女優・俳優

【画像】芳村真理の若い頃がマネキンモデルに?ピカソが愛した美女の現在

芳村真理

「夜のヒットスタジオ」で名司会者として活躍した昭和のスター、芳村真理さんをご存じの方は、もうあまり多くないのかも知れません。

現在、御年84歳の芳村真理さんは、若い頃はモデル・女優としても活躍していた時代がありますが、その半生において、

  • マネキンのモデルになった元祖
  • 天才・パブロ・ピカソに求愛された伝説
  • 女性タレントで最初にミニスカートを着た

という数々の伝説が語り継がれています。

そんな芳村真理さんの若い頃から現在に至るまでのエピソードを画像とともにご紹介します。

昭和の名司会者・芳村真理の経歴

芳村真理
芳村真理のプロフィール

名前:芳村 真理(よしむら まり)
本名:大伴 稲(おおとも いね、旧姓吉村))
生年月日:1935年4月3日(84歳)
出身:東京都中央区日本橋
血液型:AB
職業:現在は森林活動家・会社経営者
活動期間:1955年 ‐
結婚歴①ミッキー・カーチス(1962 ‐ 1964年)
結婚歴②大伴昭(1968年 ‐ 2018年 )

東京の農家の娘として育った芳村真理さんは、高校卒業後、都内のデパートに就職しOLとして働いていました。

その後1955年頃、20歳の時に芳村真理さんは銀座のモデル事務所に所属します。

芳村真理21歳ごろの芳村真理

身長160cmながらその艶めかしい顔立ちと魅惑的なスタイルで、芳村真理さんはすぐにモデルとして頭角を現しました。

特に「美人」の既成概念を打ち破った「ファニーフェイス」の代表格となったことは、戦後間もない当時としては革新的だったのです。

sponsored link

“ファニーフェイス”として愛された芳村真理の若い頃

「funny face」は直訳すると“面白い顔”という意味ですが、これは「個性的で魅力的な顔立ち」という和訳が正しい意味になります。

芳村真理芳村真理21歳頃の写真

価値観が多様化した現代においてはあまり馴染みがありませんが、60年以上も前の昔は、「美人と言ったらこんな顔」という固定された価値観にしか美を見いだせなかった時代。

芳村真理さんのルックスは当時としては個性的だと思われていたんですね。

オードリー・ヘップバーン

そもそも、「ファニーフェイス」の始まりは、“エラの張った顔、少年のような太い眉”が特徴的な世界的女優・オードリー・ヘップバーンを元祖としています。

あのオードリー・ヘップバーンの外見を素直に「美しい」とは思えなかった時代があったなんて、今の感覚では到底理解の及ばないところですが・・・

芳村真理

オードリー・ヘップバーンの6歳年下である芳村真理さんが日本初の「ファニーフェイス」と呼ばれたのは、そんな時代の流れが彼女に味方をしたのでしょう。

“時代”に愛されたモデル・芳村真理

芳村真理

当時を振り返って、芳村真理さんは雑誌のインタビューにこうコメントしています。

「私はいつも、その時代に流れてきたものをやってきただけ。いろんな時代が目の前を通り過ぎて、私は川岸からピョンとのったら、うまくはまっていっしょに流れてきた感じ。」

「時代に、ピッタリはまったんだと思う。戦争が終わって10年近くたって、やっと髪形を気にする余裕が出てきたんです。」

「それまでのモデルは長身で8頭身だったけど、普通の体形のモデルが必要とされた時代の流れが来ました。」

引用:AERA dot.

モデルとしては低身長の部類に入る160cmの芳村真理さんのスタイルは、これまで庶民にとって「雲の上の存在」だったモデルのイメージを打ちこわし、世の女性たちにより身近な存在としてアプローチすることに成功しました。

こうしてモデルとして人気が出た芳村真理さんは、その後初司会を務めた「ヒットパレード」という番組で司会者としての才能を発揮し、テレビの世界でも一躍人気を獲得。

夜のヒットスタジオ山口百恵が現役だった時代です

その後は女優業にも挑戦しつつ、「夜のヒットスタジオ」「料理天国」「FNS歌謡祭’77〜’86グランプリ」などヒット番組の司会業を務め上げた芳村真理さん。

当時は黒柳徹子さん、うつみ宮土理さんらと人気を三分し、お茶の間の人気者として活躍しました。

芳村真理にとって古舘伊知郎は「僕ちゃん」扱いだった

Youtubeで、「夜のヒットスタジオ1000回記念の動画」がアップされています。
ここでは全盛期だった芳村真理さんのMCの姿を見ることが出来ます。

今は大御所ジャニーズの田原俊彦さんや、小泉今日子さんの初々しい姿(~5:30頃)を始め、現在スターと呼ばれている人たちの30年以上前の姿を見ることが出来る貴重な動画です。CMだけでも見る価値があると思います・・・!

現在は大御所アナウンサーになりつつある古舘伊知郎さんも、芳村真理さんの前では「頼りないボク」みたいな扱いってなんか斬新ですよね。

男性社会色が強かった当時、女性は番組アシスタントとして出演するのが“常識”と思われていた中で、芳村真理さんは「女性でメインをはれる司会者」の先駆者として時代を切り開いた功労者と言えるかもしれません。

芳村真理と古舘伊知郎「時間が立てば終わるのよ」と古舘を励ました芳村

音楽番組「夜のヒットスタジオ」が20年間に渡って1000回放送が終わるまで一度も交代しなかったことからも、芳村真理さんのその溌剌とした司会進行がいかに愛されたかを物語っているような気がします。

sponsored link

芳村真理の顔がマネキンモデルの元祖?

一説によると、1960年代にデパートに置かれていたマネキンは全て、芳村真理さんをモデルにした、という話があります。

芳村真理

wikipediaの芳村真理さんのページには、

芳村真理と同じ顔をしたマネキン人形は数十年にわたって大量に作られ、全国のデパートやブティック(洋品店)で多く見られた

引用:wikipedia

という文言が冒頭に記載されています。

しかし、この部分については「要出典」と追記されており、由来は明らかになっていません。

マネキン=芳村真理?1960年頃のマネキン。確かに似てるかも

加えて、ネット上の情報でも芳村真理さんと1950年~60年代のマネキンとの関連性を見出すことは出来ず、この情報に関してはいささか疑問が残るところです。

ただ、1950年代から当時石膏で作られていたマネキンが、FRP樹脂製のマネキンに進化した過渡期でもあったことや、当時ファッション業界を牽引したモデルに芳村真理さんがいたこと、どことなく雰囲気が似ているんじゃないか、という感覚から、その噂が流布されたのかもしれませんね。

芳村真理は若い頃ピカソに求愛された伝説がある

芳村真理日本で初めてミニスカートを履いたタレント

2018年4月に芳村真理さんが出演したバラエティ番組「行列のできる法律相談所」で、若い頃芸術家のパブロ・ピカソにキスされた、という仰天エピソードを語っていました。

関連画像パブロ・ピカソ近影

「カンヌの映画祭に行ってたんですよ。中華屋さんで監督たちと一緒に食べてて、向こうに10人ぐらいのグループがいて、それがピカソのグループだったんです

そのグループが先に帰って行ったの。私たちの前を通って『さっきは失礼』って言って。

私たちは、ピカソに会いに行こうってなって表に出たんです。カンヌの表通りで、ピカソが私の方を向いて、手を取ったの。

それで(手の甲に)キスしたの。その時『先ほどからあなたを見ていて失礼しました』って言われた」

芳村真理さんがカンヌ映画祭に参加したのは、ピカソが撮影に協力した映画「ミステリアス・ピカソ/天才の秘密」が公開された時期の1956年頃だと言われています。デビューして間もない頃ですね。

芳村真理

確かに、日本人離れした芳村真理さんのルックスは、どちらかというと外国人好みの顔立ちなのかもしれません。

芳村真理

情熱の国スペインに生まれた稀代の芸術家パブロ・ピカソは、年老いてもなお情熱的だったということもわかってしまう稀有なエピソードですよね。

sponsored link

芳村真理の二人の旦那が凄すぎる

芳村真理

芳村真理さんはその人生において、1度の離婚と2度の結婚を経験しています。

一人目の夫は現在も現役で活躍している有名俳優、二人目は誰もが知る超有名ブランドの社長を務めていた人物です。

芳村真理の一人目の旦那は俳優ミッキー・カーチス

「ミッキー・カーチス」の画像検索結果

ザ・ヒットパレードでの共演をきっかけに、1962年に結婚した芳村真理さんとミッキー・カーチスさん。その結婚生活は、わずか2年破局を迎えてしまいます。

2人の間に生まれた息子は「大友 修」さんという名前でかつては俳優として活動していたそうですが、現在は引退し会社員をしているとのこと。

ミッキー・カーチス中央の老俳優がミッキー・カーチス老

ちなみにミッキー・カーチスさんは80才を超えた現在もバリバリ役者として映画にテレビに引っ張りだこです。

2018年には石原さとみさん主演のドラマ「アンナチュラル」に、映画では2019年「9月の恋と出会うまで」に出演しています。

芳村真理の二番目の旦那・大伴昭は実業家

大伴昭

芳村真理さんが1968年に再婚された夫の大伴昭さんは、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学卒業のスーパーエリートです。

そして職歴もまた凄まじく、カメラメーカーのキヤノンやコカ・コーラのマーケティング部門で実力を磨き、やがて日本ポラロイドの社長や会長職を歴任、最終的にはカルティエ・ジャパンの日本支社長を務めたほどの敏腕経営者です。

2018年、惜しくもこの世を去られるまでの10年間、大伴昭さんは認知症を患われ、芳村真理さんはその介護を献身的にやり遂げたそうです。

芳村真理の現在は何をしている?

芳村真理

芳村真理さんは1992年に芸能活動をセミリタイアし、現在は芸能活動はわずかで、会社経営者としての仕事をメインとされているようです。

その活動は美容・宝飾関係の会社経営だけに留まらず、森林保護活動やNPO法人・政府系機関など多岐にわたります。

芳村真理が携わった代表的な事業
  • 森林の育成などをテーマとする「MORI MORIネットワーク」
  • ミキモト取締役(現在は同社顧問)
  • コスメティック・カウンセリング会社の取締役
  • 林野庁林政審議会委員
  • (財)福澤記念森林会理事

単なるテレビMCとしてではなく、芳村真理さんの社会貢献への強い関心と行動力こそが、カルティエ・ジャパン日本支社長という超がつくエリートの夫、大伴昭さんと結びつけた結果だったのでしょう。

error: Content is protected !!