時事・トレンド

スマート年賀が使える期間は2022/1/1~いつまで?正月明けから4月まで大丈夫!

2021年12月8日から、「スマートねんが」があたらしく開始されましたね!

最近の年賀状はLINEやインスタなど、SNSで新年のあいさつをするという人も多いのでは?

「スマートねんが」なら、本格的な年賀状がLINEで簡単に送れちゃうと話題になっていますよね!

さらに、年賀状が届くと密かに楽しみなのがお年玉くじですが、「スマートねんが」の「スマートねんがくじ」というものまで。

紙の年賀状はクリスマスまでに出さないと元旦に届かないとよくいわれますが、「スマートねんが」はいつからいつまで使えるの?

今回は、「スマートねんが」が使える期間と、「スマートねんがくじ」の期限についてまとめてみます!

ちなみに、スマートねんがの詳しい使い方やLINEでの送り方については、以下の記事を読むとカンタンにわかっちゃうのでご参考までに♪

スマート年賀
スマート年賀の使い方/送り方を5ステップ画像解説!LINE以外でも使えるの?毎年年末になると湧いてくる悩みのタネ… そう、年賀状 書くの面倒臭すぎ問題…! 友達の住所も知らない、変わっちゃってる…誰が喪中...

「スマートねんが」が使える期間はいつまで?

スマートねんががLINEで送れる期間は、2022/1/1~2022/2/4までとかなり長い期間があります。

毎年12月になると年賀状のことで頭がいっぱいになってしまいますが、「スマートねんが」なら焦らなくても大丈夫です。

元旦に送りたければ、12月31日の大みそかに慌てて作っても大丈夫なんじゃない?という余裕さ!

なんなら、元旦にこたつでお正月番組をみながら「スマートねんが」を作って送ることも可能ですね。

出してない友人から元旦に年賀状が届いて、慌てて年賀状書いて出しに行くという方も意外と多いんじゃないでしょうか?

毎年、年賀状作るのって大変です、、、。

私も11月中に年賀状買って12月上旬にはデザイン考えなきゃ!と、毎年年賀状スケジュールを考えるだけで憂鬱になってしまいます・・。

そんな中、LINEで手軽にそして楽しく年賀状を送れるサービス「スマートねんが」。こんな便利なサービスを見逃すなんてもったいないですよ〜!

年始の挨拶は、年賀状からメールやSNSといった手段に変化しているものの、「年に1度は大切な人のことを想い、心をこめて年始のご挨拶をしたい」というニーズは存在するとの考えから提供。「手づくり感・カスタマイズ性」と「手軽さ」を併せ持つサービスとして開発した。

【引用元】Impress Watch

「スマートねんが」はすでに2021年12月8日からサービスは始まっていて、LINEの「スマートねんが」で友だち追加することで年賀状を作成できます。

スマートねんがの年賀状パックの購入期限は短いので注意!

スマートねんがの有料パックの購入期限2022年1月7日まで

スマートねんがは無料体験版は5点まで、有料パックを購入すると6点以上デザインを保存しておくことができます。

有料版は200円~500円の年賀状パックを購入して、デザインを選んでカスタマイズして送る〜って感じですね!

なお、パックの購入期限2022年1月7日までと意外と短い?のでズボラさんはお気をつけください。

スマートねんがの送信開始日は元旦の0時から

「スマートねんが」はLINEの年賀状ということで、2022年1月1日元旦からLINEで送信OKですが、

なんと2022年元旦の午前0時から送ることができます。

元旦までにじっくりデザインを作成しておいて、新年が明けたと同時にLINEで送ってみるのもいいかもしれませんね!

ただし毎年「あけおめLINE」で回線がパンク気味なので、ちょっと間を置いてからの方が確実かも?

「スマートねんが」の印刷・投函はいつまで?

「スマートねんが」のいいところは、LINEで送った年賀状を印刷・投函することができることなんです。

LINEだけだと物足りない、友だちや家族の写真のついた年賀状を残しておきたいという方におすすめです。

「スマートねんが」で作ったデザインを年賀状にしたい方はこちら↓↓

  1. デザインを作成する
  2. 印刷・投函をタップ
  3. 送りたい友だちを選ぶ
  4. 相手のトーク画面に所定の入力フォームが届く
  5. 相手がフォームに入力した住所宛に年賀状が届く
スマート年賀

自分で住所を入力するのではなく、届いた相手が自分で住所を入力するんだとか。

つまり、送り手が相手の住所を知らなくても紙の年賀状が送れちゃうんです!

しかし、送りたい友だちはLINEグループは選択できないそうなので注意です。

作ったデザインの印刷・投函は年賀はがき込みで1枚230円になっています。

LINEが届いた相手も、ほしい年賀状だけ選べるのはいいですよね!

ちなみに、LINEで届いた年賀状はLINE公式アカウント「スマートねんが」の「もらった年賀状」をタップすることで、確認できるようになっていますよ!

「スマートねんがくじ」参加できるのはいつまで?

年賀状といえば、上位の賞品が密かに高額な「お年玉くじ」。

毎年1位は現金30万円など、宝くじ並みにすごいんですよね!

とはいつつ、くじ運のない私は当たったとしても「お年玉切手シート」ですが・・。

「スマートねんが」にも「スマートねんがくじ」というものがあって、賞品はLINEポイントです。

スマート年賀くじの概要

2022/1/10までに「スマートねんが」に届いた年賀状を見ると、抽選に参加できるしくみになっています。

LINEのみで、印刷・投函された年賀状は対象外なので、注意してくださいね。

スマートねんがくじの抽選・引き換えは「スマートねんが」内で実施されます!

なお、当選したLINEポイントの受け取りは2022年1月17日~2022年2月4日23:59まで。お忘れなく!

ちなみに、紙の年賀状の「お年玉くじ」の引き換えは、抽選発表の2022年1月16日~2022年7月20日までです。

年賀状は郵便局に足を運ばなければいけないのと、身分証明書の提示が必要になってくるので期間は長めのようです。

「スマートねんが」はあたらしく始まったサービスなので、知らないこともたくさんありますよね!

使える期間や「スマートねんがくじ」の時期は、忘れないようにチェックしてくださいね!

初めての方でも超わかる!スマートねんがの使い方&送り方はコチラ↓

スマート年賀
スマート年賀の使い方/送り方を5ステップ画像解説!LINE以外でも使えるの?毎年年末になると湧いてくる悩みのタネ… そう、年賀状 書くの面倒臭すぎ問題…! 友達の住所も知らない、変わっちゃってる…誰が喪中...

それでは!

最後までお読みくださりありがとうございました♪