未分類

【経歴】田村智子の夫や子供・家族構成は?桜を見る会の発言に評価の声!画像

田村智子議員

日本共産党所属の参議院議員・田村智子さんが、「桜を見る会」で行った一連の発言や答弁が「お見事!」「凄い!」と高い評価を受けています。

田村智子議員は現在結婚されていますが、夫の男性や子供はいるのでしょうか?田村智子議員の家族構成や経歴(学歴・年収)をまとめました。

田村智子議員の経歴・プロフィール・年収について

田村智子議員
田村智子議員の経歴
  • 名前:田村 智子(旧姓 山崎 智子)
  • 生年月日:1965年7月4日(54歳)
  • 出身:長野県小諸市
  • 学歴:長野県野沢北高等学校→ 早稲田大学第一文学部
  • 日本共産党国会議員団事務局員
  • 日本共産党中央委員会中央委員副委員長。
  • 所属政党 日本共産党
  • 年収:1612万円(国会議員439人中311位)

長野県の文房具屋「山崎屋文具店」の娘として生まれ、小学校4年生から大学までずっと合唱部に所属しており、早稲田大学入学後も早稲田大学混声合唱団に所属していることから、国会の質疑であそこまで鋭く声が通るのは、声楽を学んでいたお陰でしょう。

田村智子議員の若い頃

田村智子議員が早稲田大学に入学した翌年、大学側が翌年から毎年学費を値上げする「スライド制学費」に反対する運動に参加しています。

田村智子議員が大学生となった1980年代は既に学生運動は下火となっていましたが、一部の大学では、新左翼党派が学生運動を続けていた背景もあったのかもしれません。

田村智子議員学生時代の田村智子議員

その流れで、友人のすすめにより「核廃絶運動」にも参加し演説などを行う中で、本格的に日本民主青年同盟(民青同盟)の活動にのめり込んでいき、1985年、両親の猛烈な反対を押し切って日本共産党に入党しています。

その後5年間の秘書生活を終え、1998年の第18回参議院議員通常選挙に初出馬し落選。

その後国政選挙に5回、地方選挙に1回、計6回立候補していますがいずれも落選という結果でしたが、諦めること無く、2010年7月の第22回参議院議員通常選挙に比例区候補として立候補し、初当選を果たしています。

  • 夫婦別姓制度導入賛成
  • 永住外国人への地方選挙権付与に賛成
  • 給付型奨学金の早期導入の要望提出
  • 安保法制廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を目指す
  • 生存権など憲法の全ての条項を活かすことを主張
  • 憲法9条の改定や緊急事態条項の導入などに反対

上記ががこれまでの田村智子議員の政策・主張内容です。

sponsored link

田村智子議員に夫はいる?

田村智子の夫

田村智子議員は1993年、28歳の頃に結婚されています。

PKO法案では、徹夜国会に何度もつめかけました。このとき、一緒に国会で「夜を明かした」男性と、1993年6月に結婚。

引用:http://tamura-jcp.info/oldsite/s_kanagawa_rensai.htm

夫である男性は一般人なのか名前や職業は明らかにされていません。

が、田村智子議員は1988年から民青同盟の一員として湾岸戦争へのデモや抗議活動をしており、男性ともPKO法案という共通した思想があるようなので、恐らく民青同盟のメンバーだった方と結婚されたのでしょう。

田村智子議員の子供について

田村智子議員には、一男一女の子供がいます。

1995年の終わりに民青同盟を卒業、党国会議員団の事務局へと職場が変わりました。出産・子育ても同じ時期。仕事と家庭の両立が女性にとってどれだけ大変なことかを、何度となく実感することとなりました。(中略)

私も、2人の子どもの母親となり、「あと1時間早く家に帰れれば、ちゃんと子どもと向き合えるのに」と、何度も感じてきました。

引用: http://tamura-jcp.info/oldsite/s_kanagawa_rensai.htm

田村智子議員は1993年に結婚され、1995年までの間に二人のお子さんを出産されているので、

  • 長男 1993~4年生まれ(26、7際)
  • 長女 1994~5年生まれ(25、6歳)

こんな感じの1歳差の年子がいるのだと思われます。画像はありませんが、家族で料理を作ったりお菓子を作ったりと、議員として多忙を極めながらも円満な過程を築いているように感じられます。

sponsored link

田村智子議員の発言に称賛の声多数【動画】

2019年11月に国会で繰り広げられている「桜を見る会」の資金運用をめぐり、連日のように野党から「税金の私物化」問題について答弁が繰り広げられています。

田村智子議員は動画内で、

  1. 政府与党主催の「桜を見る会」の招待客の人数の矛盾
  2. 招待客の中に「マルチ商法」で行政処分を受けたジャパンライフの山口隆祥氏がいた
  3. 安倍首相・あるいは官房長官枠で招待状を送っていた
  4. その招待状がジャパンライフの詐欺商法に利用された

という点を指摘。詳細は以下の記事にまとめていますので良ければご覧ください。

しどろもどろに受け答えする岡田内閣官房副長官や大塚大臣官房長官、大西内閣審議官という顔ぶれと比べて、田村智子議員の発言は凛々しく響き渡っています。

主義思想は抜きにしても、国民を代表する議員はやはり田村智子議員のようであって欲しいと個人的にも思います。

error: Content is protected !!