未分類

ジャニー喜多川のお別れ会はいつ?9月頃とされる理由や遺言について

ジャニーズ事務所の創設者であり、ジャニーズアイドルの生みの親であるジャニー喜多川さんの訃報です。

6月18日に自宅で倒れ病院に救急搬送されたジャニー喜多川さんは、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、7月9日4時47分、87歳の年齢で亡くなられました。

ジャニー喜多川さんが一代で築き上げた「ジャニーズ」は、本当に多くのファンに愛され続けてきただけに、お別れ会に参加したい、と言う人も多いと思いますが、行われるのは9月頃ではないかと思われます。

また、病院でジャニー喜多川さんが遺したと言われる遺言や、ジャニーズ事務所が発表したコメントについてもまとめました。

ジャニー喜多川さんの生い立ちや経歴については、コチラの記事で詳細をまとめています。

アイドル界の巨星・ジャニー喜多川逝去

推定50代のジャニー喜多川氏


既に通夜は執り行われたようですが、告別式も「タレントたちとJr.のみ」で執り行う家族葬となるそうです。

生前から人前に出るのを嫌がったジャニー喜多川さんらしく、身内に囲まれてひっそりと行う方がジャニーさんらしいと思います。

ただし、別途お別れ会を行うことも告知されているため、献花をする機会はあるみたいです。

ジャニーズ事務所のコメント発表全文

ジャニーズ事務所による公式のコメント発表全文がコチラです。

かなりの長文です。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社代表取締役社長ジャニー喜多川につきましてご報告がございます。

2019年7月9日午後4時47分、都内病院におきまして、ジャニー喜多川は、永眠いたしました。

享年87歳、死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血でございます。

ジャニーは、自身が育てたタレント達を応援してくださるファンの皆様やご支援くださる関係者の皆様に支えていただくことにより、自身の創作活動が成立し、日々、タレントの育成に励むことができていることに、日頃より大変感謝いたしておりました。ジャニーに代わりまして、心より御礼申し上げます。

2019年6月18日午前11時30分頃、自宅におきまして体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送されました。搬送後、集中治療室におきまして懸命な救急措置を行っていただいたことにより、一般病棟に移ることができましたため、病院のご協力もあり、ジャニーは、自身にとって子供のような存在でもございますタレントやJr.(ジュニア)との面会を果たすことができました。ジャニーがタレント達と過ごした病院での日々は、かけがえのない時間となりました。新旧、様々な楽曲の流れる病室におきまして、年長のタレントからJr.までが同じ空間でジャニーとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていきました。片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレント達は入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。ジャニーの好物を皆で賑やかに食べることが日課となり、その光景と匂いからまるで稽古場にいるかのような感覚を覚え、皆、懐かしい記憶がよみがえりました。ときに危険な状態に陥ることもございましたが、タレント達が呼びかけ、体を摩るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました。そして、最愛の子供達の愛に包まれながら、2019年7月9日午後4時47分、ジャニー喜多川は、人生の幕を下ろしました。

ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.達に、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました。

1962年ジャニーズ事務所の創業以来、ジャニーは一途にエンターテイメントの創出に励んでまいりました。ジャニーのエンターテイメントに欠かすことができないのはタレントです。これまで多くのタレント達を生み育ててまいりましたが、一貫しておりましたことは、タレントとしてだけでなく、一人の人間として成長することを強く願っておりました。現在では、多くの皆様に支えていただくことで創業当時では考えられない程多くのタレントが、様々な分野で活躍させていただいていることにいつも感謝しておりました。

ジャニーが私達に最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、エンターテイメントを通じて世界中の皆様に幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです。そして、世の中がいつまでもエンターテイメントを楽しむことができる平和で希望に満ちた未来であり続けることを心から願っておりました。これからタレントと社員がその意思を受け継ぎ、一人一人が役割を果たすことで世界中にジャニーの願いが届きますよう、タレントとスタッフ一丸となり、精進してまいりますので、何卒ご指導賜れますと幸甚に存じます。

改めまして、ファンの皆様、そして関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

そして、この入院期間中におきまして、ご尽力くださいました病院関係者の皆様はじめ、ご支援くださいましたすべての方々に心より御礼申し上げます。

通夜・告別式につきましては、ジャニーの子供でございますタレント達とJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきますので、何卒ご理解賜りたく存じます。

なお、これまでお世話になりました皆様にお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます。

大変恐縮ではございますが、個別のお問い合せ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2019年7月9日

株式会社ジャニーズ事務所

引用:日刊スポーツ

ジャニー喜多川さんが亡くなられるまで、ニュースでは多くのジャニーズタレントたちが病院へ駆けつけ、あるいは泊まり込んで付きっきりだったという姿を報じられていました。

ジャニー喜多川引用:google

一人ひとりを我が子のように育て上げた大勢の子どもたちに囲まれて、ジャニー喜多川さんはきっと彼らを誇りに思ったでしょう。

生涯現役を貫いた芸能界の重鎮の最期として、これほどまでに恵まれたお別れは早々あることではないかも知れません。

ジャニー喜多川の遺言について

昨年9月、ジャニー喜多川さんの後継者として滝沢秀明さんを後継者とすることを正式に発表した際に発表されたコメントは、まさしくジャニー喜多川さんが後世に自身の意志を残すための“遺言”だったのかもしれません。

以下、抜粋した書き起こしを掲載します。

「タレントの育成、ジャニーズらしい舞台演出、そして所属タレントのテレビ出演等を通じ、『エンターテイメントで世界中の皆様に幸せをお届けする』ことに努めて参りました。」

「彼らが私の創作活動を通じて何かを得て、今後の芸能の発展に貢献してくれれば、これほど嬉しいことはありません」

「私の頼もしい後継者達が今後も切磋琢磨して皆様が求めるエンターテイメントをお届けする為に頑張ってくれることに期待しています」

引用:ねとらぼ

生涯現役を貫いたジャニー喜多川氏は、昨年の時点で何かを悟っていたのでしょうか?

事務所の経営を守るメリー喜多川さんと藤島ジュリー景子さんには全幅の信頼を寄せていたと思いますが、新タレント発掘や公演のプロデュースこそが、ジャニー喜多川として作り上げた集大成であり、自分亡き後の懸念材料だったことが伺えます。

sponsored link

ジャニー喜多川のお別れ会はいつ?9月頃の理由とは

ジャニー喜多川 ギネス受賞記事

お別れ会の日程については現時点でまだ発表されておらず、ファンや関係者に向けてのお別れ会は後日知らせがあるとのことです。

だいたいいつ頃になるかの予想ですが、過去に亡くなられた有名人のケースで予想してみました。

大杉漣さん・・・2月21日逝去、4月14日お別れ会

モンキー・パンチさん・・・4月11日逝去、6月14日お別れ会

上記のように、葬儀後2ヶ月ほど経ってから偲ぶ会、お別れ会を行うケースが多いようです。49日を済ませ落ち着いてから開催するんですね。

7月9日から2ヶ月くらいというと、9月上旬から中旬ころが該当しますね。

ジャニー喜多川の訃報にネットの声は

ジャニー喜多川さんは生涯裏方に徹された方でしたが、その存在が与えた影響は計り知れないほど大きかったことを表す声が多数、SNSで発せられていました。


経営権はジュリー景子氏が引き継ぎ、ジャニーズjr.の育成や発掘は今後滝沢秀明社長が行っていくことになります。

ジャニー喜多川さんの公認という巨大なプレッシャーもあると思いますが、これまで支えてきたファンの期待に答えられるよう、全力で努力するに違いありません。ジャニーズタレントの退所や解散が囁かれる現在の不安定な時期を脱するまでの組織運営が、今後のジャニーズ事務所の明暗をわけるのかもしれません。

error: Content is protected !!