歌手・アイドル

YOASOBI【LIVEの歌下手問題】本当の理由は環境or声量?4つの視点で考察してみた

2019年に「夜に駆ける」が爆発的ヒットして以来、YouTubeだけでなくメディアでも大人気のYOASOBI

2021年にはライブを開催したり紅白歌合戦には2年連続出場するなど、ますます人気ですよね!

そんな人気急上昇中のYOASOBIが、実は「ライブの生歌が下手」といわれているんです。

YOASOBIといえば、Ayaseさんが作るアップテンポの曲をサラッと歌いこなしているikura(生田りら)さん。

なんで「生歌が下手」といわれてしまうのか、4つの視点からまとめてみたいと思います!

歌下手といわれたのはライブの環境が原因?

2021年の12月4日と5日に初ライブを開催したYOASOBI。

YOASOBI

2019年にデビューしてからわずか2年で、日本武道館で初ライブができるなんて本当にすごいことですよね!

しかし、この初ライブが「歌下手」といわれてしまった理由なんです。

ikuraさんの生歌を聞いてみると、確かに音程が少し外れていたり声があまり出ていなかったりするところがあるんですよね。

ライブ映像をみた視聴者から、「生歌下手」という辛口コメントが・・。

ですが、生歌下手というコメントは、実際にライブに行った人ではなくライブ映像をみたコメントが目立っている傾向です。

実際にライブを見に行った人は、

ライブの生歌が上手すぎる!とのコメントが多い気がします。

ライブを生でみるのと配信を視聴するのとは違うようで、環境のせいあるのかもしれませんね。

ライブ収録の場合は、ライブコンサートを実施する会場をベースに、演出コンセプトや具体的なセットリスト、コンサートの開催規模・形態などすべてを検討し決定した上で、音響・照明機材、特効や舞台セットなどの大道具に至るまでを誂えて本番に向けて構えます。

【引用元】Quora

つまり、ライブの生歌をそのまま臨場感たっぷりに視聴することはそもそも難しいということ。

そして、ライブというのは生歌を聴くだけでなく臨場感を楽しむものですもんね!

ikuraが歌ヘタといわれるのは声量のせい?

Ayaseさんが作る難しい曲をサラッと歌い上げてしまうikuraさん。

YOASOBI

ikuraさんの歌声は透明感があって、キレイで惹きこまれちゃいますよね。

透明感がある分、声量が弱く感じるということになってしまうのかも。

ライブではマイクの音は大きくても、声量がないとたくさんの歌を歌い上げることは大変ですよね。

出演を促し受け入れる番組は、オーティストの密着ライブ特別番組でない限り、そのアーティストのために誂えたスタジオの音響システムではなく、通例の番組の機材リストにアーティストによって追加される機材となります。

また、オペレーターさんもツアー付きではなく、番組専属のミキサーが付ことになります。更に、スタジオ出演の場合は、スタジオ内での事故防止のために音声モニターの音量やスピーカーの数も必要最低限です。

【引用元】Quora

歌が下手に聞こえるのは、スタジオとは違う難しさもあるのかもしれません。

ikuraさんのスタジオでの声量はこちら↓↓

オーケストラやコーラスと一緒に歌うと声が小さく聞こえるところが、確かに声量が弱い感じもします。

歌下手といわれる原因は、ikuraさんの声量のせいということもありそうですね。

ですが、この透明感のある歌声がikuraさんのよさなんだと思います。

歌声ばかりが響くのではなく、Ayaseさんのサウンドやオーケストラと一体化している感じがまたいいですよね!

ボーカルのikuraとして常に思っていることは“自分の歌声は自分のものである”っていうこと。それは(YOASOBIでは)自分の書く曲ではないので受動的になりがちなんですけど、でもちゃんと“自分が”物語を拾い上げた上で、“自分が”いつもその歌声にいつも感動していたいなっていう気持ちはあります。

【引用元】 Yahoo!ニュース

ikuraさんは自分の歌声をとても大切していて、気持ちも大切にして歌っているんですね!

Ayaseの作る曲がムズすぎ問題

YOASOBIの歌をカラオケで歌ったり、口ずさんでみたことがある方はご存じかもしれませんが、YOASOBIの曲って激ムズすぎませんか?

 

「夜も駆ける」なんて最後まで歌うのが耐久レースのようで、かなり体力消耗するばかりか、口がまわらなくて噛んじゃうなんてことも。

早口言葉並みのYOASOBI・Ayaseさんの音楽ですが、ikuraさんが歌っていると難しく感じないんですよね。

YOASOBIの結成

YOASOBI

YOASOBIは、小説投稿サイトのmonogatary.com(モノガタリドットコム)がAyaseさんに「小説を音楽にするユニット」をやりたいというところから始まったんだとか。

ikuraさんは、2017年から「ぷらそにか」のメンバーとして活動しているシンガーソングライター。

インスタでikuraさんの弾き語り動画を発見したAyaseさんが、ikuraさんにオファーしたんだそうですよ!

Ayaseさんがikuraさんを選んだ理由は、声が好みだったから

そんなこといわれたら照れますけど、いわれてみたい・・。

歌手として声が好きといわれるのは、ikuraさんもうれしいでしょうね。

ikuraさんがオファーを受ける形で、2019年にYOASOBIが結成されました。

Ayaseが作る音楽って?

YOASOBIの音楽を作り続けているAyaseさんは、ボカロ曲を作るボカロPなんです。

Ayase

『ボカロとは』

メロディーと歌詞を入力することで、サンプリングされた人の声を元にした歌声を合成したもの

Ayaseさんは、初音ミクなどを使って作曲しているそうですよ!

人の声ではなく人工の声で曲を作っていることもあって、人が歌うと難しく感じてしまう楽曲が多いということみたいですね。

2021年12月12日放送の「情熱大陸」にYOASOBIが出演したときに、Ayaseさんが作る曲が息継ぎができないという問題があったようで。

Ayaseは幾田とスタジオでやりとりし、息つくひまを与えない歌詞について「息継ぎのポイントとかも、歌い慣れてくると多少変わってくるから」とした。「はー…」と相づちを打つ幾田に、Ayaseは「のどの無理をさせない程度にちょっと頑張ってもらって…」と指示。幾田は苦笑いして「はー…」とAyaseの言葉に応えた。

【引用元】いまトピランキング (goo.ne.jp)

確かに、裏声も使ったミックスボイスが必要な歌が多いうえに、アップテンポな曲が多いんですよね。

世間でも息継ぎ問題は気になっているようで。

ライブだと動きながら何曲も難しい歌を歌い続けているわけですよね。

ただでさえ難しい曲を歌いこなすikuraさんの歌唱力はすごすぎます!

LISAも認める難しさ

鬼滅の刃の主題歌「紅蓮華」や「炎」で爆発的ヒットを記録したLISAさん。

LISA

Ayaseさんが作曲した「往け」という楽曲を歌っているんですが、これがまた難しいようで。

「繊細なメロディで託していただいたことをすごく幸せに思うと同時に、いつもこれを歌っているのかとikuraさんを改めて尊敬しました」と、「往け」の難易度が高いことを示唆。

【引用元】 (musicvoice.jp)

表現力高く「炎」など素人では難しく感じる曲を歌っているLISAさんでも、Ayaseさんの楽曲は難しいんですね。

このメロディを歌い続けてるikuraさんはすごいなと思いました。

──さらっと歌っているように聞こえるだけに。

信じられないですね。難しい。私はついアクセルをベタ踏みしたくなっちゃうタイプで(笑)、でもそうすると最後までたどり着けないんですよ。ちゃんと計画を立てて歌いこなしていかないと走り切れない。

【引用元】(natalie.mu)

Mステ35周年スペシャルで「往け」を披露したときも、ikuraさんはすごいとコメントしていたのですが、インタビューでもikuraさんについて語っていました。

Ayaseさんの楽曲は、最初から最後まで気を抜けませんよね。

ikuraさんのライブ歌下手問題は、Ayaseさんが作る曲はもともと難しいせいもあるのかなという感じがします。

YOASOBIはライブではなく配信でバズってる

そもそもYOASOBIがバズったのは、2019年11月19日に公開した「夜に駆ける」のミュージックビデオがきっかけでした。

YOASOBI

公開からわずか5ヶ月でYouTubeの再生回数が1000万回を突破して、現在も1億回を突破している爆発的ヒット!

つまり、生歌ではなく配信から支持されているということ。

YouTubeなどの配信では、ikuraさんの透明感ある歌声は大きくてしっかり聞こえてきます。

YOASOBI

ライブとなるとそのままの生歌を聞くことになるので、声量弱い?となってもおかしくなさそう。

ライブで歌下手に聞こえたのは、配信で聴くikuraさんの歌声に世間が慣れすぎていた可能性もありそうですね!

YOASOBIの「歌下手」問題は、ライブという配信とは違った環境だったことが原因かもしれませんね。

YOASOBIはAyaseさんが切実なテーマをビビッドな旋律に乗せ、ikuraさんが一度聴いたら忘れられない澄んだ声で奏でているのが魅力。

Ayaseさんの作る曲もikuraさんの歌声もとてもかっこいいんですよね!

これからのYOASOBIの活躍も楽しみです!