俳優

高橋一生が森川葵と破局の真相は?理由と残念な性格エピソードとは

俳優、声優として今第一線で活躍されている高橋一生さん。

あっさりした顔立ちと優し気なスマイルが女性のハートをつかんで離さない・・・

と評判ですが、反面、女性との交際はオープンで過去の女性遍歴などもネットではたくさん取り上げられています。

過去には尾野真千子さんや田中麗奈さんなど、名のあるベテラン女優の名前が挙がり、最近ではセブンティーンモデルの森川葵さんとの熱愛が報じられましたが、週刊誌で”熱愛”と”破局”を報じられた後に、なぜかテレビでまた”熱愛”の報道・・・

復縁した?それとも・・・?

この記事では、俳優・高橋一生さんが森川葵さんと破局した理由とその真相、恋愛が長続きしない残念な性格のエピソードについて掘り下げていきます。

高橋一生が森川葵と破局って本当?

高橋一生さんについて昨年、“歳の差15歳”の女優・森川葵さんとの熱愛報道をフラッシュがスクープしています。

しかし残念なことに、その年の秋ごろに二人は「破局した」と報じられています。

交際していた俳優の高橋一生(38)と女優の森川葵(23)が破局したことが5日、分かった。

スポニチ本紙の取材では15歳差カップルの別れは、昨年秋頃に訪れた。既に友人や近い関係者に報告を済ませている。原因は、互いに多忙で一緒に過ごす時間をつくれなかったこと。友人は「会う時間が徐々に減り、自然な流れで別れることになったそうです」と明かした。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/06/kiji/20190105s00041000285000c.html

それが今になって、テレビで”熱愛”報道。

二人は復縁したのでしょうか?

 

うーん、私にはそうは思えないんですよね。
確かに復縁するカップルというのもいなくはないんですが。

お二人は2016年に共演したドラマ「プリンセスメゾン」で出会い、2017年1月に再度
「A-Stadio」の番組で、高橋一生さんの大ファンである森川葵さんの大胆なアプローチによって交際が始まった、と言われています。

これまで熱愛が報じられた尾野真千子さん(37歳)にしろ田中麗奈さん(38歳)にしろ、どちらも年齢は高橋一生さんとほぼ同年代。

それに比べて森川葵さんは1995年生まれの23歳と、1980年生まれの高橋一生さんと15歳も年が離れています。

年齢差なんて関係ない、という意見も否定はしませんが、破局から再度熱愛を報じられるまでの間に、「多忙を極める売れっ子の二人」が、すれ違いで冷めていった感情を元に戻せるほどの、密度の高い時間を新しく作り出せたとも思えません。

sponsored link

いまさらの”熱愛”は話題作りに再利用されたのかも

個人的な考えですが、今回のテレビの報道は、3月に公開される映画「九月の恋と出会うまで」の話題作りなんじゃないかと勘繰ってしまいます。

とにかく番宣でバラエティやワイドショーを駆け回っている製作サイドにとって、”映画に繋がる話題”を放っておく手はないでしょう。

そういう意味で、二人の過去の熱愛は大人の事情によって「利用された」のではないかと考えてしまいます。
要は「高橋一生」という名前が話題になりさえすれば何でも良い、それが映画の宣伝にもなるだろうと。冷酷なようですが、売上や利益が絡めばビジネスとは個々人のプライバシーを犠牲にすることだってあるかもしれません。

また、若い森川葵さんには、”変わり者”としても知られる高橋一生さんの性格や日常生活についていけなかった、という理由もあるのでは?とも思います。

高橋一生さんには、「その辺のイケメン男子」とはあまりにかけ離れた習慣や奇行である意味話題になっている人であり、それを理解するには女性側にもかなりの包容力や理解が必要となるだろうこと明白です。

じゃあ破局の理由は高橋一生さんの性格のせいなのか?

次項でさらに掘り下げてみましょう。

sponsored link

高橋一生が森川葵と破局した理由は性格のせい?

ドラマや映画では知的でクールな役を演じることでも知られる高橋一生さんですが、実際の本人の性格は自他ともに認める”変わりもの”だそうです。

2017年に高橋一生さんが出演された「おしゃれイズム」では、友人の森山未來さんに「笑顔が狂気じみていると未來に言われたことがある」とコメント。

また、高橋さん本人も、「仕事の時間が決まっているのに、友人との約束を平気で破ってしまったり、ブッキングしてしまうことがある」と番組のインタビューで答えているように、どこか「世間一般」と異なる常識の中で生きている方のようですね。

高橋一生は「夢中になると周囲が見えなくなる」性格?

高橋一生さんの性格を表すエピソードで、

『小学校の時付き合っていた子に、良かれと思って「ヒゲが生えてるよ」と教えてあげた。感謝されるかと思ったら、ビンタを食らい「最低!」と罵られた』

という話があります。
子供の頃は確かに、男女ともに変化する身体に知識が追い付いていなかったり、気持ちを推し量るコミュニケーション能力が未発達だったりすることでそう言った失敗を犯すこともあるかもしれません。

もうひとつは、

『失礼なこととはわかっていても、僕はあんまりそういうのは気にしないので女性に「いくつですか?」と悪気無く年齢を聞いてしまう』

これがいつの話かはわかりませんが、もしかすると高橋一生さんは、「興味や関心の追求」が最優先事項で、女性に対するデリカシーや気遣いは二の次と考えてしまう傾向があるのかもしれません。

もちろん、異母兄弟の長男として、青春時代を非常に苦労されたという過去もあり、面倒見のいいところや思いやりにあふれた性格も高橋一生さんを表す一面であることは間違いありませんが・・・。

役に入り込み過ぎて私生活に支障をきたしている?

あるいは破局の理由は「俳優病」なのかもしれないと思います。

高橋一生さん自身、自分の性格を“没入しやすい性格”と認めているあたり、役に入りすぎて日常生活に支障をきたしてしまう、役を引きずってきてしまうこともあるのではないかと。

2015年にドラマ「民王」でブレイクし、今も第一線で映画やドラマ・舞台で多忙な高橋一生さんが、これまでの体験から“何を最優先とするか”を推察してみると、現時点ではその延長線上に「恋人」という存在はいないんじゃないかなぁ、と思うんです。

森川葵さんの男性遍歴の凄まじさを忘れてはいけない

それとは別に、森川葵さんはセブンティーンのモデルとして今人気急上昇中のタレントで、何よりも男性遍歴が凄まじいですよね。

過去の熱愛が報じられたお相手は「関ジャニ∞の錦戸亮さん」「菅田将暉さん」「中川大志さん」「Hey! Say! JUMPの知念祐希さん」などなど、ジャニーズだろうとイケメン俳優だろうとお構いなし、圧巻のトロフィーを飾っています。

“狙った獲物は逃がさない”森川葵さんの恋愛テクニックには、大抵の男性が「完落ち」してしまうだけの実績があることも忘れてはいけませんよね。

sponsored link

高橋一生の”変人エピソード”をまとめてみた

最後に、“変わり者”高橋一生さんが、どれだけ変わっているのかを表すエピソードがありましたので、簡単にご紹介します。

「トイレ掃除は素手が一番きれいになる」

素手で掃除、という話は別段珍しいことでもないかもしれませんが、「しゃべくり007」に出演して観客や共演者のドン引きしたポイントは、「素手で雑巾などを使って」汚れを取るのではなく、「素手で汚れを取る」というところ。

毎日ピカピカに清掃していても、さすがにこれには共感を得るのは難しいでしょう。いくら祖母の教えとは言え、その価値観を受け入れることができる人が世の中に一体どれだけいるでしょうか。

「隙があると瀬戸康史のヒップを触る」

「おしゃれイズム」に高橋一生さんと俳優の瀬戸康史さんが出演された時のお話。

この二人は「兄弟のように仲が良い」ことでも知られていますが、あまりに仲が良すぎるのか、

「普段はおしりをさすってくる。コミュニケーションのひとつとして」と瀬戸康史さん。
それに対して高橋一生さんも「かわいいんですよ。かわいいから、ちょっとついうっかり」とコメントしています。

微笑ましいエピソードではありますが、あまり俳優さんでそういう関係のエピソードは聞いたことがないだけに、独特なコミュニケーションの取り方がちょっと気になりました。

「実はキス魔」という岡田准一さんの暴露話

V6の岡田准一さんが、高校時代からの大親友の一人として非常に深い仲であることはファンの方には周知の事実ですが、

「昔よくキスされた」という岡田さんに対し、

「岡田さんとは、基本マウス・トゥー・マウスです」とコメントした高橋一生さん。

瀬戸康史さんとの関係といい、岡田准一さんといい、高橋一生さんには「同性愛」の気もあるのでは?と感じられて仕方がないエピソードが続きますが、実際のところはどうなんでしょうね。

じゃれて仲が良い、と好意的に見て留めておくぐらいがちょうどいいのかもしれませんが。

 

しかしながら、芸能界、こと俳優という職業は「個性がすべて」の世界でもあるので、高橋一生さんに関してはむしろこのまま突っ走ってオンリーワンの風景を生み出していってほしいとも思います。平凡が美徳とは限りませんしね。

sponsored link

高橋一生が森川葵と破局?理由についてまとめ

以上、高橋一生さんと森川葵さんの破局理由と、再度浮上した“熱愛”について自分なりに掘り下げてみました。

昨年熱愛が話題になり一度は結ばれた二人も、秋には破局を報じられていた。その後半年も経って今さら“熱愛”を話題にするのは映画の番宣に利用されたのではないかということ。

真相は当の本人たちしか知らない、と言えば身も蓋もありませんが、高橋一生さん、森川葵さん双方の恋愛遍歴や性格について調べていくうちに、「復活」は無いのでは?と思えるんですよね。

ともあれ、高橋一生さんはまだブレイクして3年ほど。
俳優として安定するのはまだ先のことだけに、今はとにかく役者として駆け抜ける姿を見守っていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!