芸能関係

ジャニー喜多川一番若い頃の貴重画像!経歴や生い立ちも徹底解剖!

ジャニー喜多川の若い頃

日本で最も有名な芸能プロダクション「ジャニーズ」の社長でありながら、「you、○○しちゃいなよ」という“ジャニー語録”だけが独り歩きするという謎の人物、ジャニー喜多川氏。

の生い立ちを掘り下げてみると、第二次世界大戦の激動を生き抜き、アメリカの諜報員として活動していた時期や、ジャニーズ事務所設立のルーツは“野球チーム”だったなど、驚きの過去がありました。

ネット上には「若い頃のジャニー喜多川の画像」とされるものがわずかに伝えられていますが、その真偽についても掘り下げてみました。

ジャニー喜多川・昔の若い頃の経歴や生い立ち

ジャニー喜多川引用:google

名前:ジャニー 喜多川
英語名:ジョン・ヒロム・キタガワ
(John Hiromu Kitagawa)
日本語名:喜多川 擴(きたがわ ひろむ)
生年月日:1931年10月23日
出身:カリフォルニア州ロサンゼルス市
学歴:ロサンゼルス・シティー・カレッジ (LACC)卒業
大学:上智大学国際部(現・国際教養学部)卒業

経歴を見る限りでは、日本語名とアメリカ名の2つを持つ、ジャニー喜多川氏。ハーフなのかと思われていましたが、父親も母親も日本人で、血統は純粋な日本人です。ミドルネームがあるのはアメリカの習慣にならったもののようですね。

喜多川家の家系図
引用:google

国籍は日本とアメリカの二重国籍だったということは触れられることはありませんが、“メリー喜多川”として知られるジャニー喜多川氏の姉・泰子、兄の真一(まさかず、)、そしてジャニー喜多川氏=擴(ひろむ、ジャニー喜多川。愛称:ヒー坊)は皆アメリカのロサンゼルス生まれ

ジャニー喜多川の父親は仏僧・喜多川諦道

ジャニー喜多川氏の両親
引用:google

ジャニー喜多川氏の父親は仏僧の喜多川諦道、母親は栄子という名だそうです。

高野山真言宗の導師だった父親をもつジャニー喜多川氏が、なぜアメリカで生まれるに至ったのか、それだけでも十分不思議ですよね。

父親の喜多川諦道氏は、大分県の出身で、8歳の頃から少年修行僧として高野山で僧侶としての経験を積み、高野山大学を卒業。

晩年の喜多川諦道氏
引用:google

当時の諦道氏はかなりやんちゃだったらしく、仏僧でありながら「やくざ」や「遊び人」を自称していたそうなので、女遊びや博打などに放蕩三昧を尽くしたのでしょうか。

その後20代半ばを過ぎると、真言宗の教えを世界に広めるため、父母のつてを頼り「戦後最大のフィクサー」と恐れられた大谷貴義の父親の援助を受け、単身渡米。いわゆる宣教活動に乗り出します。

sponsored link

その後1924年(大正12年)、アメリカはロサンゼルスの、「リトル・トーキョーのサウス・セントラル・アベニュー」にあった「高野山真言宗 高野山米国別院」で第三代主監を務めるほか、日系人の顔役としても影響力を発揮した人物だったそうです。

いつしか世界一周よりもアメリカに根ざした生活を送ることになった父の諦道氏は、妻の栄子さんをアメリカに呼び寄せ、そこで1931年にジャニー喜多川氏が誕生しています。

太平洋航路をつなぐ秩父丸
引用:google

日華事変(1937年)の始まる前の1933年に、喜多川一家は貨客船「秩父丸」に乗って日本へ帰国、大阪へと移住しました。
が、翌年の1934年にはジャニー喜多川氏の母・栄子さんは亡くなっています。

帰国の理由については明かされていませんが、時系列を考えると、妻の栄子さんが何らかの病気にかかり、余命幾ばくもないことを察した諦道氏が、アメリカでの地位をすべてなげうってでも、妻を日本の地で療養させてあげようと決意したのではないかと想像されますね。

ジャニー喜多川の幼少~少年期の激動人生

ジャニー喜多川氏が10歳となる1942年、第二次世界大戦が勃発。両親は大阪に残り、子供たちだけで和歌山県東牟婁郡那智勝浦町、南紀勝浦温泉に疎開しました。

7.9 和歌山大空襲
引用:google

ここで、ジャニー喜多川氏は「和歌山大空襲」に遭遇していますが、無事生き延びたというエピソードが伝えられています。

その後、和歌山の旧制中学校を卒業したジャニー喜多川氏ら兄妹は、「アメリカの国籍がなくなってしまう」ことを危惧し、兄妹だけでロサンゼルスに再び移住。

ジャニー喜多川氏はアメリカで誕生してから2歳のときに日本へ移住しているので、アメリカ生まれとはいえ「故郷に帰る」という実感は殆どなかったのではないでしょうか?

大阪松竹少女歌劇団
引用:google

一方、当時6歳だった姉のメリー喜多川氏は、「大阪松竹少女歌劇団」などの慰安訪問の際、その英語力を生かして進駐軍相手に通訳をしていたという情報があるので、この決断はジュリーさんと、兄の“マー坊”真一さんの発案によるものでしょう。

ちなみに兄の真一さん後にアメリカの超名門大学「UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)」を卒業し、宇宙船関連の航空機メーカーのエンジニアとして、NASAに関連した事業で成功しています。

父親の諦道氏とはすでに関係は途絶えていたようで、昭和40年代に諦道氏が亡くなったあとの葬儀にも兄妹は参加していなかったそうです。

sponsored link

ジャニー喜多川がジャニーズ事務所を設立したきっかけ

アメリカに移住後、ジャニー喜多川氏はロサンゼルスの高校を卒業。高校時代には地元の「アーニー・パイル・シアター」で、音響アシスタントのアルバイトをしながら、舞台袖口でエンターテインメントの素晴らしさに感銘を受けていたようです。

「高野山ホール」の現在
引用:google

また、ロサンゼルス市立短期大学在学中には、バンドのマネジメントや、「高野山米国別院」の新寺院「高野山ホール」にて、来日した日本のスターたちのステージ公演の現地コーディネイトや通訳などのマネジメント全般に携わるなどして、アメリカのショービジネスに多大な啓蒙を受けていきます。

川田晴久と美空ひばり
引用:google

中でもジャニー喜多川さんに大きな影響を与えたのは、1950年に公演で渡米した「美空ひばり」さんとそのプロモーターである川田晴久との出会いで、二人の存在はジャニーさんがその後日本の芸能界進出を夢見る後押しとなったそうです。

若い頃のジャニー喜多川はCIAのスパイだった?

1952年、ジャニー喜多川氏は、当時のアメリカ国民に課せられていた兵役義務により朝鮮戦争に徴兵されています。

兄はパラシュート部隊に、ジャニー喜多川氏は語学力の才があったせいか韓国の戦災孤児に英語を教える任が与えられ、アメリカ陸軍犯罪捜査司令部の情報員という肩書で来日し、諜報機関で勤務することに。

米軍占領下の江田島学校
引用:twitter

朝鮮語の習得のために広島県にあった米軍の学校「江田島学校」へ通い、わずか10ヶ月で朝鮮語をマスターしたというのだから、語学の才能に秀でていたことが伺い知れます。

その後1年2ヶ月に渡って韓国の子どもたちに英語を教えたあと、そのまま日本の上智大学国際学部に社会人入学し、バンドを結成。(卒業後解散)

同時に、滞米経験と語学力を買われ、駐留米軍の組織の一つ「在日アメリカ軍事援助顧問団」で事務職員として勤務もしており、この頃のジャニー喜多川氏は、米軍の組織で日系アメリカ人として活動が中心だったようです。

決してCIAのスパイではありませんが、激動の時代を生き抜くためには、「自分の持てる力を全て生かして何でもやる」くらいの気概が必要だったことに違いありません。

情報員時代に野球チーム「ジャニーズ」を結成

ところで、父親の諦道氏は来日後の1946年に大阪のプロ野球チーム「ゴールドスター」のマネージャーとして2年働いた過去があります。親子揃って野球が好きだったのかもしれません。

奇しくもジャニー喜多川氏は1960年頃、近所の少年30名ほどで構成された野球チームのコーチを務めていました。チーム名は「ジャニーズ」・・・ここでつながるんですね。

チームはプロレスラー力道山やプロ野球の球団のバックアップを受けていたそうですから、この頃のジャニー喜多川氏の人脈はかなり芸能界に食い込んでいたことが想像できます。

ちなみにジャニーズ誕生の最後のきっかけは、「雨が降って練習が中止になったので、チームメンバーを連れて映画館に「ウエストサイドストーリー」を見に行った」ことだそうです。

計13回も見たというその映画に感動したメンバーの熱量を受け、ジャニー喜多川氏は芸能の世界に彼らをアイドルとして売り出すことを決意し、「名和プロダクション」から初代「ジャニーズ」をデビューさせるに至ったのです。

sponsored link

ジャニー喜多川の若い頃の貴重画像について

「敗戦国民の日本人でありながら、勝利国の米軍組織で諜報員として生きる」当時のジャニー喜多川氏の心中は複雑なものがあったと思います。

ジャニー喜多川氏が「写真嫌い」であること、「昔の写真がまったく存在しない」ことの背景には、こういった生い立ちも関係しているのではないでしょうか。

また、のちにギネス認定を受けた際写真を撮る事になったジャニー喜多川氏は、自身のポリシーをこう述べています。

ビートルズの4人の中にサングラスのマネジャーが写ってるのを見て以来、タレントと一緒に写真を撮るのはみっともないと思ってたんだけど。

 

ジャニー喜多川氏の若い頃を伝える画像は、現時点でも存在していません。

にもかかわらず、ネット上では「ジャニー喜多川の若い頃画像」として紹介されているいくつかの画像があります。

ジャニー喜多川氏の若い頃の画像と言われているが・・・
引用:google

私には、この3枚の写真に写っている男性がいずれもジャニー喜多川氏の父「喜多川諦道」氏ではないかと思われます。

そう考えられる理由は2つあります。

①ジャニー喜多川の母・栄子と写っている男性と同じ

ジャニー喜多川の両親
引用:google

はじめに紹介した画像に写っている、右側の女性は喜多川栄子さん、ジャニー喜多川氏の実母と言われています。では、その隣に並ぶ男性は?
夫の諦道氏である可能性が非常に高いでしょう。

画像比較してみると・・・
引用:google

髪型や写真の質感、顔の印象から、この写真は上記夫婦の写真と同時代のものと推測されますが、顔が非常に似ています。年齢的には20代の写真と見られますが・・・

うーん、いかがでしょうか。似ていなくもないですが、年代が違いすぎてあまり参考にはならないかもしれません。とりあえず鼻の形はそっくりですね。

ではもう一つの理由について触れてみます。

②仏僧が身につける“輪袈裟”が写っている

この画像の男性が首から下げているのは、輪袈裟といって、主に天台宗や曹洞宗、浄土真宗など僧侶が外出先に略式用の袈裟として身につけるものです。

輪袈裟ってこんなやつ
引用:google

このことから、この男性はやはり仏僧=諦道氏であり、ジャニー喜多川氏の若い頃ではないと思うのです。

ジャニー喜多川の最も若い頃の画像はコレ

ジャニー喜多川の若い頃引用:google

おそらく、現時点で最も若いジャニー喜多川氏の画像はこれです。

度のきつそうなメガネを掛け、新聞を読む若かりし日のジャニー喜多川氏。

背後に外国人の女性の姿が見えること、そして距離感と照明の具合からこれは国際線の飛行機内で隠し撮りされた一枚に違いありません。

 

推定50~60代のジャニー喜多川氏

こちらは50代を過ぎた頃のジャニー喜多川氏の画像がこちら。

年齢的には還暦より少し若いあたりではないかと思われますが、上の写真と見比べてもどことなく面影があるような気がします。

引用:google

木村拓哉さんの年齢は20歳前後?今から25年位前のジャニーさん。現在87歳なので、遡るとこちらも60代くらいになるのでしょうか。

一見すると「事務員?」のような特筆すべき点のない真面目そうな見た目にも見えます。
「掃除のおじさんだと思ったら、ジャニーさんだった」という逸話もあるので、本当に普通な見た目をしているんでしょうね。

ジャニー喜多川はギネス認定されていた

ジャニー喜多川は、過去にギネス認定を受けた偉人でもありました。

  1. 世界で最も多くのコンサートをプロデュースした人物
  2. 世界で最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物(2度受賞)

ぱっと見、掃除のおじさんと間違われるジャニー喜多川しですが、ここまでの経歴を振り返ってみると、まさに激動の人生を生き抜いてきた苦労人であり、一大でジャニーズ帝国を築き上げた世界でも稀有なプロデューサーとして、今でも構成に名を残し続ける存在となっています。

error: Content is protected !!