俳優

山田裕貴の父は元プロ野球選手の山田和利!高校時代の画像が超イケメン!

山田裕貴

個性派イケメン俳優の山田裕貴さんの父親は、かつて広島東洋カープや中日ドラゴンズで活躍したプロ野球選手「山田和利」さんです。

そのため、山田裕貴さんも中学時代まではシニアリーグでピッチャーを務める野球選手でしたが、東邦高校時代はバレー部に所属しており、野球からは遠ざかっていたようです。

山田裕貴さんはなぜ野球をやめてしまったのか?

中学校~高校時代の画像とともに、その理由をまとめてみました。

山田裕貴の父は元プロ野球選手の山田和利

山田和利の現役時代引用:Google

山田裕貴さんのお父さんは現役時代、ドラフト4位で中日ドラゴンズに入団し、その後広島東洋カープで活躍した内野手です。1試合に3本塁打を放つパワーのある打者としても有名でした。

山田和利引用:Google

現役引退後は中日ドラゴンズや広島東洋カープで守備や走塁のコーチとして、現在も指導者として指揮を振るっています。

そんな有名選手の息子に生まれた山田裕貴さんは、父の背中を追いかけ、小学校はリトルリーグ、中学校時代はシニアリーグで野球漬けの毎日を送っていたようです。

野球を辞めて俳優の道に進んだ理由を聞かれた山田は「かっこよかったんですよ、テレビで打席に立ってる父を見て。『テレビに出てるってかっこいいな』っていうのがあって」とコメント。

引用元:めるも

当時を伝える画像が、本人のインスタグラムに投稿されています。

中学校時代はピッチャーだった山田裕貴

山田裕貴さんの中学校時代は、学校の部活動ではなく、名古屋市内の硬式野球のシニアリーグでピッチャーをやっていました。

山田裕貴さんの出身中学校は公開されていませんが、「名古屋市立若水中学校」が有力とされています。

sponsored link

山田裕貴が野球をやめた理由とは

山田裕貴引用:google

プロ野球に関わらず、偉大な親を持つ子供の苦労は時として計り知れないものがありますが、山田裕貴さんが高校時代に野球人生を選択しなかった理由について、雑誌のインタビューではこうコメントされています。

プロ野球で活躍する父の背中を追いかけて野球を始めたが、上には上がいてプロ野球選手にはなれないのではないかと思い「自分で蓋をしてしまって、辞めてしまったんですよ」と野球をやめた理由を語った。

「本当にもう褒められたことが無かったんで、『褒めさせたい』みたいなのもあったんですよ」

引用元:メルモ

当時の心境を動画でのインタビューでもコメントしていました。

『どうしても、近い存在に壁が、父親という壁があったりだとか、チームメイトも「プロ野球選手の息子なのに」って言われたりして、「自分では無理なんじゃないか」って思って、中学校で野球をやめてしまって・・・』

父の和利さんが山田裕貴さんに「野球をやれ」と言ったことは無かったそうですが、憧れの存在に対する現実とのギャップや、周囲からの期待とプレッシャーで心が挫けてしまったのが、野球をやめた理由だったようです。

同じ立場にならないと知り得ない苦労ですが、現実問題2世俳優や2世政治家が、偉大過ぎる親の背中を超えられず、「七光り」を感じるよりも「押し潰されてしまう」ケースが少なくないと思います。
周囲からの期待が重なれば、なおさら苦しかったでしょうね。

sponsored link

野球を投げ出した息子と、プロ野球コーチの父親との現在は

山田裕貴引用:LivedoorNews

父の和利さんは、息子の裕貴さんが野球をやめたことよりも、「自分でやりたいと言ったことを、なんで最後までやり遂げなかったんだ」と、意思を貫き通さなかったことを叱ったそうです。

その言葉があって、「次やることは何があっても続けよう」と決意した山田裕貴さんは、テレビや映画の世界に憧れて、俳優の道を目指します。

野球選手とは違う道を進んだ山田裕貴さんと、父の和利さん。二人の現在はというと、信頼関係で結ばれている様子。

山田コーチは、息子の出演作があれば「こっそりと」劇場に足を踏み入れているという。時には「へたくそ」などとメッセージを送れば、「素人でしょ」と返ってくることもあると笑う。

山田コーチが東京遠征の際には、都合が合えば親子で杯を交わすこともあるという。息子の話となると恥ずかしげだが、今回の朝ドラデビューをきっかけに、さらなる飛躍を願っている。「忙しいぐらいがちょうどいいんじゃないかな。周りの人に恵まれているよね。ここから。このチャンスをどう生かすか」と父なりのエールを送った。

引用:デイリースポーツ

2018年公開の映画「あの頃、君を追いかけた」の上映に先駆けて、 8月10日の「中日ドラゴンズ・東京ヤクルトスワローズ戦」の始球式で、山田裕貴さんは「父と同じ背番号をつけて」マウンドに立ちました。

山田裕貴引用:google

かつて挫折した野球というステージに、憧れだった父の背番号を背負って13年ぶりに立つ、俳優としての自分。

この時の感慨はいかばかりか、山田裕貴さんは終了後に涙を流す様子が話題になりました。

山田裕貴の始球式引用:google

始球式直前のインタビューでは、「13年のブランクもあり昨日久しぶりに練習をして100球以上投げ込んでしまって、肩が張っているんですよね」と苦笑い。しかし本番のピッチングでは見事、ノーバンでど真ん中のストレートを披露した。

直後のインタビューでは、興奮冷めやらぬ様子で「野球をあきらめて俳優を目指してからの夢が、いつか始球式に登板することでした。今日は父が優勝したときに付けていた『30番』のユニフォームを着させていただいて、母も妹も、そして野球をやっていた頃のチームメイトも見に来てくれました。親父の背中を追いかけていた頃を思い出しました」 と思いがけず涙が溢れた。

「僕、泣き虫なんです」とインタビューで答えていた山田裕貴さん。舞台挨拶や公開前のインタビューで、結構男泣きしているんですよね。

そういう情に厚いところや、情緒が豊かなところも、共演者やファンに愛され、現在人気沸騰中の理由なのかもしれません。

sponsored link

山田裕貴の高校時代の画像がイケメンだった!

中学校で野球をやめたあと、高校時代は東邦高校へ進学した山田裕貴さん。

名古屋の東邦高校と言えば甲子園出場も珍しくない野球の強豪校。

有名な卒業生は俳優だと伊武雅刀さん、奥田英二さんがいます。最近だとテラスハウス2019東京に出演している田辺莉咲子さんもこの学校の卒業生でした。

高校時代から既に半端ないイケメンオーラを漂わせていた山田裕貴さんの画像をいくつか紹介します。

山田裕貴の高校時代の画像①親友の山田氏と

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴さん(@00_yuki_y)がシェアした投稿

親友・山田氏の武骨なビジュアルとは対照的な山田氏のイケメンぶり。かなりイケイケだったのではないでしょうか?

山田裕貴の高校時代の画像②集合写真では中心にいた

山田裕貴の高校時代引用:google

みんなで集まってこのポジションで座って映る人って大体人気者ですよね笑

身長178cm、バレーボール部と運動能力も高く、当時から俳優を目指していた山田裕貴さんはきっと「周りの普通の男子とはちょっと違う」オーラがあったはずです。

そして高校卒業後は大学に進学せず、ワタナベエンターテイメントカレッジで俳優としての第一歩を踏み出しています。

山田裕貴の高校時代の画像③卒アルもやっぱりイケメン

山田裕貴の卒アル引用元:google

「山田裕貴はアイメイクしてるの?」という疑問さえ出るほど特徴的な山田裕貴さんのメヂカラは、高校生の頃からすでに際立っていますね。

この顔でモテないはずはありませんが、やはり、「共演者キラー」として熱愛を噂されている女優さんも少なくありません。

男気と情熱を感じられる山田裕貴さんは共演者からの信頼も厚く、これからの活躍が期待される注目の若手俳優ですね!

 

error: Content is protected !!