歌手・アイドル

GACKT本名改名理由は親の離婚!さとる→ガクトに呼び方変更はイメージ戦略?

2021年9月、GACKTさんは体調不良を理由無期限の活動停止され、現在、入院生活を送られています。

GACKTさんは神経系統の持病があり、持病が再発したことにより発声障害も併発されたらしく、大事をとって療養生活を送られています。

そんなGACKTさんには本名にまつわるウワサが絶えず、これまでに数回、改名していたことは知る人ぞ知っている話題ですよね。

そこで、GACKTさんの本名改名理由は親の離婚という話題とさとるからガクトに呼び方変えたのはイメージ戦略なのかを調査し、まとめてお伝えします。

GACKTの本名は岡部学(さとる)だった

本名改名理由は親の離婚!さとるからガクトに呼び方変えたのはイメージ戦略かGACKTさんの本名は岡部学(さとる)という話題を探るため、出生地や出身地、学生時代の様子などを調査し、まとめてみました。

GACKTさんの出生地は、沖縄県糸満市。

生まれたときは父方の姓を名乗り、岡部学(さとる)という名前でした。

幼少期に生まれ故郷である沖縄県糸満市から母方の叔母がいる滋賀県栗東市へ引っ越しされ、小学校から高校まで過ごしていました。

中学時代は必死になって勉強することもなく過ごし、高校への進学については、GACKTさんが好きだった先輩の進学校だからと猛勉強の末、見事、難易度の高い守山高校へ入学されました。

ここまでの経過から見ると、当時は改名などもなく、出生時の氏名「岡部学」を名乗っていたものと思われました。

大城学に変わった理由は両親の離婚がきっかけ

本名改名理由は親の離婚!さとるからガクトに呼び方変えたのはイメージ戦略かGACKTさんは、ある理由により、出生時に名乗っていた「岡部学」から「大城学」に改名されていました。

改名した経緯を追いかけてみます。

父親とGACKTさんとの関わりについて

GACKTさんの父親は音楽家です。自衛隊の音楽隊に入隊するために、自衛官採用試験を受験し、見事合格されたそうです。

そしてGACKTさんが生まれた頃には念願の音楽隊に所属し、指揮者兼トラペッターとして活躍されていました。

だけに、GACKTさんは幼少期の頃からトランペット演奏家である父親からピアノを習わされ、寝る間を惜しむほど厳しい音楽教育を受けていたそうです。

もの心ついたときにはもう、ピアノを弾くのは当たり前という環境だった。
習い始めたのは3歳。父親はトランペットを吹く人だったし、両親の共通の想いがあって、僕にピアノを習わせたのだと思う。

引用元:A M I Blog

GACKTさんが7歳になった頃、ピアノを習っていることに恥ずかしさを感じ、習い事であるピアノを辞めたいと父親に話しをしたけど、辞めることは許されなかったそうです。

そこでGACKTさんは、ピアノを辞めたい一心で、とある行動を起こします。

ピアノ講師の玄関に鎖やカギを巻きつけ締め出してみたり、仲間と一緒に講師の家に石を投げつけるなど、中々過激なことをしでかしています。

結果「この子は手に負えない」と問題児の印象づけをすることで、11歳の時にピアノの呪縛から開放されています。

両親から呆れられるのも厭わないほど、「やらされごと」から逃れたかったことはもちろん、それを実際に行動に移して実現してしまうところがなんともGACKTさんらしいエピソードですね。

そのほかに父親は武術の達人でもあったため、GACKTさんは幼少期から空手や柔術を習い、黒帯を取得するなどかなりの実力者で、ケンカも非常に強かったそうです。

あるとき、父親に門限のことで注意を受け、親子喧嘩にまで発展し、GACKTさんは抵抗するまもなく、たった3発で父親にKOされたというエピソードもありました。

GACKTさん自身が語られたことです。

それ以外にもGACKTさんが母親との親子喧嘩でお腹を傷めたという驚愕なエピソードもありました。

GACKTさんは、当時、成長の過程で起こり得る反抗期だったのかもしれませんね。

GACKTが改名したのは両親の離婚が原因

出生地である沖縄県糸満市から滋賀県へ引っ越ししたのと改名した理由が実は、ご両親の離婚がもとであると判明しました。

ご両親の離婚理由までは、GACKTさんご自身も語ってはいませんが、子どもたちの教育方針とか家庭のこととか意見のすれ違いか何かでやむを得ない事情だったのかもしれませんね。

ご両親が離婚されたのはGACKTさんがまだ小学6年生の頃だそうです。

この幼少期の両親の離婚がGACKTさんの価値観に多大な影響を与えたことのでしょう。

それはGACKTさんがこれまでに2度の離婚を経験されていることからも明らかです。

母方の祖母の姓に改名

GACKTさんの本名については諸説があり、その中で多く見られる情報についてお伝えします。

GACKTさんはご両親の離婚に伴い、「岡部」姓から母方の祖母と養子縁組して、祖母の姓である「大城」名字を変更し、「大城学」に改名されました。

またこれまでは、オオシロ サトルの呼び方でしたが、養子縁組をきっかけにオオシロ ガクトと変更されたそうです。

GACKTさんご自身が話されていたことですが、養子縁組をした理由「岡部」姓が嫌だからというわけです。

GACKTさんは養子縁組することで改名したかったのでしょうね。

GACKTさんご自身は、ご両親の離婚で精神的にもたいへん辛かったのではないかと感じています。

クレカ画像から現在は「オオシロガクト」

本名改名理由は親の離婚!さとるからガクトに呼び方変えたのはイメージ戦略かGACKTさんが出演された「ゴチになります!」の番組で、最終的に料理代金の精算をすることになりました。

GACKTさんが支払いを済ませようとクレジットカードを出したときに、カード名義が「GAKUTO OSHIRO」になっていたため、本名ではないかと話題になりました。

ということは、本名は「オカベ サトル」でも「オオシロ サトル」でもなく「オオシロ ガクト」と判明したというわけです。

改名は正当な理由がないとなかなか難しいと聞きますので、容易に変更できる呼び方をご自身なりに考えて変更されたのでしょうね。

それにしても驚愕な事実ですよね。

クレジットカードの申し込みには、必ず、本人名義の確認書類が必要になるので、クレジットカードの名義はほぼ間違いないものと思われます。

ちなみに、GACKTさんがこのとき持っていたのは2枚のクレジットカードで、発行部数が限定されている幻のカードなのだそうです。

おおしろ姓に変わったのはイメージ戦略か?

本名改名理由は親の離婚!さとるからガクトに呼び方変えたのはイメージ戦略か

GACKTさんの氏名が「オオシロ サトル」から「オオシロ ガクト」変わった理由を調査してみました。

先に情報提供していましたご両親の離婚が理由のほかにもう一つ、改名した理由があります。

それは仮想通貨事業「SPINDLE」の参画によるものです。

GACKTさんは、仮想通貨事業については、

「すでに巷では相当噂にはなっているらしいが、WEBがアップされようやく情報が解禁となった」

「世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思った」

引用元:GACKTオフィシャルブログ

新規事業であることを述べていました。

GACKTさんが仮想通貨事業に実名で参画された理由としては

「今まではどんな事業にも名前を出すことなく、この14年間ずっと影に隠れ目立たないようにやってきた」

「事業としてキッチリ最後まで責任を持ってやり通したいという当たり前の想いと、なによりも、世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思ったからだ」

引用元:GACKTオフィシャルブログ

と語られていました。

GACKTさんは、クレジットカードのデザインである程度、目立ち始めたところで、実名を公表した仮想通貨事業への参画は、今思えば、事業戦略だったのかもしれませんね。

しかし、このガクトコインは後年、政治家の野田聖子さんをも巻き込んで騒動となりました。

「GACKTって結局何やってあんな派手な生活してるのかわからない」と不思議に思う方は、GACKTさんにかかってしまった詐欺や国税ガサ入れ疑惑についてチェックしてみると謎が明らかになるでしょう。

     
error: Content is protected !!