芸人

宮迫博之の引退・番組打ち切りはいつ?ノーギャラを貫く理由はなぜ?

2019年6月に発覚した、カラテカ入江さんがあっせんしたと言われる、反社会勢力への闇営業問題。

カラテカ入江さんは即日スピード解雇されたものの、一緒に参加していた宮迫博之さん、ロンブーの亮さんらは「厳重注意」のみで、謹慎や出演自粛なども一切なし。その不釣り合いな対応に違和感を感じる人が少なくないようです。

宮迫博之さんの引退や番組打ち切りも囁かれる穏やかではない状況ですが、もしかしたら「7月」にそれが行われるとの情報もありますが・・・。

宮迫博之さんが「ノーギャラ闇営業」を貫く理由とはいったいなぜなんでしょうか?

宮迫博之がノーギャラ闇営業で炎上中


壇上で女性をハグする宮迫さん。歌を歌って、記念撮影して、素人をハグするサービスもついて「ノーギャラでした」はいくらなんでも苦しすぎる言い訳です。

闇営業はこれまでグレーゾーンとして業界を始め吉本にスルーされてきましたが、今回の騒動ではかつてない炎上を起こしており、特にネット・SNS上では宮迫博之さんへのバッシングが異常なまでに過熱しています。

ガリットチュウの福島さんが、四国での営業がキャンセルになったという影響があったようですが、それ以外に参加していた芸人はすでに鎮火状態にあるように思えます。

しかし宮迫博之さんに限っては、さらに炎上が加速。なぜでしょうか?

宮迫博之の炎上が鎮火しないのはなぜ?


宮迫博之さんがツイッターで発表した謝罪コメントが、「LINEのスクショ貼り付け」だったことが露呈してしまいました。

これに対し本人は「ツイッターで長文を乗せる方法が分からず、勧められた方法で載せたら、コピペってやつに思われてしまった。アナログ人間ですいません。」と釈明しています。

しかし、「マネージャーか誰かに作らせた文面をスクショして貼り付けた手抜きだ」「雑過ぎる」「謝罪する気なし」と炎上。仮に宮迫博之さんの釈明が真実だったとしても、この状況で信用するのは困難かもしれません。

「アメトークに招待します」動画で追加燃料投下

今回のフライデーに情報を提供したとみられる人物の追加情報は、反社会勢力の忘年会に参加していた詐欺の主犯と思われる二人「アメトークに招待します!」という公私混同ともとれる発言を発していたためです。

確かに雨上がり決死隊の冠番組であり、“自分の番組”という意識があったからこその発言だったと思いますが、これは世に出てはマズい動画ですよね。

宮迫博之はテレビ・ラジオの出演が最も多い

宮迫博之さんはベテランの中堅芸人の中でも知名度が高く、「アメトーク!」や「炎の体育会TV」「行列のできる法律相談所」など、テレビやラジオの出演機会が多く、ほとぼりが冷める期間を置くことが出来ません。

テレビを見る人にとっては、常に「疑惑」の目を持って宮迫さんを視界に収めねばならず、ついてしまった悪いイメージが消える間もなくあの発言や動画が想起されてしまう。

早い段階で出演規制や発言自粛の措置を行い、なるべく目に触れる機会を減らし、世間のほとぼりが冷めるのを待つべきだったと思います。

カラテカ入江を切れば収束するだろう、と考えた吉本興業の目論見は、見通しが甘かったと言われても仕方が無いでしょう。

宮迫博之の引退・番組打ち切りはいつ?

「宮迫 打ち切り」の画像検索結果

連日の燃料投下によりバッシングが収まらない宮迫さんの今後の進退について、「引退」「自粛」というキーワードが次々と浮かび上がっています。

テレビに出演するタレントが最も気を遣うのは、テレビ局や視聴者ではなく、「スポンサー」です。芸能人に高額のギャラを払っている企業は、イメージ低下に直結するスキャンダルや不祥事には特に警戒しています。

通常、テレビの番組改編期は4月と10月が一般的ですが、3か月スパンの繋ぎもあります。

ドラマやバラエティー番組の刷新はその頃を目安に行われています。宮迫博之さんは過去に不倫騒動の際にも「がん保険のアフラック」のCMを打ち切りになっており、今回も同様の措置を受けるのかも。

現時点では、4月、7月、10月が宮迫博之さんの番組が打ち切りになる可能性が高いでしょう。

そもそも最近はCM出演は減っていて、2018年に「日産LEAF」「ライオン ルックバスタブクレンジング」のみでしたが、今後はそれもなくなるでしょう。

テレビ局にも苦情の問い合わせが入っているだろうことは容易に想像できますし、企業イメージを低下に繋がるタレントの起用は避けたいと考えるはずです。

闇営業でノーギャラを貫いている理由

宮迫博之さんが頑なに否定する「ギャラの受け渡しはなかった」とする発言は、番組関係者から果てはダウンタウンの松本人志さんからも「それはないんじゃないか」と否定的な意見が多数あります。

現金での手渡しだっただけに、出演した芸人たちが口をそろえて「ギャラはなかった」と釈明するのには、いくつか理由があります。

ノーギャラ理由①ギャラを認めると脱税になるから

闇営業とは「事務所を通さない営業」であるだけに、金銭の授受は芸人本人と顧客との間でのみ行われます。それはつまり、所得税などを差し引いていないということを意味します。

闇営業がいくらグレーだったとしても、ふたを開けてみれば税金を払っていなかったとなると話は変わってきますし、脱税の疑いも出てくるでしょう。
そうすると、母体である吉本興業の体質や経営についての疑惑にも引火するはずです。

反社会勢力が詐欺で稼いだお金だから

引用:google

今回のパーティの主宰側は、「美容エステ関係の会社だと聞いていた」というのがカラテカ入江さんの弁ですが、実際のところは2015年に逮捕起訴された詐欺グループそのもの。

その資金源は当然のごとく「詐欺」で人をだまして稼いだお金だったわけで、成り行きとはいえそれを受け取ってテレビで楽しそうに笑っている姿を被害者が目にしたらどう思うでしょうか。

だから宮迫博之さんは、口が裂けても「ギャラを受け取った」と発言できませんし、「決定的証拠は無いはず」として立場を貫いています。

正直宮迫博之さんが芸能界引退を囁かれ、ここまで世間の執拗に追撃を受ける理由には、数々の燃料投下と、もう後戻りできない「ノーギャラ」発言があるからにほかなりません。

真実にしろ、そうでないにしろ、これ以上新情報が出てこないことを願います。

error: Content is protected !!