしまうんじゃないかとも思ってしまいます。オススメです!

studio9 写真・カメラ情報サイト(すたじお・きゅう)

まとめ

カメラで写真を撮る女性

いかがでしたでしょうか?

身近な人にカメラの趣味が合う人がいなくても、写真は世界中の多くの人々に愛されています。

誰かが声をかけてくれるのを待っているのではなく、自分からどんどん世界に飛び込んでいって、共感し切磋琢磨できるような環境を作っていくことも大切だと思います。

特に、せっかくいい写真が撮れてテンションが上がったときは、SNSにアップして誰かに見てもらいましょう!

それで、いいねって言われたり、特別なコメントを貰えると、さらにモチベーションがあがること間違い無しですよ!

 

ご参考になれば幸いです!

error: Content is protected !!