未分類

【いつ?】USJ任天堂エリアは2020夏オープン!マリオカートが超面白そう!

USJマリオエリア

2017年に発表された「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン任天堂エリア」が2020年夏にオープンとなることがついに発表されました。

3年もの歳月と、600億円という巨額のコストを投じて、USJと任天堂が世界に誇る“世界最新鋭”テーマパークエリアを体験できる日が間近に迫ってテンション上がりますね!

中でも一番の目玉はやっぱり「マリオカート」!イメージ動画が公開されましたが、現在も可能性未知数なこのアトラクション。どのような完成イメージになるのか動画を交えて予想しました!

USJに任天堂マリオエリアが2020年夏オープン!

2019年11月21日、任天堂は公式HP上で、「2020年東京オリンピック前のオープン」を公表しました。

USJ任天堂

2017年のリリースより、2020年夏頃を目標に建設工事が進められていましたが、工事の方は今の所順調に進んでいるということでしょう。

ちなみに東京オリンピックの開催予定日は2020年7月24日(金)。

それまでに、とのことなので、工事に遅れがなければ夏休み前の7月上旬~中旬にオープンさせて、その流れで東京オリンピックへの外国人インバウンドを増やそうという狙いも感じられますね。

あの雲の足場は横に動きそうですね!さすがにジャンプでは、いけないか笑

中央の目印となるタワーは2019年8月下旬頃にお目見えしたとのことですが、ゲームの世界観を壊さないよう、リアルよりもポップさを重視してかなり作り込まれているようです…!

真後ろのウォーターエリアやハリー・ポッターエリアからも目視できるほど目立っているおかげで、迷うこと無く目的地へ辿り着けそう安心ですね!

sponsored link

任天堂マリオエリアの場所はUSJのどこ?全体像は?

USJのマリオエリアの場所引用:google

USJ任天堂マリオワールドの場所は、先の写真からも見えたとおり、「ウォーターワールド」エリアと「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」エリアに挟まれる形で建設されています。この配置なら確かに丸見えですね笑

任天堂マリオワールド引用:USJ公式HP

今回発表された全体像のキービジュアルがこちら。リリース発表から間もなくしてネット上でリークされた模型図の通りですね。

任天堂ワールド模型

夢のような世界が現実になるワクワクはまさにテーマパークの醍醐味とも言えますが、子供の頃から慣れ親しんだ世界が現実に誕生する日が本当に待ち遠しいですね。

1981年9月13日生まれのマリオが、2019年になって大人も子供も楽しめるエンターテインメントとして生き続けているという事実に、感動を抱かずに入られません。

sponsored link

マリオエリアのアトラクションの種類や内容は?

マリオワールド引用:USJ公式HP

マリオエリアのアトラクションについてはまだ全貌が明らかになっていませんが、現段階でわかっていることは、

マリオエリアのアトラクション
  • マリオカート(inクッパ城との噂)
  • ピーチ城
  • キノピオカフェ
  • ヨッシーエリア

などの体験型アトラクションが用意されているようです。

USJピーチ城引用:USJ公式HP

今回ピーチ城のビジュアルが初解禁されましたが、ここでお土産やグッズなどが購入できそうですね。外観の印象から察するとレストランも兼ねているんじゃないでしょうか?

USJキノピオカフェ

キノピオカフェはレストランというより軽食がメインなのかもしれませんね!

スーパーキノコが売られていたり、スターの形をした食べ物がメニューにあったらインスタ映えしそうです。

USJヨッシーエリア

ヨッシーエリア(仮称)は今の時点ではまったくわかりませんが、ヨッシーが乗り物になっていて、ヨッシーに乗って冒険するようなアトラクションが期待できそうですね。

クッパ城USJ引用:USJ公式HP

そしてエリアの中央奥でとりわけ存在感を放つクッパ城。ここは建設当初から「マリオカートが出来る場所」という設定がありました。

マリオワールドは「二層構造の巨大複合エリア」であり、「テーマパークの常識を覆すアトラクション」とUSJが意気込んでいるだけあって、その完成形は私達の想像を超えるものなのかもしれませんね!

sponsored link

マリオカートライドのアトラクションが超楽しそう!

マリオカートイメージ引用:google

公式にはマリオカートの詳細については明らかにされていませんが、USJや東京ディズニーランドのテーマパークファンの間では、2年前から様々な予想が繰り広げられています。

数々のアトラクションに精通しているファンの意見によれば、ARゴーグル(現実世界にCGを投影する。)を装着して楽しむカーライドのアトラクションになるのではないかとのこと。

ARとVRの違い←VR 仮想世界 | 現実世界 AR→

「二重構造の巨大複合エリア」と冠しているだけあって、カートは地下と地上、建物内を駆け巡るコース設計になっているはず。

ちなみにアメリカのカリフォルニアにあるユニバーサル・スタジオの「カーズ」のアトラクションムービーはこんな感じ。

作り込まれたステージに、CGとプロジェクションマッピング、そしてARなどの最先端技術をつぎ込まれるマリオカートの世界は、あるいはこんな感じになるんじゃないかと。

これは東京の新宿に存在する『VR ZONE SHINJUKU』のVRアクティビティ「マリオカート アーケードグランプリVR」のPR映像です。

上記のVRとは違い、USJのマリオカートは現実世界をベースとする可能性が高そうですが、

「テーマパークの常識を覆すアトラクション」

というUSJと任天堂の自信作の完成が待ち遠しいですね!

error: Content is protected !!