スポーツ

田中理恵(体操)現在が可愛い!高校~選手時代の画像もまとめ!

元・体操女子の2012年ロンドン五輪代表選手の田中理恵さんが最近めちゃくちゃ可愛くなってて夜も眠れない僕ですこんばんは。

2013年に現役を引退されてから、2017年1月には実業家の一般男性と結婚、2018年2月には待望の第一子を出産と、女性としても、母としても充実した印象を感じます。

現役選手時代から可愛いと話題になっていた田中理恵さんですが、最近は可愛い→美人へ進化している感じです。インスタとか見てたら「えっ?こんなに?」ってびっくり。

というわけで、子どもの出産を経て田中理恵さんが現在どんな感じに可愛くなったのか画像をまとめてみました。高校時代の茶髪プリクラ画像も併せてシェアします!

元・体操の田中理恵のプロフィール

  • 名前:田中 理恵(たなか りえ)
  • 生年月日:1987年6月11日
  • 身長:156cm
  • 出身:和歌山県
  • 大学:日本体育大学大学院卒

相変わらずスタイルいいですよね~!

昔が日焼けしてワイルドな感じだったのに比べて、現在は上品になったというか。

出てきましたよー!!👶 衣装と洋服選びが大変😭😭

RIE TANAKA 田中理恵さん(@riiiiiie611)がシェアした投稿 –

ロングヘアの田中理恵さんも素敵ですが、個人的にはヘアスタイルがショートヘアになってから可愛さのランクが1つ上がったような気がするんです。

 

田中理恵さんの結婚相手は?

あくまでもネットの情報として真偽は定かではありませんが、「株式会社フォレストバイオテックの社長、「森翔太」さんではないかと噂されています。

美人アスリートとしてファンも多かった田中理恵さんの旦那ということもあり、顔出しは一切していないようですね。

非常に小さいですが、この画像に映っている右奥の男性がそうではないかとも・・・

結婚相手は年商50億ともいわれる会社を経営している社長と言われていますが、さすが世界のアスリートともなると捕まえる男性もビッグですね!

田中理恵さんはその美貌から男性ファンも多かったでしょうし、結婚発表には多くの男性が衝撃を受けたことは想像に難くありません。

sponsored link

田中理恵(体操)現在の美人&可愛い画像まとめ!

さてさて、それでは現在の田中理恵さんの画像を追っていきましょう。

一時は2020年東京オリンピックの招致団の一員として、日本全国に情報を発信する役割を負っていただけに、インスタグラム、Twitter、アメブロと様々な媒体を活用して日々活動がつづられています。

 

そうそう。記憶の中の一番最後の田中理恵さんって、こんな感じ。ロングヘアで、ちょっと肌は褐色より暗めで、力強い眉。「アスリート!」というオーラが漂っていた頃のイメージが強いですよね。

写真を撮る環境や時期にもよりますが、引退後で一番かわいいなーと思っていた画像はこれでした。肌の色が白くなって、髪色も以前より少し明るく、アスリートオーラは華やかな雰囲気に変化していった頃。

 

そして現在の最新版・田中理恵さんがコチラ!

めっちゃに美人になってるじゃない・・・!

一瞬「だれ!?」って思ったくらいイメージが変わっていて、僕の記憶の中の「田中理恵像」を大至急最新バージョンに更新する必要性を感じました。

プロのメイクさんの力恐るべし。

いったん、過去の「アスリート!」だったころの田中理恵さんと比べてみましょう。

そうそう。

昔は肌の色がかなり黒目で、メイクもアイラインを強調したガッツリメイクが多かったせいか、美人といっても「あくまでもアスリートの中で」というくくりは外れなかった気がするんですよね。

また、厳しい食事制限やトレーニングの毎日に気の抜けない戦闘モードが続いた日も多かったことから、今のような穏やかな心境で毎日を・・・なんてゆとりはきっとなかったんだと思います。

さて、ここであなたの中の「田中理恵像」も最新版にアップデートしておきましょう。

もう一度。

RIE TANAKA 田中理恵さん(@riiiiiie611)がシェアした投稿

田中理恵さんは鼻の形が特徴的なので、そこを見て「あ、そうか田中理恵だった」と判別できるレベルのような気がします。

愛する我が子を抱いて。

印象が変わった一番大きな理由は、母親になったことによる心境の変化なのかも?

顔つきがとても穏やかで優しそうなお母さんですね。

sponsored link

田中理恵(体操)の高校から選手時代の画像

田中理恵さんと言えば家族全員体操選手という体操サラブレッドの家庭に生まれたことでも有名です。

体操クラブを経営する父親をはじめ、兄の田中和仁さんは2012年ロンドン五輪の団体で銀メダル、弟の田中佑典さんも2016年リオデジャネイロ五輪で団体金メダルと、とんでもない体操一家。

中学校の頃から田中理恵さんの兄弟は体操界でも有名なトップアスリートだったそうで、プレッシャーも凄かったそう。

田中理恵さん、高校時代に茶髪プリクラ発見

全国大会優勝を果たした中学時代を経て高校生になったころ、一度体操や家族への反発から茶髪にしたことがあるそうです。

厳格な父親はそんな田中理恵さんを見て「新聞紙やテレビのリモコンを投げつけた」ほどに怒ったそうです。頑固一徹だったんですね。

この頃の田中理恵さんの様子を、弟の佑典さんは「情熱を失いかけて練習不熱心だった」と語っていますが、常に兄弟間でも比較され結果を求められる環境に身を置けば、誰だって逃げ出したくなるものなのかもしれません。

世界選手権代表を務める体操選手として活躍

それでも、2012年の全日本選手権の個人総合で初優勝、NHK杯では、体操女子個人総合において初優勝を飾り、体操界でも類を見ない「3兄弟全員」でのロンドンオリンピック出場を決めるなど、その実力はやはり日本の中ではトップクラスだった実力は誰もが認めるところです。

普通に考えて、たくさんのライバル選手たちを押しのけ、世界選手権やオリンピックに出場した田中理恵さんの体操選手としてのセンスは、素晴らしいの一言に尽きます。

何不自由ない幸せな生活を送っているようにも見えますが、アップされる写真には旦那さんの存在を1mmも感じることができないのが気にかかるところです。

せめて後ろ姿だけでも家族一緒に映っている写真でもあれば、「夫婦仲は円満だよ」というメッセージにもなると思うのですが、子育てが落ち着いたころ、いずれアップされるのでしょうか?

その時をのんびり待ちたいと思います!

間駒でお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!