女優・俳優

米倉涼子と元旦那の離婚理由はモラハラ!太田靖宏の顔画像と会社について

「国民的女優・視聴率の女王」とまで評価される女優の米倉涼子さん。

2014年12月に元リクルート出身の会社経営者の男性と結婚されましたが、わずか3ヶ月で別居、その後離婚に至っています。

離婚理由は元旦那の「モラルハラスメント」とされていますが、真相はどうなのでしょうか?

気になる元旦那・太田靖宏氏の顔画像や会社についてまとめました。

米倉涼子は2014年に元リクルート出身の男性と結婚

名前:米倉涼子(本名)
生年月日:1975年8月1日
出身:神奈川県横浜市
身長:168cm
血液型:B型
事務所:オスカープロモーション

2014年12月、「元リクルートの社員でホットペッパーの編集者」である太田靖宏さんと結婚を発表されています。

二人の交際は2012年8月の「手つなぎデート」をスクープされたことで発覚。

二人は2013年夏頃から、米倉涼子さんが当時住んでいた港区の高級マンションで同棲していたそうです。

その理由は、元旦那の太田靖宏氏が2012年に勤めていた会社を辞め「株式会社ライフノート」を設立しばかりで、金銭的に余裕がなかったためだと言われています。

12月には同じ男性とのお泊りデートが報じられ、その交際は順調かと世間には思われてきました。

2014年12月に入籍した二人は、月額家賃135万円ともいわれる渋谷区の超高級マンションの最上階へ引っ越ししたと言われています。「視聴率の女王」と称されるにふさわしいセレブな生活だったようですね。

やっぱり経済的にも性格的にも「アネゴ肌」な米倉涼子さんが男性をしっかりリードしていたのでしょうか?

米倉涼子の性格は「アネゴ」ではなかった?

米倉涼子さんといえば、勝ち気でクールな役柄が多いことや、高身長・ショートヘアでキリッとしたスタイルが演出する「サバサバしたアネゴキャラ」というイメージが強いですよね。

バラエティ番組でも周囲の空気を察してサービス旺盛に振る舞ったり、共演者への細かい気配りを欠かさない素振りからも、しっかり者だと思われていました。

しかし、実際のところは違うようです。

ドクターXを手がけたテレビ朝日のプロデューサー・内山聖子さんは、米倉涼子さんの性格をこう述べています。

「実はもの凄く小心者」「人見知り」「姉御肌というより、甘えっ子です」

引用:wikipedia

内田聖子さんは「ドクターX」の大門未知子のキャラクターを、“米倉涼子のイメージ”に合わせて作った、と言われていますが、こういったことが重なって、米倉涼子さんの「気の強い姉御肌」なキャラクターが形成されていったのでしょう。

実際、米倉涼子さんがドラマの主役のような性格だったなら、この一連の離婚騒動で起きたモラハラも起こり得なかったでしょうが・・・

sponsored link

米倉涼子の離婚理由は元旦那・太田靖宏のモラハラ

2014年12月30日に結婚を発表した米倉涼子さんでしたが、翌年2月には住んでいたマンションを飛び出し別居している、とのスクープを週刊文春が報じました。

順調な交際の末の結婚かと思っていただけに衝撃的でしたが、原因は元旦那・太田靖宏氏のモラルハラスメントにあったとされています。

暴力は振るわず、言葉や態度で嫌がらせをし、いじめること。精神的暴力。精神的虐待。モラハラ。

引用:コトバンク

一体どのようなハラスメント行為があったのか、文春が報じた内容をまとめました。

モラハラエピソード①「全否定」

彼は何でも否定から入るのだそうです。あるときは、彼がソファに胡座をかいて、彼女は床に正座させられて一晩中、5時間も説教をされるということもあったと聞きました。

出典:週刊文春2015年4月16日号

2歳年下で、経済的にも米倉涼子さんのほうが遥かに優位だった二人の関係ですが、精神的な主導権は太田靖宏氏が握っていたようです。

「お前は常識を知らない」「付き合ってるやつも普通じゃない」という人格の否定のみならず、

  • 着てる服も変だ
  • 髪型も変だ
  • 爪も変だ
  • バッグも靴も全部変だ

外見や存在価値についても全否定し支配しようとするこの行為は、“洗脳”そのものですね。

モラハラエピソード②「頭を叩く」「首絞め」

途中で酔った旦那さんが、何かの拍子に怒って、飾り付けのバルーンで彼女の頭を叩き出したんです。ふざけてじゃれ合っているだけだと思ったのですが、そのうち旦那さんが米倉さんの首を絞め出した。

出典:週刊文春2015年4月16日号

六本木のクラブ『ColoR.TOKYO NIGHT CAFE』のVIPスペースで、このやり取りは実際に起きたものと文春は報じています。

結婚してわずか5日目の大晦日のカウントダウンパーティでの理不尽な扱い。米倉涼子さんが自宅を飛び出し別居を選んだきっかけがこの件だったとも言われています。

「私が良い奥さんになれば関係は良くなるかも」

という健気な淡い期待を持って、努めて良い妻を演じようとした米倉涼子さんですが、そんな気持ちを踏みにじる元旦那の仕打ちはあまりに酷いものだったようです。

モラハラエピソード③「接待要員としての女優」

太田靖宏氏は仕事の取引先との会合や食事会に度々米倉涼子さんを同伴させ、その知名度を利用して取引の成約を得たこともあったそうです。

初めの頃は苦笑いしながらもついていった米倉さんですが、その回数を重ねるたびに耐えられなくなったというのもやむを得ませんよね。

また、太田靖宏氏はキャバクラ通いが大好きで、

  • 「キャバ嬢に『俺は米倉のダンナ』と自慢しまくっていた」
  • 「米倉の旦那という肩書を名刺代わりに、人脈作りに励んでいた」

という元同僚のコメントも報じられており、会社の成長のために米倉涼子さんを利用したと疑われても仕方がないような人物像が浮かび上がってきます。

sponsored link

米倉涼子が離婚した元旦那の顔画像や会社ついて

ここまでの経緯を振り返ってみると、「モラルハラスメント」というよりかは「精神的DV(ドメスティックバイオレンス)」と呼んでも差し支えない内容にも思えます。

仮に報道が事実であれば、相手の男性の下心や本質を見抜けなかった米倉涼子さんの「失敗」といえばそれまで。

ですが、仮にも大女優と称賛される彼女をそこまで利用し尽くした太田靖宏氏という人は、一体どのような男性だったのでしょうか?

ネット上で公になっている情報を元に紹介します。

米倉涼子の元旦那・太田靖宏の顔画像がコレ

この画像は2012年頃のものと言われています。

米倉涼子さんは「オラオラ系」の男性がタイプだとも言われていたそうですが、確かにわかりやすくオラオラな雰囲気が漂っていますね。

米倉涼子さんは結婚3ヶ月後に自宅を捨て、その自宅は空き家になっていたはずですが、太田靖宏氏はその後も家賃135万円の渋谷の高層マンションに住み続けたそうです。

出ていった妻を待つためだったのか、はたまた上流階級の生活を楽しむためだったのか・・果たして。

米倉涼子の元旦那・太田靖宏の会社はどこ?現在は?

太田靖宏氏が2012年に立ち上げた会社「株式会社ライフノート」創業時5名程度の会社だったそうですが、

離婚騒動を経て現在は社名を「株式会社スタジアム」に変更、現在社員は166名まで膨れ上がって海外展開まで手を広げているようです。

その成功の陰に、週刊誌が報じたような「大女優の彼女・嫁を利用し尽くした」のかどうかは本人たちしか知る由もありません。

また、所属事務所の関係上、大女優という米倉涼子さんの今後を考えても、こういったケースは「芸能人」寄りの報道がなされるケースも少なくないことは考慮すべきでしょう。

が、全てが作り話だった、ということだけはありえないと思います。

現在二人は離婚協議が成立している事実からわかること

米倉涼子さんと太田靖宏さんは、2016年12月30日に離婚協議が成立し、ちょうど2年の結婚生活の幕を下ろしています。

離婚協議は一時泥沼化し、離婚したい米倉涼子さんとそれを拒否する元旦那、という図式になったのは、「離婚を認めてしまうと自分がDVモラハラを行ったと認めたことになる」ことを懸念したためだとも言われています。

別居生活が長期化したことによる夫婦生活の形骸化は、婚姻解消の理由になるでしょうし、全てが明るみになる裁判になってしまえばむしろ不利と感じたのか、「最終的な離婚条件を口外しないこと」を約束して離婚協議が成立に至りました。

最近はTBSアナウンサーの安住紳一郎さんとの恋仲がたびたび話題になる米倉涼子さんですが、「私結婚しないので」と公言しているとも言われており、いつかきっと幸せになってくれると良いですね。

error: Content is protected !!