女優・俳優

高橋惠子の若い頃画像やスキャンダルまとめ!失踪や逃避行の過去とは

高橋惠子

エレガントな雰囲気漂うベテラン女優の高橋惠子さん。

ファンの人曰く、「若い頃から変わらず美しい」とのことですが、還暦を超えてもなお美しい高橋惠子さんの若い頃は、「失踪」や「愛の逃避行」といった、普通では考えられないようなスキャンダルに満ちた波乱な人生でした。

当時の高橋惠子さんの若い頃の画像とともに、その衝撃の半生を振り返ってみましょう。

高橋惠子の経歴・プロフィール

高橋惠子
  • 本名:高橋惠子(たかはし けいこ)
  • 旧芸名:関根恵子(せきね けいこ)※旧姓
  • 生年月日:1955年1月22日
  • 出身地:北海道川上郡標茶町字磯分内熊牛原野
    →東京都府中市(小学校6年生~)
  • 血液型:AB型
  • 身長:162cm
  • 事務所:ブロウアップ

若い頃を知る世代の方にとっては、「太陽に吠えろ!」「関根恵子」というワードで「おっ」と思われるでしょうか。

若い人なら「レディースアデランスの人」というと「あっ」となるかもしれませんね。

北海道に生まれ、幼い頃は牧場主の娘として育ちましたが、父の経営する牧場が行き詰ってから、帯広→釧路→斜里と道内を転々。

その後、かつて歌手になりたかった父親の「娘を東京で育てたい」という希望を叶えるべく、家族は一念発起して上京。高橋惠子さんが小学校6年生の時です。

高校生のブルース

そして、中学2年生の頃、その大人びた風貌から芸能カメラマンのスカウトを受け、1970年「高校生ブルース」でデビューを果たします。

「妊娠する女子高校生」という衝撃的な役柄は当時もセンセーショナルな設定でしたが、今では絶対にあり得ない“当時15歳の少女にヌードや濡れ場を演じさせる”というのだから驚きですよね。

「高校生ブルース」は南美川洋子さんの代役としての出演でしたが、それによって高橋惠子さんは世間の大きな注目を浴びることになります。

おさな妻

しかし、その後出演した「おさな妻」という映画で「奔放、不良少女のイメージ」がついてしまったことにより、本来の自分とのあまりのギャップに「女優を引退する」ほどに苦しんだそうです。

高橋惠子、太陽に吠えろ

1971年にドラマ「太陽に吠えろ!」

ヒロインである七曲署(ななまがりしょ)の婦人警官「シンコ」役で有名になりますが、その後ストレスにより精神は徐々に変調をきたし、高橋惠子さんの人生にさらなる波乱が幕を開けることになります。

sponsored link

高橋惠子の若い頃の衝撃スキャンダルまとめ

高橋惠子と草刈正雄

1970年代を代表する女優へと上り詰めながらも、高橋惠子さんは自らに固定されてしまった「魔性の美女」というレッテルに苦しむようになります。

北海道の牧場生まれの少女が、10年後にヌードやベッドシーンを演じる「妖艶な女優」であることの違和感は、歳を重ねるごとに拭い切れない傷跡となってしまったのかもしれません。

高橋惠子のスキャンダル①自殺未遂からの失踪

1977年、高橋惠子さんは大量の睡眠薬を服用し、服毒自殺を図りました。

幸い、一命は取り留めましたが、女優業を休業し、岐阜の山奥でひっそりと生きることを選択します。

ただ、その時は一人きりではなく、当時若手作家だった河村季里と一緒だったと後に判明します。

高橋惠子の記事

恋仲だった二人は、週刊誌に「結婚した」とまで報じられていますが、この時はまだ結婚はしていなかったものと思われます。

sponsored link

高橋惠子のスキャンダル②タイへ逃避行

2年間の隠遁生活の末、1979年に舞台「ドラキュラ」への出演オファーがかかり、高橋惠子さんは再び表舞台へと登場します。

しかし、2年間のブランクに対する演技への恐怖や過去のストレスが再発

なんとその舞台公演初日の前日に恋人の河村季里とタイへ逃避行してしまいます。

苦しかった当為を振り返って、高橋惠子さんはこう述懐しています。

毎日、舞台の夢を見ました。つらかったですよ。ストレスで腎盂炎になりましたが、具合が悪いと舞台のことを忘れられるので、精神的には楽でした。

バンコクでは日本のメディアの方に追われました。芸能の取材をしている人ではなく、報道担当の人だったから、顔つきが違っていて殺気立っていましたね。

海外は結構、転々としました。タイ、シンガポール、インドネシア、トルコ、ギリシャ、マレーシア。どんな場所でも人に恵まれて、本当にゆっくりした時間を過ごし、自分を見つめ直すことができました。

引用元:サンスポ

当時は自ら命を絶つつもりで海外へ逃げたという高橋惠子さん。

日本への帰国のきっかけとなったのは、「トルコで出会った日本人登山家の占術によって」という不思議な理由でしたが・・・

関連画像

待っていたのは世間からの批判と悪意のあるメディアの集中砲火。

俳優には共演NGを突き出す人も少なくなかったらしく、各方面への損害賠償を済ませ、謝罪後1年は謹慎を余儀なくされます。

高橋惠子のスキャンダル③関根恵子から高橋惠子へ

帰国後2年ほどして、高橋惠子さんはどんな仕事も断らずに受けたと言い、やがて日活ロマンP映画で女優として復帰します。

良くも悪くも世間に名前も顔も知れてしまっており、高校進学もせず女優一筋だったことが、復帰の背中を押したそうです。

その後、映画「TATOO<刺青>」のヒロイン役に抜擢された高橋惠子さんは、この映画の監督だった高橋伴明さんと出会い、結婚に至ります。苗字が関根から高橋に変わったことをきっかけに、芸名も関根恵子から高橋惠子に改名。

夫の伴明さんとは1男1女を授かたっため、育児家事に本腰を入れるべく、その後10年間は女優の仕事を控えられたそうです。

高橋惠子と娘・祐奈

娘の佑奈さんは現在はタレント兼ドッグトレーナーとしてだけでなく、高橋惠子さんのマネージャーを務めています。

sponsored link

高橋惠子の若い頃の画像が超美人

高橋惠子の和装

還暦を過ぎても“おばあちゃん”とは言わせない美貌を保ち続ける、高橋惠子さんの若かりし頃の画像をまとめました。

高橋惠子の若い頃①白黒写真でもわかる可愛らしさ

高橋惠子の若い頃

この頃はまだ10代だったかもしれません。
顔立ちは今風のはっきりとした顔立ちで、ドット柄のワンピースがとても可愛らしいですね!

モノクロ写真が時代を物語っていますが、カラーなら今と何ら変わらない雰囲気ですよね。

高橋惠子の若い頃②草刈正雄との共演

高橋惠子・神田川

朝ドラで話題の草刈正雄さんとのツーショット。

草刈さん昔はこんなイケメンだったんですね・・・!
阿部寛さんに似た彫りの深い顔立ちでカッコイイ。

抱かれた高橋惠子さんも正統派美人の美貌がオーラを放っています。

高橋惠子の若い頃③新婚当初の高橋惠子

高橋惠子と高橋伴明

娘の秋山佑奈さんのインスタグラムより。

貴重な新婚当初の夫婦の写真だそうです。

28歳頃に娘・佑奈さんを生んだそうですが、現在は親子仲睦まじく、5人ものお孫さんに恵まれています。

娘の祐奈さんは母のマネージャーを務める傍ら、親子でプロデュースしたコスメブランドAng.U(アンジー・ユー)のプロデューサーとしても活動しています。

 

若い頃の苦労があった分、結婚後はようやく平穏と幸せを取り戻した高橋惠子さん。

その激動の半生についてのまとめは以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!