歌手・アイドル

清塚信也の母親は韓国人?ピアニストの教育エピソードがエグい!

ピアニスト、俳優、ラジオパーソナリティなど、マルチな活躍で話題の清塚信也さん。

「のだめカンタービレ」や「コウノドリ」などドラマ作品への楽曲提供やドラマ・映画でのピアノの演技指導なども評価が高く、その活躍ぶりはピアニストの垣根を超え新たな境地を日々広げていっています。

そんな清塚信也さんが子供の頃に受けた、母親からのスパルタ教育のエピソードは凄まじいものでした。

息子を一流ピアニストに育て上げた母・順子さんの教育哲学について掘り下げました。

清塚信也の母親は韓国人

清塚信也
  • 名前:清塚信也 (きよづか しんや)
  • 生年月日:1982年11月13日
  • 出身地:東京都
  • 学歴:桐朋女子高等学校音楽科(共学)、モスクワ音楽院(留学)
  • 血液型:B型
  • 事務所:トライストーン・エンターテインメント

清塚信也さんは、韓国人の母・順子さんと、日本人のお父さんとの間に生まれたハーフです。

所属事務所が今を時めく若手俳優の宝庫・トライストーンなんですね。小栗旬さんや田中圭さんと同じ事務所です。

清塚信也さんは幼い頃に両親が離婚されていて、お父さんについてはほとんど語られていません。物心ついたころには母親の順子さんと、姉の美耶さんの3人家族だったのでしょう。

音楽の世界では、ほんの一握りの才能だけが通ることのできる狭き門をくぐるための環境やレッスン費用、圧倒的な練習量が必要不可欠であると言われます。

清塚信也さんの幼少期について語るには、「子供を絶対に一流にする」ことへの強く固い意志を持った、母親の恐怖のスパルタ教育について触れなければなりません。

清塚信也の母親のスパルタエピソードが衝撃!

清塚信也さんの母親・順子さんは、音楽に関しては経験も知識もない素人だったそうです。

幼い頃、「ピアノやバイオリンをやってみたい」という願望があったものの、母親(清塚信也さんの祖母)から否定され諦めざるを得ませんでした。

その反動や憧れが、「我が子を絶対に音楽で成功させる」という衝動に繋がり、5歳の頃から清塚信也さんに徹底した英才教育を施す動機となりました。

清塚信也さんは幼い頃、姉の美耶さんのバイオリン教室に連れられ、ひたすら音楽を聴かせることで絶対音感を身に着けました。その後、7歳から音楽スクールやレッスンを受け始めます。

清塚信也の母・スパルタエピソード①練習時間がえげつない

例えば朝8時に起きて、12時間後は夜8時。学校はいつ行くの?

1日平均12時間の練習をこなすために、清塚信也さんは子供の頃から学校を早退したり、終わったら寄り道を許されず真っすぐ帰宅して練習漬けの毎日。

練習量が足りない時は学校を休んでまで練習時間を確保するなど、とにかく人生はピアノだと教え込まれてきました。

そのため、「外出して友達と遊ぶなんてもってのほか」だったわけで、当然のんびりゲームなんて許されるわけもなく、外に出られないから小遣いだって必要なくなってしまうのです。

でも、そんな音楽付けの日々も、元来音楽が好きだった清塚姉弟は拒絶反応や反抗はしなかったそうです。

当時を振り返って、清塚信也さんはこうコメントしています。

「音楽は、聴く方だったら楽しめます(笑)」

「音楽を聴いたり、発見したりすることで得られる喜びは感じ取っていましたが、その気持ちに浸っていられるのは5時間以上ある練習のうち、ほんの40分程度でしたね(笑)」

引用元:YAMAHA Pianist Lounge

今でこそ、笑える話ですが、子供時代はさぞかし辛かったのだろうと思います。

sponsored link

清塚信也の母・スパルタエピソード②笑い禁止

笑い禁止とは。

僕だったら「お笑い番組とかが禁止なのかな・・・」と思ってしまいますが、清塚家の笑い禁止は文字通り「笑うこと禁止」です。怖すぎです。

ただし、これはあくまで練習中の話

レッスン中のちょっとしたミスやズレなどを笑ってごまかそうとする清塚少年に、
「笑ったら音符が逃げる」
という持論に基づいて、もっと
真剣に取り組ませるために母の順子さんが課したルール。

「今笑ってたら緊張感がなくなる。笑う前に練習しなさい」
という、心を鬼にした母の一言だったのです。

清塚信也とピアノ

清塚信也の母・スパルタエピソード③睡眠禁止

子供の頃から、清塚信也さんは「朝5時に起きて練習しなさい」と指導されていたそうです。

「人間はいつかずっと寝るんだから、今は起きて練習しなさい」と、厳しい言葉をかけて息子を叱咤しています。普通に考えたら厳しすぎる一言ですよね・・・。

しかし実際のところ、ピアノやバイオリンの演奏家で成功しているプレイヤーのほとんどは、わずか3歳頃からの英才教育が当たり前。

そしてそんな幼少期から「一日8~12時間以上の練習を20年間」というような凡人からは想像もつかない圧倒的な練習量をこなしています。

眠っている間にもライバルたちは猛練習をしている。そのことを、母親は知っていたのでしょう。

子供心を思うと残酷に聞こえますが、それを乗り越えたからこそ音楽家として成功・評価されている清塚信也さんが存在していると言っても過言ではないでしょう。

sponsored link

清塚信也の母親の教育哲学について


過去に「調布わくわくステーション」というラジオ番組で、姉弟へのスパルタ教育についての哲学を語った母・清塚順子さんの音声インタビューです。

インタビューは13分間と結構な時間あるので内容をまとめました。

母親・順子の精一杯の献身

親ゴコロとして、子供を友達と遊ばせてあげられないことに対しては負い目を感じていたそうで、その罪滅ぼしとして「誕生日の時は沢山友達を呼んで沢山料理を作って遊ばせた」そうです。(ただしその時も外遊びは“禁止”)

また、「清塚は早退ばかりで掃除しないのはズルイ」という非難を受けないよう、子供のクラスへ出向いて行って早朝から掃除をしたり、自ら「PTA会長」となって子供や周囲の子供たちに接することで理解を深めようと行動しています。

その間、子供二人をレッスンへ送り迎えしたり、家でも練習したりなど、時間の無い中で母親としてできる精一杯のフォローをしていたようです。

母・順子の子育て哲学・2つの極意

ここまで徹底したスパルタ教育エピソードを実践した清塚信也さんの母親・順子さんの子育にたいする哲学は、

  1. 全てのものに対する憧れを持つ子供に育てる
  2. 温かいご飯とみそ汁

だそうです。
確かにこの2つは、親が子供にしてあげられる最大限の愛の形なのかもしれません。

清塚信也さんの少年時代は、ひたすらピアノのレッスンと、遊べない孤独との戦いだったのかな、と思います。ただ、それを不遇と受け取るのは早計です

清塚信也さんは当時を振り返って、

「僕をプロにしたいという母の意志の強さと勇気はとてもすごいと思います。自分が踏み入れたこともない世界に子どもを行かせようとするなんて、一種の賭けのようなもので、決断力を越えていますね。僕にも2歳の子どもがいますが、同じことは決してできないです。だけど、今となっては母が僕にくれた愛情だと思って受け止め、とても感謝しています」

引用元:YAMAHA Pianist Lounge

確かに、一般の感覚からすると受け入れられない過酷な家庭環境に思えるかもしれません。

清塚信也さん自身、複雑な感情はあるにせよ、当時の清塚親子の血の滲むような頑張りがあったからこそ、結果的にプロの音楽家として活躍出来ていることへの感謝を忘れていません。お互いに揺るぎない信頼関係があったからこその成功だったのでしょう。

 

error: Content is protected !!