タレント

リア・ディゾン現在の画像が可愛くて劣化無し!デビュー時と比べてみた

かつて「黒船襲来」というキャッチコピーと共にアメリカから逆輸入され、その圧倒的な可愛らしさで日本中の男性を虜にしたリア・ディゾン。

「ルーズソックスでセーラー服」という衝撃的な画像で人気が爆発した全盛期から10年以上が経った現在も、劣化どころかさらに美しくなっていたことに驚きました。

デビュー時から現在までの画像と共に現在のリア・ディゾンについてまとめてみました。

リア・ディゾンの現在の画像が可愛いくて劣化無し!

リア・ディゾンはハーフ?と思っている方や、そもそもリア・ディゾンを知らない方へ。

リア・ディゾンは中国系フィリピン人の父親と、フランス系アメリカ人の母親との間に生まれという複雑な血筋。ラスベガス生まれのため国籍はアメリカです。

幼少期はラスベガスで過ごし、その後高校時代はロサンゼルスへと移りましたが、カジノディーラーだった母親の金遣いが荒く貧しかったようです。

またリア・ディゾンも見かけによらず内向的な性格だったことからいじめに遭ったり友達が少なかったことを自ら明かしており、不遇の学生時代を送っていたそうです。

高校生の頃から、ポールダンサーやビデオ店などでのアルバイトや、自身で運営するグラビア会員サイトで画像を販売したりなどして将来大学に通うための学費を稼ぐなど、苦労人な過去があったことは意外と知られていません。

リアディゾン子供の頃子供の頃のリア・ディゾン

 

リア・ディゾンは昔から、「美少女戦士セーラームーン」や「ドラゴンボール」といった日本の漫画・アニメに興味があり、試しに「セーラー服とルーズソックス」という当時の日本の女子高生のコスプレで画像をネット上にアップしたところ、爆発的な人気になりました。

その後、自分でプロモーションビデオを作成し芸能事務所へ応募、晴れて日本でデビューを果たしました。そんなリア・ディゾンのデビュー時の画像がコチラ

リアディゾンの画像①デビュー時

リア・ディゾン、記念すべきブログ第一号の画像、19歳の時のリア・ディゾンです。当時外国人タレントに免疫の無かった日本の男たちは、突如アメリカから来訪した「黒船」によって大騒ぎしたのです。

2007年頃、リア・ディゾン20歳。たぶん、単なるアメリカ人だったらここまで人気になることは無かったはずです。アジア人の父親の遺伝は日本人に親近感を与えたのかもしれません。

リアディゾン

持って生まれた美貌はもちろん、日本が好きだったこと(デビュー前に一人で日本に旅行に来たこともある)や、若い頃からレースクイーンやセルフプロモーション活動をしていたこと、なにより異国の土地でデビューするという覚悟が、リア・ディゾンを日本での成功に導いた理由だったのではないでしょうか。

sponsored link

リアディゾンの画像②引退~現役復帰の頃

一時芸能活動を引退し、2011年頃から復帰。再来日した2013年頃のリア・ディゾン。

昔のギャル風なイメージがまだ残っていたこの頃、日本では能年玲奈さんや上戸彩さんなど、ナチュラルメイクの美人女優が流行となっていました。

「日本でもオファーがあれば活動していく」というスタンスでアメリカ優先の芸能活動だったこともあり、いくつかの雑誌の表紙を飾りはしたものの、リア・ディゾンの名がかつての輝きを取り戻すことは残念ながらありませんでした。

リアディゾン現在の画像とデビュー時を比べてみた

2008年、スタイリストのBUNと結婚し、妊娠を発表して、翌年に長女を出産。

10歳の娘を育てながら働くシングルマザー、リア・ディゾンの現在の画像がコチラ。

リアディゾン2019

うわっ

めっちゃかわいい。ってびっくり。

リアディゾン2019

Instagramにアップされているセルフィー画像。
修正加工はもちろんされているとは思いますが、垢抜けたビジュアルはより日本人受けしそうな美しさです。

よーく見てください。

これが日本デビュー時。アルバム出したての頃、21歳くらいのリア・ディゾン。

からの、

リアディゾン2019

トドメはこれ。

うん、今すぐ再活動してほしい。しよう。

リア・ディゾンは20代の頃からアイメイクの達人でもありましたが、昔のギャルっぽさがなくなって、シンプルに美しくなったようですね。これで一児の母とは・・・

sponsored link

リアディゾンがテレビから消えた理由は?

人気絶頂だったリア・ディゾンが突如芸能界から消えた理由は、ずばり「結婚と妊娠」です。

2008年、スタイリストのBUNとの挙式、同月に妊娠発表をしたことから、「デキ婚だったのでは」という噂も囁かれましたが、おそらく誰もが予定外の引退だったことでしょう。

シングルCD6枚、アルバム2枚と歌手としても活躍していたリア・ディゾンでしたが、2009年に長女を出産して以降、表舞台から姿を消してしまったのです。

2010年に旦那BUNと離婚していたリアディゾン

結婚して幸せをつかんだかと言えばそんな平坦な人生ではなく、2010年、わずか2年で離婚が発表されたリア・ディゾン。

原因は“お互いの価値観の不一致”とされています。ただし、旦那のBUNには「歌手のBOAとも交際していた」という噂もありますが・・・

リアは子育て中に「育児ノイローゼ」になってしまったらしく、旦那のBUNが仕事の傍ら家事や育児も代わりにやっていた、という説もあります。

しかしそんな生活は長く続かず、若かった二人は破局してしまった、という結末が一番しっくりくるような気がします。

sponsored link

リアディゾンは現在シングルマザーで大学に通っている

高校生だったころから、リア・ディゾンは大学に通いたいという希望を持っていました。
日本での芸能活動を休止、結婚~離婚を経てひと段落した2014年から大学生となっていた、という情報には納得です。

離婚後にニューヨークにある「ステラ アドラー コンサバトリー」という大学で演技の勉強をするために単科大学へと入学。

その後2018年には、拠点をラスベガスに移し、また改めての大学生となっていたことが報じられました。勉強家ですね。

ネバダ州立大学ラスベガス校の4年生で、社会心理学を学んでいます。大学進学の時期と日本デビューが重なったこともあって、ずっと大学で学びたい気持ちがあったんです。

今の研究テーマは『なぜ女性は過小評価されているか』。リアさんのモチベーションは高い。「卒業後は大学院に進み、研究を続けていく」と目標を語ってくれた。

大学院に進む意欲があるということは、今後の芸能界デビューも当面は無いということでしょう。

現在はアメリカでの活動が主なようですが、演技や心理学を学んだ末に、これまでとは別の形でリア・ディゾンの活躍する姿が見られる日が来るかもしれませんね。

error: Content is protected !!