女優・俳優

Foorin新津ちせの父親は新海誠!母親も女優でパプリカはコネ?画像

母親に抱っこされる新津ちせ

小中学生ユニット【Foorin】で可愛らしいダンスを踊る子役・新津ちせさんの父親が、実は映画『君の名は。』『天気の子』知られる新海誠監督ということをご存知ですか?

母親の三坂知絵子さんは女優でありながら東京大学大学院を卒業した才女で、新津ちせさんはすごい両親の間に生まれていたんですね!

そんな有名な両親をもったせいなのか、「パプリカ抜擢はコネだったの?」という心無い声もあるようですが・・・

Foorin新津ちせの父親は映画監督の新海誠

新海誠監督

新津ちせさんの父親は、アニメ映画『君の名は。』で世界的にも有名になった映画監督の新海誠さんです。2人が親子であるということが世間に知れ渡ったのは、2017年3月の映画『3月のライオン』公開間近のタイミングでした。

新海誠監督は娘の新津ちせさんとの関係を一切公開はしていませんでした。なぜ二人の関係が公になったのでしょうか?

新津ちせ

きっかけは新津ちせさんが出演した映画「3月のライオン」の撮影が終わった打ち上げの二次会の席で、出演者やスタッフとのやり取りの間で発覚したそうです。撮影が終わるまでは一切そういった話もなかったそうなので、共演者は鳥肌が立ったでしょうね笑

父・新海誠と名字が違うのはなぜ?

新海誠と新津ちせ

2人は親子でも芸能活動における名字が違います。どちらかが芸名、ということになるんですが、新海誠さんの「新海」は実は芸名で、本名は「新津 誠」というんですね。

なぜ新海誠さんが“ペンネーム”を使ってるかという理由には、新海誠さんの父親の会社の存在があるからかもしれません。

新海誠の父親

長野県に明治42年から3代続く「新津組」という老舗の建築会社があります。年商70億円のゼネコンの経営者・新津正勝さんが新海誠さんの父親です。

大学卒業後、家業を継がず「イース シリーズ」で有名なゲーム会社『日本ファルコム』に就職した新津誠さん。「新津の名の恩恵は受けない」という決意と覚悟から、「新海」と名乗るようになったそうです。

そしてまた、有名なアニメーション作家であり映画監督となった自分の「名の恩恵は受けさせない」という理由で、娘の新津ちせさんを「本名」で芸能界にチャレンジさせたんですね。

sponsored link

Foorin新津ちせの母親は女優の三坂知絵子

三坂知絵子
三坂知絵子のプロフィール

名前:三坂 知絵子(みさか ちえこ)
生年月日:1977年8月7日
出身地:山口県下関市
血液型:A型
所属事務所:有限会社ブレス

新津ちせさんの母親、新海誠さんの奥さんは女優の三坂知絵子さんです。和服姿がとてもお似合いですね。

あまり有名な映画には出演していない三坂知絵子さんですが、SM小説家のパイオニア“団鬼六”の舞台作品「花と蛇」で緊縛やヌーディなシーンを体当たりで演じ、“業界で三坂知絵子を知らないものはいない”と言われるほど、まさに知る人ぞ知る名女優。

三坂知絵子 花と蛇

現在は自身も映画をプロデュースしながら現在は新海誠監督の裏方仕事をこなしつつ、女優としても現役でバリバリ活躍されているすごい人。

新海誠さんと三坂知絵子さんの馴れ初めは、「メディア学者・アニメ評論・映画論」に精通した、東京大学名誉教授の浜野保樹教授(2014年逝去)の引き合わせによるものだそうです。

三坂知絵子さんは新海誠さんの4歳年下。お互いに映像作品を創造するクリエイターということで、交際に発展したのも納得の理由ですね。

三坂知絵子は東大大学院卒の才女

三坂知絵子

三坂知絵子さんの学歴は、高校から大学院まで一貫して「エリート」と呼ぶにふさわしい人生を辿っています。

  • 山口県立下関西高等学校(偏差値68)
  • 早稲田大学第一文学部演劇映像専修
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学専攻の修士課程

アメニティ科学、メディア環境学など科学的見地から演劇・映像作品を追求しているだけでなく、社会学者の宮台真司氏の秘書を務めることもあったそうです。

「噂の真相」という雑誌にコラムを寄稿するライター業の経験など、女優としてだけでなく高い教養と知性をもつ人物であることが伺い知れます。

sponsored link

新津ちせは親のコネでパプリカに抜擢された?

新津ちせ

これだけ偉大な両親をもっていることから、彼女の活躍に「親の七光り」「コネ」という悪印象が広まってしまうのもわからなくはないのですが、彼女の活躍は新海誠さんとの関係が知れ渡る前から始まっています。

新津ちせさんは2歳の頃から、母の三坂知絵子さんのすすめで劇団ひまわりに所属し、子役として活動を開始しています。

2017年に親子関係が明るみになるまで、舞台2作品、映画6本、TVドラマ3本、CM4本の華々しい出演歴は全て新津ちせさん本人の努力によるもの。

例えば、2015年のauのCM「もう一つの鬼退治」ではアフレコで声優としての仕事を。

2017年の映画「3月のライオン」も親の名前を出さずに自力でオーディションを勝ち抜いた結果の出演でした。

新津ちせさんが2018年にNHKの「2020応援ソングプロジェクト」として、小学生5人による音楽ユニット「Foorin」に参加した理由は、もちろん父・新海誠さんとの話題性が無かったわけではないと思います。

新津ちせ

「コネも実力のうち」という言葉もある通り、ただでさえ席の少ない子役の熾烈な争いを勝ち上がっていく上で人脈は非常に重要です。しかし、その周囲の期待とプレッシャーの中で実力を発揮し成功にたどり着くことは、誰にでも出来ることではないはずです。

error: Content is protected !!