カメラ・レンズ選び

初めてのカメラ選び|口コミに惑わされない、自分のニーズと向き合う方法

カメラを構えて並んだ4人の女声

こんにちは、kazです。

一眼レフカメラを買おう、といろいろ調べていくとその選択肢の多さに頭を悩ませる人も少なくないと思いますが、

「結局どのカメラを選んだらいいのかわからないよ~」という迷路に迷い込むことも珍しくないでしょう。

ネット上のクチコミやオススメは溢れかえっていて、かえってあなたを混乱させてしまっているかもしれません。

あなたの目的に合ったカメラを選ぶ、そのための情報を集めることが大切です。

どれが一番きれいに撮れるのか・・・どうしてもプロが撮るような圧倒的高画質の写真をイメージしてしまいますが、同じ価格帯のカメラであれば、メーカーが違っても操作性の差異こそあれ、画質の差はほとんど感じられないものです。

一眼レフカメラ・ミラーレス一眼において、表現の最も大きな違いを生むのは「イメージセンサー」と「レンズ」であり、

「このメーカーだからこういう表現になる」という点について、僕はそれほど重要ではないと思っています。

 

当然のことながら、ネット上の口コミは、あなたが「あっちのカメラを買えばよかった・・・」と後悔しても責任は取ってくれません。信じる信じないは自分次第。

じゃあ、同じ自分次第なら、「どんなカメラがいいんだろう?」という自分の中のニーズを掘り下げて、そのニーズを一番叶えてくれそうなカメラを選んでいけば良いのです。

クチコミに翻弄されず、自分なりの基準でカメラを選ぶ方法をご説明します。

ネット上の口コミに惑わされないためには

耳打ちする女性二人

例えばネット上でよく見かける代表例として、

「CANONは肌が美しくなる」

「Nikonは風景に強い」

「PENTAXは緑色がキレイ」

と言われているのをよく見かけます。

それは決して間違いではありませんが、あくまでも一般的にそういう傾向があるというだけで、そのような特性はカメラの設定やレタッチ、フィルターによっていくらでも調整できます。

写真の出来はメーカーとは関係ない

事実、「CANONで風景を撮るプロカメラマン」や「Nikonで人物ポートレートを撮るプロカメラマン」は大勢いますし、一瞬のミスも許されない報道カメラマンやスポーツカメラマンでもない限り、このメーカーのこのカメラでなければ撮れない写真というものはそもそも無いということを覚えておいてください。

よって、カメラメーカーからカメラを選ぶのは、あなたの選択肢を狭めてしまうだけなので、おすすめできません。

必要なのは自分の求める機能についての情報であり、個人の使用感やコメントは二の次に考えておきましょう。

自分のニーズに向き合ってみる

壁一面に張り出されたポストイット

あなたがカメラに求める抽象的な要素を、簡単でいいので、スマホのメモ帳にでも書き出してみてください。例えばこんなふうに。

・重すぎない

・花を撮ってみたい

・風景を撮りたい

・人も撮りたい

・マクロレンズに興味がある

・古いレンズも使ってみたい

・予算7万円以内

・将来的にはフルサイズにも興味がある

・自撮りできる液晶がいい

これは、僕が初めてカメラを購入した時の基準です。何でもいいから撮りたい!という感じですね。

出てきたニーズを具体的に掘り下げる

このニーズから求められるカメラというと、

・軽量、コンパクト

・レンズのラインナップが豊富なメーカー

・フルサイズ機種のあるメーカー

・予算的にエントリークラス

このようになります。

上記を前提としたメーカーのエントリークラスの機種から選べば間違いなさそうです。この条件で価格ドットコムで検索してみたところ、

・Nikon D5500 18-55 VR II レンズキット

・CANON EOS Kiss X8i ダブルズームキット

・PENTAX K-S2 18-50REキット

僕がカメラを探していた2016年のラインナップはこうなっていました。おそらくこの3つの機種、どれを選んでも後悔しないはず。

さらに絞り込んでいく

ただ、正直ここから1つに絞り込むのに苦労したのですが、

・レンズのラインナップが豊富であること

・フルサイズ機種のあるメーカー

ここでカメラ、レンズのラインナップの種類が少ないペンタックスは候補から外れました。残るは結局2大メーカーのCANONとNikonとなりましたが、正直なところどっちでもいいかな、と思っていました。

ただ、

・古いレンズも使ってみたい

このニーズを考えたとき、

「Nikonはアダプター無しでオールドレンズが使える」

ということを知り(あとから考えるとここは重要な選択でした)、最終的に「Nikon D5500 18-55 VR II レンズキット」を購入するに至りました。確か6万円弱で購入できたと思います。

その他アクセサリー類を含めて合計7万円くらいでした。

本当に欲しいものを買った、という満足感

余談ですが、カメラを購入してから、実家で古いNikonのフィルム機とレンズを発見しました。父がNikonを使っていたことを初めて知ったのですが、45年前に父が購入したレンズは、そのまま僕のD5500で使用することができたことに感動を覚えました。

NikonのFマウントは昔から設計が変わっていないため、そういった楽しみ方もできるんですね。他のメーカーの場合、別売りのマウントが必要になるので、+αの出費が必要です。

 

ちなみ僕が現在メインで使っているレンズは

・Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (人物撮り用)

・Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR (野鳥用)

・シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM (お散歩用)

・Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S (オールドレンズ、花撮り用)

・Nikon Ai Nikkor 24mm f/2.8S (オールドレンズ、風景用)

というように(見事に安物が揃っていますが)、何でもかんでも撮りたい、というニーズに答えてくれるカメラに非常に満足できています。

特に・Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sはオールドレンズながら色合いと写りが非常に好きで、最も使用頻度が高いレンズです。

まとめ 「ネットのクチコミ<自分のニーズ」

愛犬とカメラマン

ネット上ではレンズ、カメラ一つ一つに膨大な量のレビューやクチコミが寄せられており、良いイメージも、否定的なイメージも様々です。

使ってもいないカメラの性能をレビュー・クチコミだけで推し量って理解することは至難の業ですので、あまり深く考えないほうが良いと僕は思います。

その意見が的を得ているのか、偏っているのか、良し悪しを判断する基準のない未経験者にとって、多すぎる情報量はかえって混乱を招くだけです。

大事なことは、「どういうカメラが欲しいのか」ということ、ただそれだけです。

まずは抽象的なイメージを並べてみて、その本来のニーズを深掘りして欲しい機能を決めてから機種を選ぶこと。

そうすると、きっと満足のいく買い物ができますよ。

ご参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!