歌手・アイドル

中居正広が2019移籍する新事務所はどこ?ジャニーズ独立の今後

2019年7月、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川さんが亡くなり、元SMAPの中居正広さんがいよいよジャニーズ事務所を退所するのではないかと心配する声が上がっています。

中居正広さんの契約更新月は6月。一部では「更新した」と報じられていますが、その真偽はいまだ不明のまま。

「実際は9月に独立するのでは」という見方も強まっていく中、「既に新事務所二社に内定している」とする報道もあり、今後どこへ移籍するのかが注目となりそうです。

また、「新しい地図」の香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんらが所属する「CULENに合流する」との噂は実現するのでしょうか?

錯綜する情報についてまとめてみました。

中居正広が2019年9月ジャニーズ独立の理由と今後

中居正広さんの退所については、2017年、SMAP解散騒動の段階から噂されていました。

その当時は、「元SMAPのマネージャー飯島三智氏と新事務所立ち上げ」をするという可能性もありましたが、結局中居正広さんと木村拓哉さんはジャニーズ事務所に残留。

香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんと飯島三智さんが新事務所「CULEN」を立ち上げ、現在に至ります。

ジャニーズのタレントの中でも、人一倍ジャニーさんを慕っていたのが中居だったからだ。

「SMAP解散のときだって、事務所を離れるのではないか、といわれながらも残った。『ジャニーさんがいるから、事務所に残る』という話をしたとも聞いていますし。

引用:Yahoo!ニュース

中居さんはSMAPの中でも特にジャニー喜多川さんに恩義を感じていたメンバーの一人。1986年から33年以上所属してきたジャニーズ事務所とジャニー喜多川氏は、中居正広さんにとってもはや家族と考えるのも無理はありませんよね。

経営陣のメリー喜多川氏、ジュリー景子氏との不仲

一方で、経営陣のTOPであり、SMAP解散騒動の張本人でもあるジャニー喜多川さんの姉であるメリー氏、姪のジュリー景子氏とはかねてより不仲だったとも。

「中居は飲み屋話で『メリーとかジュリーとか、一体ナニ人なんだよ』などと、よく口にしています。全く経営者と思っておらず、笑いのネタしている。これは御用マスコミなら、みんな知っている話で、メリー氏、ジュリー氏が知らないわけはない。今後、ジュリー氏体制になったときに、中居がはじかれることは必至です」(同・ライター)

引用:めるも

実際に中居正広さんがこのセリフを言ったのかどうか・・・週刊誌やネットニュースの創作なのではないかとも思われる内容ですが・・・

ジャニーズ事務所には「メリー・ジュリー派」と「飯島三智派」、そしてどちらにも所属しない「ジャニーさん派」の3つがあったとされていますが、その3すくみの二つがこれで消滅し、ついにメリー・ジュリー派の独占となったわけです。

中居正広さんのジャニーズ退所の根本的な理由はここにあると見て間違いないでしょう。

sponsored link

ジャニーさんへの追悼コメントを出さなかったこと

ジャニー喜多川さんの訃報が報じられた直後、ジャニーズタレントたちの追悼コメントが続々と寄せられていく中、中居正広さんはしばらく沈黙を守ったまま、コメントがありませんでした。

「何ヶ月前とずいぶん前から、プレミア12は、この日と決まっていた。同じような時期で(ジャニーさんについて)コメントしてしまうと、プレミア12の話題がにごってしまうし、大事なジャニーさんのこともにごってしまう。差し控えさせていただいた」とジャニーさんの“Show must go on”の精神に基づいて、侍ジャパンの発表を優先させたかたちとなったという。

引用:オリコンニュース

ようやくコメントを発表したのは7月13日の「中居正広のニュースな会」にて。

中居正広さんは「世界野球プレミア12」で野球日本代表の「侍ジャパン公認サポートキャプテン」に就任していたため、その宣伝効果に配慮して、という理由で追悼コメントを控えていたそうです。

これについては「あくまでもプロとして職務の全うを優先させた」という、ジャニー喜多川さんの遺志を貫いたのだと受け取れますね。

ジャニーさんの葬儀に不参加だったこと

中居正広さんは、12日当日、午後7時からの野球のオールスターゲームに解説として登場する仕事があり、参加できなかったと後になってコメントしています。

『あなたが1番、愛されちゃってるよ』

という後の追悼コメントからも、中居正広さんとジャニー喜多川さんの関係がいかに深かったかを伺い知ることができるだけに、この葬儀への不参加は中居さん的にもかなり辛かったのではないかと思います。

ちなみに画像の赤丸の部分は、光GENJIの佐藤アツヒロさんと木村拓哉さんが、中居正広さんのために空けておいたスペースだと、ファンの方のツイートで伺い知ることが出来ます。


木村拓哉さんの孤立では、と憶測が飛び交いましたが、ファン専用のJ-WEBでその真相が語られ、「中居正広さんがジャニーズ内で孤立している」という噂を払拭するエピソードとも言えそうです。

2017年以降まだファンクラブが設立されない

ジャニーズの公式HPの中居正広さんのページには、ファンクラブについて「中居正広の情報サービスは、ただいま準備中です」とのみ表記されています。

これは今に始まったことではなく、2017年、SMAP解散以降からずっとこの状態の様です。この状況にやきもきしているファンもいるようですが、これが木村拓哉さんとの不仲の理由とされたり、退所の理由であるともされています。

ちなみに木村拓哉さんは既にファンクラブが創設されており、「中居と木村は合同でFCを立ち上げるのでは」と囁かれた一説もこれによって否定されています。

ファンクラブもなく、関連グッズの販売ページにも中居正広さんの姿を見かけることが出来ない・・・「退所してしまうんじゃ」という懸念はファンでなくとも抱いてしまうのは避けられないでしょう。

sponsored link

中居正広が移籍する新事務所はどこ?二社に内定済み?

一時は「CULEN」に合流するのでは、と噂された中居正広さん。極秘裏に香取慎吾さんと接触して食事をしていたことも報じられましたが、その線は完全になくなったと言われています。その代わり出てきた予想がコチラ。

当然、頭のイイ中居のこと。陰でしっかり就活中。すでにジャニーズに対抗できる事務所移籍を考えているようだ。

「超大手2社の内諾を得たといいます。だから『脱走』の準備はできた。でも、中居には簡単に辞められない〝自己チュー〟事情があるのです」(女性誌記者)

引用:めるも

現時点で大物司会者として帯番組も多数、盤石の基盤を持つ中居正広さんを受け入れる事務所となるとバーニング、ホリプロ、アミューズなどが浮かびます。

その中でも、実際に元ジャニーズを受け入れている事務所の存在には注目すべきでしょう。

元ジャニーズ・郷ひろみの移籍先はバーニング

1971年にジャニーズ事務所にスカウトされ所属、その後1975年にジャニーズを飛び出した郷ひろみさんが所属しているバーニングは、ジャニーズと芸能界を二分する超大手芸能事務所です。

そしてジャニーズを受け入れた実績があるだけに信ぴょう性があります。

「新しい地図」で活動する元SMAPメンバー3人と同じように、飯島氏が立ち上げた事務所“CULEN”に入ることはさすがに考えづらいようだが、

「最近になって大手事務所を辞めた元幹部が、新事務所を設立して中居の受け皿になるのではないかと囁かれている」(同)

引用:Yahoo!ニュース

芸能界のドンと恐れられる周防郁雄氏率いるバーニングは、業界の発言力や権力は絶大と言われ、また、優秀なマネージャーを独立させいくつもの系列を持つことでも有名です。

長谷川京子さんや新垣結衣さんなどが所属するレプロエンタテインメントや、

伊藤英明さんや岩城滉一さんを有するエーチームなどは全てバーニング傘下の芸能事務所であり、その存在感は中居正広さんを加えても何ら不思議ではないはずです。

報道記事にあった「大手事務所を辞めた元幹部」が立ち上げた新事務所もバーニング系ではないかと推測されます。

元「NEWS」ワンオクのtakaはアミューズ移籍後に成功

ONE OK ROCKのtakaと言えば、森進一さんの息子、ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の初期メンバーとしてしても活動していた時期がありました。

勉強に専念する」という理由でジャニーズ事務所を退所し、その後RIZEのライブに触発されたtakaさんはロックバンドを結成。現在の所属事務所はアミューズです。

その後、ONE OK ROCKは武道館ライブ、ワールドツアーを成功させ、現在も日本だけでなく世界中に圧倒的な人気を誇ります。

  1. 日本国内で最も再生されたアーティスト1位
  2. 海外で最も再生された国内アーティスト1位

というとてつもない記録を打ち立て、②については2年連続で成し遂げる快挙を果たしています。

ちなみにアミューズ所属の俳優やアーティストはサザンオールスターズ、福山雅治さんや三宅裕司さん、神木隆之介さんなど、アーティスト、ベテラン司会者や俳優などすそ野が広く、

佐藤健さんや吉沢亮さんなど、若手人気俳優・女優が多数在籍する超大手事務所。

芸能事務所の中でも数少ない「東証一部に上場」している事務所で、その経営基盤の安定性や健全さを伺い知ることもできますね。テレビ番組や映画制作も自社で行っています。

アミューズほどの事務所であれば、大物司会者として中居正広さんの存在は持て余すどころか存分に力を発揮できる環境を作り出すでしょう。

sponsored link

中居正広はジャニーズ事務所を退所してもやっていけるのか

結論から言うと、全然やっていけるのでは、と個人的には思います。

一部報道では、「中居正広はジャニーズ事務所を退所してもあまりメリットがないのでは」とする声もありますが、新しい地図の3人があれだけ伸び伸びと、これまでジャニーズではできなかったことをやっているのを目の当たりにしているはず。

であれば、新たな一歩を踏み出すことそれ自体が、中居正広さんにとってメリットに映るのではないでしょうか。反面、ジャニーズに留まることもメリットはあるでしょうし、そもそも利益で単純に割り切れるものではないと思います。

CULENはテレビに出なくても売上を上げている事実

「最近テレビでめっきり見なくなった」と言われる三人ですが、新しい地図はabemaTVでの活動を目にすることが出来ます。

曰く、「ジャニーズ事務所へテレビ局側が忖度して出演を自粛している」そうで、ジャニーズサイドから共演NGなどの圧力をかけている事実は今のところ報じられていません。

 熱心なファンが地道な“布教”活動を展開した成果なのか、『NAKAMA』という名の有料会員は12万人に達したという。

「すでに入会費と年会費で6億円以上の収益があがっているということです。ただ、あるネットユーザーを対象にした調査では、『新しい地図』の認知度は5割ほど。一般への認知度はそこまで進んでおらず、新規ファンの開拓はそう簡単ではありません。やはり、SMAPを支えてきた熱狂的なファンが頼りということになるんでしょうね」(テレビ誌ライター)

引用:LINE NEWS

新しい地図の年会費は4500円。それが12万人というのだから、売上と利益の凄まじさがよくわかりますよね。

スタッフもそれほど多い事務所ではないはずですが、立ち上げから軌道に乗るまで3年かからずに達成している飯島三智さんの手腕と3人のカリスマ性現在もバリバリ現役です。

中居正広さんはこの前のクールで冠番組が一旦すべて終了し、新しい番組を多数スタートさせているほか、今まであまり見られなかった他番組へのゲスト出演なども積極的に行っているようです。

これが「ジャニーズ残留を決意した見返り」なのか、はたまたその逆なのか。契約更新の9月にすべてが判明すると思います。続報があり次第また記事にしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!