芸人・タレント

【文春】EXIT兼近大樹に前科・逮捕歴の過去!吉本の対応どうなる?

兼近大樹

人気お笑い芸人コンビ「EXIT」の兼近大樹さんが、過去の少女買春斡旋の前科を暴露され炎上しています。

事件自体は2011年11月、兼近大樹さんが当時20歳だった頃のものだそうです。

最近は良い人キャラで人気があっただけに衝撃的な内容ですが、この報道に対する兼近大樹さん本人のコメントと、賛否両論のコメントをまとめました。

宮迫博之さんの闇営業問題同様、今後の吉本の対応がどうなるかも気になるところです。

文春がEXIT兼近大樹の前科・逮捕歴を暴露

兼近大樹に文春直撃

2019年のブレイク芸人・EXITの兼近大樹さん。

イケメンでチャラ男のキャラクターとは裏腹に、両親の離婚により極貧の生活を送っていたことや、家計を支えるために野球をやめ高校時代から鳶職のアルバイトをしていたことなど、涙ぐましい過去のエピソードが好感度に繋がっていましたが、

その過去に明かされたくない過去があったことには衝撃を隠せない人もいるかも知れません。

過去の事件の内容は?

関連画像

週刊文春が取材した北海道札幌市の記者は、EXIT兼近大樹さんが起こした事件について、

「要は、売春の斡旋をしていたのです。直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの」

引用:文春オンライン

と説明しています。また、

女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」

引用:文春オンライン

と、北海道警察厚別所に逮捕され、有罪判決の結果罰金刑を受けたことを明らかにしています。

この直撃のやり取りに関する動画がコチラ。

気になるところは事件の背景や、斡旋の理由についてですが、芸能人の性犯罪に関しては世論もスポンサーも忌避するところ。

「チャラいけど真面目」キャラを確立しつつあった兼近大樹さんは、かなり苦しい立場に陥ってしまったことは間違いありません。

sponsored link

文春に対する兼近大樹の反応まとめ

兼近大樹

週刊文春が兼近大樹さんを直撃したのは9月1日のことです。

記者の直撃インタビューに対し、兼近大樹さんは逃げることなく、ウソを付くこともなく正面からこの質問に対し回答しています。

「はいはい。そうです。簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」

と過去の前科・逮捕歴について認め、

「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」

引用:文春オンライン

この事件のおかげで法律を守ることの大切さを学び、その過去については吉本興業にも伝え済みだということ。その上で吉本興業からは口止めされていたとも回答しています。

直撃翌日のツイッターの投稿

兼近大樹

この文春の直撃を受け、兼近大樹さんは自身のツイッターで意味深なコメントをツイートしています。

『いろんな事があって今の俺が形成されていて、自分で失格合格決めれるような人ではないからな!』

皮肉にもこのインタビューでのコメントは9/1に都内で行われた映画「人間失格」についてのトークショーの当日であり、文春報道を知ったあとで振り返ると、過去の事件への直撃を踏まえての発言のようにも見て取れます。

その上でついてきてくれるファンへのメッセージとも受け取れますね。

報道翌日に兼近大樹がツイッターで謝罪文を発表

週刊文春が先出し公開した反響を受け、EXITの兼近大樹さんは自身のツイッターでコメントを発表。

一般的な謝罪文の中で、気になった点を抜き出してみると、

  1. この件は被害者がいなかった
  2. この事件は未成年時の罪だった
  3. 「買って内容を読んでほしい」と文春の購買を斡旋

コメントの発表の背景には吉本興業の存在が見え隠れする部分も感じられますが、「事件性はあったが被害者はおらず、未成年の犯行だった」ことの主張は、「性犯罪」という最悪なイメージから兼近大樹さんを遠ざける役割を、

そして過去を暴露した敵対存在の文春に対しても歩み寄ろうとする姿勢を見せることで、イメージダウンの影響をポジティブに変換しようとしているように思いました。

ただ、

未成年時の犯行、と宣言しつつも、当時の新聞の切り抜きでは兼近大樹容疑者(20)と報道されており、その矛盾点については今後さらに追求の手が及ぶ可能性があるのかもしれません。

相方のりんたろー。もツイッターでコメントを発表

今回の報道を受け、EXITの相方であるりんたろー。さんもツイッターでコメントを発表しています。

りんたろー。さんはEXITの前のコンビ「ベイビーギャング」の頃、相方の北見寛明さんが無免許運転で執行猶予中にも関わらず、無免許運転を繰り返したことで逮捕され、コンビは解散、りんたろー。さんも謹慎処分を受けていた過去があります。

相方がことごとく前科持ちというのも大変なめぐり合わせですが、りんたろー。さんが兼近大樹さんによせる信頼と愛情は大きく、誠実なコメントは心強い援護射撃になるかもしれませんね。

sponsored link

兼近大樹の文春暴露に対する吉本の対応は?

兼近大樹さんの所属先の吉本興業に、文春の記者が事実確認した結果は、

「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」

引用:文春オンライン

報告したのは、闇営業問題をめぐり、吉本興業が所属芸人にヒアリングをした段階とのことで、おそらく7月~8月のことだと思われます。

今回の兼近大樹さんの問題が、雨上がり決死隊の宮迫博之さんの場合と大きく違うのは、

  1. 嘘をついていない
  2. 口止めをしていたのは事務所
  3. 罰金を払い既に罰は受けている

という点でしょう。宮迫さんの反社会勢力への闇営業は4年前、上記と真逆の状態だったことで世論が炎上しましたが、今回は8年前で、前科とはいえ精算済みの過去です。

とはいえ、TOKIOの山口達也さんが芸能界復帰を絶望視されているのと同様、昨今の世間は、芸能人に潔癖主義とも言える人格を要求しており、SNS炎上やスポンサー突撃が日常的に起こりうる状況でもあります。

兼近大樹さんの好感度やテレビへの露出の低下は残念ながら免れないでしょう。

ネットの声は賛否両論

EXIT兼近大樹とりんたろー。

兼近大樹さんの前科・逮捕歴について、ネットの声をまとめてみました。

否定的な意見はやはり多いですが、肯定的な意見、応援する意見、週刊誌への懐疑的な意見などが多かったことも、以前の闇営業騒動とは状況が異なっていることを感じます。

否定派の意見

しかしながら、これまで応援側だった人も、この報道を受けて嫌悪感を示す人が少なくありません。

兼近大樹

最も大きかったのが、女性の意見で「ベビーシッターとのギャップに引く」という声でした。

ベビーシッター兼近大樹

売春斡旋の背景や人間関係によっては同情の余地も出てくるとは思いますが、それは今後の続報に期待したいところです。

肯定派の意見

一方、こちらは兼近大樹さんに肯定的な意見を集めてみました。

こちらは「既に罪を償ったんだから良いんじゃないか」という意見も多かったです。男性が多いかと思いきや女性も相当に肯定している様子。

兼近大樹

ただし、薬物での逮捕はまだしも、性犯罪に関するスキャンダルは被害者がいるため、ダメージは応答に大きく、企業CMでの起用は今後難しくなるでしょう。

ここまで積み上げた二人の好感度とキャラクターに加え、内情を把握していた吉本興業がどのようにバックアップするのかによっても、今後の対応は変わってくるように思えます。

個人的には、以前の24時間TVでの悪質なヤラセによる「EXITいじめ」や、ツイッターで噂される真偽不明の「ホストの自宅に侵入し窃盗」「働いていたバーのお金を持ち逃げした」という悪評も、誰かの、何らかの意図があって流されているような気がしてなりません。

闇営業でのEXITの吉本興業に対する発言がその発端なのではないかと感じていますが、せっかく飛び出た二人の才能をこんな形で失ってしまうのはとても残念なことなので、二人にはどうにかこの局面を乗り切って欲しいと思います。

error: Content is protected !!