アイドル

伊藤蘭の旦那・水谷豊の馴れ初めは略奪愛?結婚エピソードまとめ!

1970年代、アイドルグループ「キャンディーズ」の“蘭ちゃん”として活躍した伊藤蘭さん。

女優転身後に共演した俳優の水谷豊さんが、現在の旦那さんであることは割と有名だと思いますが、当時二人の結婚は“略奪愛だったのでは”というエピソードがあります。

芸能界きってのおしどり夫婦として有名な、伊藤蘭さんと水谷豊さん、二人の馴れ初めについてまとめました。

アイドル「キャンディーズ」時代の伊藤蘭

はじめに、伊藤蘭さんの「キャンディーズ」時代について振り返ってみましょう。

キャンディーズ引用:google

伊藤蘭さんとメンバーの田中好子さんとは、渡辺プロダクションの養成所「東京音楽学院」の頃から同期生でした。元々「フォーリーブス」に憧れて芸能界を目指した二人は、バックで踊るスクールメイツのメンバーにも選ばれています。

伊藤蘭さんが「キャンディーズのランちゃん」としてデビューしたきっかけは、1972年、NHK「歌謡グランドショー」のマスコットガールのオーディション。

引用:google

このとき、同時に合格した田中好子(スーさん)さん、藤村美樹(ミキちゃん)さんと伊藤蘭さん(ランちゃん)の3名で、1973年に「あなたに夢中」で歌手デビューを果たします

「食べてしまいたいくらいかわいい」というキャンディーズの名前の由来は、当時のNHKプロデューサーのセンスだったんですね。

歌唱力が抜群に高かったキャンディーズ


ビジュアルや設定に昭和の香りが漂いますが、キャンディーズは「アイドル」という枠組みながら、それぞれが抜群の歌唱力で、特に伊藤蘭さんのクリアで伸びやかな歌声は、当時多くのファンのハートを鷲掴みにしました。

その人気のお陰か、キャンディーズは当初田中好子さんがリードボーカルを務めていましたが、途中で伊藤蘭さんに交代しています。今でいうセンターですね。

引用:google

その後は「つばさ」「アンティックドール」「黄色いカヌー」その他多数の曲でソロパート部分の作詞作曲を担当したことからも、歌唱力だけでなく表現者としての素質も高く評価されました。


4年半の活動期間を終え、日比谷野外音楽堂で「普通の女の子に戻りたい!」という有名な叫びとともに、キャンディーズは1977年、人気絶頂のさなかに解散。

引用:google

わずか4年半のアイドル活動でしたが、元々結成の時に活動期間を「3年」と決めていたそうなので、長引いたのは大人の事情だったのかもしれません。

sponsored link

伊藤蘭の旦那・水谷豊の馴れ初め

伊藤蘭と水谷豊引用:google

歌手活動の後、旅行をしたり自動車運転免許を取得したりと、「普通の女の子」を満喫した伊藤蘭さんは、その後女優業へと転身します。

元々演劇部出身であり、日本大学芸術学部演劇学科を卒業するほど演技の世界に憧れと夢を抱いていただけあって、その演技力の高さは共演者や監督からも一目置かれる存在だったようです。

引用:google

1980年の映画「ヒポクラテスたち」ではヨコハマ映画祭で助演女優賞を受賞。舞台「少年狩り」でも第19回ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞するなど、その後も数多くの映画やドラマへ出演し、「女優・伊藤蘭」の確固たる地位を築きました。

伊藤蘭と水谷豊の出会いはドラマ共演

引用:google

現在の旦那さんである俳優の水谷豊さんとの出会いは1982年のドラマ「あんちゃん」での共演でした。水谷豊さんの妹役でしたが、この時に二人はお互いを意識し始めていたそうです。


引用:google

若い頃の水谷豊さんはジェントルマンというよりかはオラオラなイメージで、「俳優・松田優作の親友」であり、当時の水谷さんは短気で有名な松田優作さんより「気が短くて俳優に向いていない」(桃井かおりさん、談)性格だったそうです。なんか意外ですね。

今でこそ「相棒」の杉下右京のイメージが強い水谷豊さんですが、当時の伊藤蘭さんは水谷さんの男らしいところに惹かれたのかもしれませんね。

sponsored link

伊藤蘭はケリーから水谷豊を略奪したのか

引用:google

翌年の1983年、「事件記者チャボ」でも共演した二人。この時のキャスティングについては、水谷豊さんが「伊藤蘭さんを指名」したそうですが、この頃から二人はお互いを意識しあっていたのかもしれません。

引用:google

ただしその頃、水谷豊さんは「熱中時代・刑事編」で共演したアメリカ人の女優「ケリー・マッケンジー」さんと国際結婚したばかりでしたが、二人の結婚生活は長く続きませんでした。

そんなときに「事件記者チャボ」でヒロインとして共演した伊藤蘭さんに対し、水谷豊さんはビビビときてしまったのでしょうね。

「手を握り合ったり、一緒に帰るのも多かったり」という証言が共演者から出ていたこともあり、二人の関係はこれを機に急接近したことがわかります。

伊藤蘭と水谷豊の交際は不倫だった?

引用:google

1982年の結婚後わずか半年で、水谷豊さんは妻ケリーさんとの不仲が報じられました。

ただその間も、伊藤蘭さんとの関係はますます強くなり、プライベートでの交際も目撃されるようになります。

水谷さんとケリーさんは東京ーLA間の遠距離別居生活だったため、関係修復の見込みも立たない状況だったことも、ふたりの“秘密の関係”を続ける理由に繋がったのでしょう。

引用:google

そして1986年に水谷豊さんとケリーさんの離婚が確定すると、所属事務所は二人の交際の事実を認め、1987年水谷豊さんは「再婚の意思もある」と発表。

2年後の1989年に二人はついにハワイで挙式と結婚を発表され、晴れて夫婦となったわけです。

水谷豊さんは礼節に厳しく、曲がったことが嫌いな性格だそうですが、二人の関係が「不倫略奪愛」として世間の非難を受けないように、当時はものすごく気を使ったそうです。

晴れて結婚に漕ぎつけた二人は家族共演するなど芸能界きってのおしどり夫婦として有名で、1990年に生まれた長女の趣里さんも女優デビューするなど、仲良し芸能一家としてさらに注目されています。

error: Content is protected !!