歌手・アイドル

【比較】SnowManとSixTONESどっちが人気?4項目で徹底調査した結果

SnowManとSixTONES

2020年1月22日に同時デビューしたジャニーズの新星『SnowMan』と『SixTONES』。

“ライバル”というコンセプトで売り出された「スノスト」二組の人気はどっちが勢いがあるのか?というところが気になっている方は多いみたいですね!

というわけでこの記事では、

スノスト人気の差を徹底比較!
  • CD売上販売枚数
  • ファンクラブ会員数
  • YouTubeのMV再生回数とチャンネル登録数
  • Twitterのハッシュタグ件数カウント

以上の項目で比較してみました!

パフォーマンスのコンセプトが違う両グループなので、楽曲やダンスの好みについてはSNSの意見を参考にしています。

どちらも完成度の高いパフォーマンスで甲乙つけがたいですが、これらの要素から現在SnowManとSixTONESのどっちが人気なのかを徹底比較してみました!

SnowManとSixTONES人気比較【CD売上】

SnowManとSixTONES

まずは一番数字としてわかりやすいCDの販売枚数で比較してみます。

オリコンではSixTONESとSnowManは「合算」の計算となり、

  • 1/22…77.3万枚
  • 1/24…109.4万枚

とデビューして3日目でミリオンセラーを突破したことがオリコンにて発表されています。この集計方法については、

「ライバルなのに合算てどういうこと?」「ハイタッチ券とかAKB商法はジャニーズでやめて欲しい」と賛否両論の意見もあるようですが、「販売自責」という数字で成功を収めたことについては疑う余地はないでしょう。

なお、これまでのジャニーズの歴代“初週売上”デビューシングルの順位は、

  1. 『KAT-TUN』   「Real Face」75.4万枚(2006年)
  2. 『King &Prince』 「シンデレラガール」57.7万枚(2018年)
  3. 『嵐』       「A・RA・SHI」55.7万枚(1999年)

となっていて、「SnowMan×SixTONES」という企画はその歴史上でNO.1のセールスを記録していますね。

(※本記事では個別の集計数を公表しているビルボード発表の比較を掲載しています。)

SnowManとSixTONESのCD販売枚数は?

1/22~1/24のSnowManの楽曲の売上数は、

『SixTONES』  686,763枚

『Snow Man』 671,987枚

という結果になっています。

ビルボードjapanでは、嵐のヒット曲「BRAVE」とKing & Princeのデビュー曲「シンデレラガール」との比較がグラフ化されており、火曜日から日曜日までの販売推移を見ることができます。

グラフで見る限り、お互いに接戦の様相を呈していますが、スタートからSixTONESがわずかに優勢を保ったまま伸びてきているようですね!

合算することの意味は単純に「マーケット及びジャニーズ史上の中に、スノストの存在感を増すための戦略」と捉えることが出来ると思います。

ライバルという立ち位置ながら、相当な下準備を経て同時デビューさせた意味がここにきて威力を発揮しているんですね。

SnowManとSixTONES人気比較【FC会員数】

SnowManとSixTONES

1/27にSnowManのファンクラブに加盟された方のツイートでは、156,000番台というコメント報告がありました。

一方、同日の1/27でSixTONESのFC会員になられた方は190,000番台だったと報告されています。

残念ながらスクショなどは無いようですが、直近で複数の方が19万番台のツイートをされているので、

  • SnowManFC数…15万台
  • SixTONESFC数…19万台

という結果で、現状はSixTONESの方がFC会員数は優勢のようですね。

SnowManとSixTONES人気比較【YouTubeチャンネル登録者数とMV再生回数】

1/27でのSnowManとSixTONESのYouTubeのチャンネル登録者数とMVの再生回数で比較してみます。

SnowMan
  • チャンネル登録者数 38.2万人
  • MV再生回数…8,286,458回

SixTONES
  • チャンネル登録者数 49.6万人
  • MV再生回数…8,478,426回

という結果になりました。

チャンネル登録者数ではSixTONESが23%ほどSnowManを上回っており、
MV再生回数は19万回ほどSixTONESがSnowManを上回っています。

再生回数に関してはかなり僅差ですね。

SnowManとSixTONES人気比較【Twitterのハッシュタグ件数】

SnowManとSixTONES

1/22~1/27までのTwitterで、どちらがどれだけ呟かれたかを数値化してみました。

統計の根拠は「yahoo!リアルタイム検索」のハッシュタグカウントです。

【SnowMan】のTwitterハッシュタグ件数

1/22~1/27までの「#SnowMan」の件数は93,429件でした。

SnowManのツイート件数 SnowManのツイート件数グラフ

【SixTONES】のTwitterハッシュタグ件数

1/22~1/27までの「#SixTONES」の件数は127,393件でした。

SixTONESのツイート件数 SixTONESのツイート件数グラフ

【ツイッターハッシュタグ件数比較結果】

SixTONES
  • 「#SnowMan」…93,429件
  • 「#SixTONES」…127,393件

SixTONES強し。これは純粋にFC会員数が多いほうが有利と言えるかもしれません。

SnowManのSixTONES人気比較【SNSの声】

SnowMan

ここまでの比較では、

  • CD売上販売枚数
  • ファンクラブ会員数
  • YouTubeのMV再生回数とチャンネル登録数
  • Twitterのハッシュタグ件数カウント

という数値化出来るものについての比較をおこなってきました。

ただ、楽曲の良さや、ダンスパフォーマンスの良し悪しについては完全に好みが分かれるところですし、それぞれのコンセプトが違う以上優劣はつけられないもの。

そこで、Twitterで呟かれている「SixTONES推し」と「SnowMan推し」、「どっちも推し」の意見の傾向をまとめました。

まとめて振り返ってみると、お互いのファンはSnowManもSixTONESどちらを貶めるわけでもなく、「どっちも素敵すぎる」という評価の声が圧倒的でした。

SnowMan大好き派の声

SnowMan

SnowManはアクロバティックなダンスが武器なだけに、そこに魅せられるファンはやはり多い印象です。

年齢層によっては、avexを彷彿とさせるクラブやハウスミュージックの曲調が好き、という人も多いようです。

K-POPの「EXO」と通じる部分もあるようで、韓国アイドル好きにもSnowManはウケる要素がありそうです。

SixTONES大好き派の声

SixTONES

SixTONESは生歌の歌唱力が凄い、という声は特に多く見受けられました。

朝の情報番組で自裁に歌っているところを拝見しましたが、確かに最近のジャニーズアイドルの中でも頭一つ出ているセンスを感じました。

SnowManとSixTONESの狭間に揺れるファンは非常に多い。最終的にどちらに傾くかはメンバーの個性によるところなのかもしれません。

まだバラエティなどに出て日も浅いのでそれぞれの個性はこれから滲み出してくると思われます!

歴代の先輩ジャニーズだと、SMAP、V6、TOKIO、嵐などは皆強烈な個性と努力によってバラエティタレントの地位を確立していました。

「ジャニーズは努力が9割」の画像検索結果"

余談ですが、「元祖ジャニヲタ男子」霜田明寛さん著の『ジャニーズは努力が9割』という新書を読みましたが、普段何気なく活躍しているジャニーズのTOPアイドルの凄まじさがよく分かると思います。

どっちも好き派の声

SnowManとSixTONES

やはり一番多かったのは、「それぞれ良いところがあってどっちも好き」という意見です。

2つで一つ、高め合うライバルというシナジー効果が「スノストどっちも好き!」という現象を生み出しているのでしょうか。

キレッキレのダンスパフォーマンスはSnowManもSixTONESも圧巻ですよね!

滝沢社長はジャニー喜多川氏村名の頃からスノストの育成とプロデュースには相当力を入れていたようです。CDが売れない時代にどんなプロモーションを仕掛けるのか、ジャニーズは確かに変革を迫られている時期でもあります。

デビューの段階では、XジャパンのYOSHIKIさんがプロデュースした「Imitation rain」を歌うSixTONESは歌を、バク転やコンビネーションのアクロバットを全面にパフォーマンスするSnowManはダンスが良い、という棲み分けができているような気もしますね。

「選べるはずないだろ!!愚問じゃ~!」という言葉、良いですね。

ハイタッチ券や合算の販売報告を疑問視する声よりも、こうやって純粋にエンターテインメントを楽しむ人は見ていてほっこりします。

SnowManとSixTONESどっちが人気?のまとめ

ここまで比較調査した結果、現段階では、

  • CD売上販売枚数
  • ファンクラブ会員数
  • YouTubeのMV再生回数とチャンネル登録数
  • Twitterのハッシュタグ件数カウント

これらの項目でSixTONESがSnowManの勢いを上回っているようです。

でも、まだまだはじまったばかり。

これからはバラエティなどでキャラクターの個性もどんどん出てくるでしょうし、ステージ以外のところでどれだけ見込みファン層に対してリーチ出来るかが今後の分かれ目になってくるでしょうね!

error: Content is protected !!