芸人・タレント

松本人志がなぜ探偵ナイトスクープ新局長に?4つの理由とファンの反応まとめ

西田敏行と手を組む松本人志

関西発信の長寿人気番組「探偵!ナイトスクープ」の3代目局長にダウンタウンの松本人志さんの就任が決定されました。

2001年から2代目所長の西田敏行さんからバトンを譲り受けた松本人志さんですが、吉本興行の大物だけに納得する部分もありつつ、なぜ?という疑問を持たれる方も多いハズ。

松本人志が探偵ナイトスクープの3代目局長に選ばれた4つの理由と、就任についてのファンの声をまとめました。

松本人志が3代目探偵ナイトスクープ新局長に就任

西田敏行と手を組む松本人志

2019年10月18日の放送で発表された2代目局長・西田敏行さんの引退。3代目の予想が話題になっていましたが、ダウンタウンの松本人志さんに決定しました。

俳優の西田敏行(71)が局長を務めるABC朝日放送テレビの番組「探偵!ナイトスクープ」の11月22日分の収録が25日夜、大阪市福島区の同局で行われた。西田は今月18日の放送で「11月22日をもって番組を降板する」と発表しており、ネット上では次期局長がだれになるかなどが話題になっていたが、25日の収録で新局長にダウンタウンの松本人志(56)が就任することも発表された。

引用:Yahoo!ニュース

元々「上沼恵美子か松本人志か」と予想されていたこともあり、ある意味で想定内だったのかも知れませんね!

西田敏行さんの登場は11月15日・22日のあと2回となり、松本人志さんの局長デビューは11月29日(金)となります。

西田敏行引退

ダウンタウンの松本人志さんと言えば吉本興業でもトップに君臨する大物芸人。確かにふさわしい気もしますが、40年以上続くローカルな雰囲気が強い「探偵!ナイトスクープ」だけに、なぜ大物を?とその決定を疑問視する声もあるようです。

松本人志が新局長に選ばれた4つの理由

探偵ナイトスクープの松本人志

なぜ松本人志さんが西田敏行さんの後任として選ばれたのでしょうか?

考えられる理由4つをいかにまとめました。

松本新局長の理由①過去のゲスト出演で視聴率20%の実績

松本人志とハライチ澤部

松本人志さんは2016年5月に「探偵!ナイトスクープ」にゲスト出演しています。

その内容は、

「陶器でできたミルクポットにもう一つ別の陶器がハマってしまい取れない。たむらけんじ探偵だけは、よこさないでください」

という悩み相談の“依頼者”が松本人志さんでした。3月ナイトスクープ愛からか、この出演は「ノーギャラ」だったんだとか。

この回の視聴率は平均視聴率20.2%、最高視聴率24.1%と2014年以降2年ぶりの視聴率20%台を超えており、番組としても「まっちゃんは数字を持ってる」という認識を強めただけでなく、貢献度的にも好印象を抱いたはずです。

松本新局長の理由②松本人志自身の希望

松本人志さんは2016年のゲスト出演のあと、「探偵!ナイトスクープ」へのレギュラー出演、あるいは局長の座を狙っている心境を吐露しています。

「(番組の)大ファンで、東京に来てからも、欠かさず見ている」

「局長を狙っているわけじゃないけど、しっくりいくな、とは思う」

引用:MANTAN WEB

「狙ってるわけじゃないけど」と前置きはしていますが、松本人志さんクラスの芸人がいち探偵として出演するはずもありません。

関西ローカルで40年以上続く伝説の番組への愛もあって、「いつかは・・・」という想いがあったことは隠せなかったのでしょう。また、番組制作陣もその意思を記憶していたことは間違いないでしょうし、オファーしやすい関係にあったことも理由となると思います。

sponsored link

松本新局長の理由③「泣き」のイメージ刷新のため

泣く西田敏行

西田敏行さんは局長引退の理由についてこう述べています。

「上岡氏の追求した乾いた笑い」という番組開始からのコンセプトに、自分の“泣き”の入った感動が入り込みすぎたことへの違和感も感じたのか「乾いた笑いと濡れた感動が50対50に」と後進に道を譲る決意をしたようだ。

引用:Yahoo!ニュース

西田敏行さんの引退理由について、もちろん71歳という年齢的・体力的な理由ももちろんありましたが、最近は「最近面白くない」「マンネリ化している」「昔のほうが良かった」と批判的な意見が増えつつあったのも事実です。

番組サイドとしては言い出すことができなかったでしょうが、西田敏行さんは自ら引退を申し出、勇退を決意。

そのため、「泣き」の西田敏行さんとは全く違う切り口でコメントを発し、番組のカラーを一新させるための「テコ入れ」として松本人志さんが選ばれた可能性は高いと思います。

松本新局長の理由④松本人志のネームバリュー

松本人志

出演している探偵の顔ぶれを見ても分かる通り、「ゴールデンで派手にロケをする番組」とは対極にあると言ってもいい地味な番組「探偵!ナイトスクープ」。

40年間の放送の歴史とともにファン層も明らかに高齢化しています。

内容的にも派手さの無い「小学生のお困りごと解決」や「田舎のおじさんの一発芸」などが依頼の中心だっただけに、新規層の取り込みを図るには松本人志さんのようなビッグネームは大きな求心力として働くことも理由の一つでしょう。

新局長・松本人志についてファンの反応まとめ

松本人志

ネットやSNSでは松本人志さんの3代目局長就任について賛否両論入り乱れています。

松本人志の新局長に賛成の声

この番組のファンだって話は以前からしてたのでね。
昔からの流れを大事にすると思う。

関西が誇るお化け番組の1つやもんね。
局長が代替わりしても続いてくれるのが嬉しい。
松ちゃんだったら、また、雰囲気が変わると思うけど、楽しい番組であって欲しいね。

ナイトスクープの新局長 ダウンタウン松本さんなんだ〜( ´艸`) ちょっとびっくり。いがい。 でも、なんか今までと違う面白さがありそうな。

これまでのナイトスクープのカラーとは違うけど、それはそれで面白いと思う。番組自体の面白ささえ保ってくれればいい。

これまでの西田敏行さんが築いた雰囲気とは異なるにせよ、番組のファンである松本人志さんが局長になることで、マンネリ化が懸念されていた番組の現状を改善してくれることに期待する意見が多く見られました。

2004年頃放送されていた『WORLD DOWNTOWN』(ワールドダウンタウン)をの面白さを知る世代からすると、マイナーな番組でも松本さんならでは笑いを創造していた実績もあるだけに楽しみですね!

sponsored link

松本人志の新局長に否定的な声

兄さんのことは好きだけど、否定することしか出来んのと、感動的な演出ができない兄さんでは、この番組終わります。西田局長の涙を見に行ってるので。

関西人だけど松本人志は違う気がします。探偵ナイトスクープはローカル感が大切だと思っているので。

いや、ちょっと待って!!という感じ。
今までのほのぼの感を無くさないでほしい。松本さんが出てくると、探偵やスタッフにかなりの重圧がかかってしまうのではないかと心配してます。

あのいい意味で臭い人情味が無くなるのか。西田さんのあの感じが番組の味だったんだけどなぁ。

否定派の意見としてはやはり20年近く続いた西田敏行さんの「ほのぼのした」雰囲気が失われてしまう心配の声がありますが、これは当然の成り行きとも言えます。

しかし、その前の局長の上岡龍太郎さんは出演した霊能者を徹底的に論破したり、テレビの公開収録中にディレクターを説教した挙げ句、番組をボイコットして帰ってしまうなどハチャメチャな時代があっただけに、昔を知る世代にとっては松本人志さんとナイトスクープがどのような化学反応を起こすのかに期待して見守っていきたいと思います。

error: Content is protected !!