時事・トレンド

スマート年賀|無料と有料の違いや価格を紹介!タダでどこまで使える?

2021年12月8日からあたらしいカタチの年賀状、「スマートねんが」が始まりましたね!

LINEスタンプを送りあうように、動くオリジナル年賀状が作れて送れちゃうという画期的なサービスなんです。

年賀状って届くのはうれしいけど、送るのって正直大変・・。

年賀状を買いに行くのも正直めんどくさいし、1枚63円の年賀状を40枚買うと2,520円!

毎年買っているけど、こうしてみると年賀状って意外と高いんだ・・。

LINEで送る「スマートねんが」は、無料体験版があったり有料パックでも200円~500円とお手頃価格なんだとか。

そして、お年玉付きの年賀状のように、「スマートねんがくじ」まであるんです。

というわけで急いでる方のためにスマートねんがの無料と有料版の違いをざっくり結論からお伝えしちゃおう!

スマートねんがの
無料版で出来ること
  • 年賀状パック未購入者が対象
  • 写真のみの挿入が可能(動画の挿入はパック購入)
  • 保存できる枚数は5点まで(6点以降はパック購入)
  • LINEで送る、印刷・投函は依頼できない
  • 保存したデザインはパック購入後も引き継がれる
スマートねんがの
有料版で出来ること
無料版で出来ることすべてに加え、
+300円でデザイン20種追加
+500円でデザイン30種追加 そして…

  • 手書き/打ち文字メッセージ
  • 動くエフェクト付きテンプレート
  • 動画挿入
  • 動くスタンプ挿入
  • スマートねんがクジができる!!お年玉みたい!

という感じになっているようですよ!
何だかすごそうですね〜!

ちなみに、スマートねんがの使い方や送り方については、「スマート年賀の使い方/送り方を5ステップ画像解説!LINE以外でも使えるの?」の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧くださいね。

ではさっそく本題に行きましょう!^^

タダで使える「無料体験版」を試してみよう

「スマートねんが」は、LINEを使って年賀状が送れちゃうというデジタル年賀状。

わざわざ買いに行かなくても、スマホひとつで年賀状が簡単に送れちゃうなんて便利ですよね。

スマート年賀

実は、「スマートねんが」に無料有料があるんです。

まずは、無料の体験版について説明していきましょう!

無料体験版を試すことができるのは、年賀パック未購者が対象です。

無料版で年賀状をつくる方法

無料版のデザインは5種類あり、絵柄は4種類で絵柄なしのものは写真が6分割まで選ぶことができます。

スマート年賀

動画の挿入はできませんが、写真の挿入ができたり文字やスタンプも挿入できて本格的!

そして、ボイスも30秒挿入することができるんですよ!

スマート年賀

私も作ってみましたが、デザインを選んだりスタンプ貼り付けたり楽しいです!

画面小さいのに文字とか指で書けるの?と思いましたが、意外とスムーズなタッチで書きやすかったです。

作成したデザインは名前をつけて保存することが可能

無料版は5点まで保存することができるようになっています。

タダでできるのはここまででした!

LINEで送ったり印刷や投函の依頼は無料版ではできないようで、パックの購入が必要となりますね。

無料体験版まとめ

  • 年賀状パック未購入者が対象
  • 写真のみの挿入が可能(動画の挿入はパック購入)
  • 保存できる枚数は5点まで(6点以降はパック購入)
  • LINEで送る、印刷・投函は依頼できない
  • 保存したデザインはパック購入後も引き継がれる

無料の体験版ではデザインを選び、カスタマイズして年賀状を作るまでできるということですね!

実際にLINEで送りたい方は、パックの購入が必須になってきてしまいます。

しかし、無料体験版で作ったデザインをパック購入後も引き継ぐことができるというのはいいですね。

有料パックを購入する前に無料体験版を試すことで、「スマートねんが」のイメージが沸きそうです!

有料の「年賀状パック」料金は?

「スマートねんが」有料パックを購入すると、本格的に年賀状が作れちゃうんです!

有料パックの料金は3種類あって、値段によってデザインの種類が違います。

スマート年賀

年賀状パックは200円~500円と、かなりお手頃なんですね!

有料パックのいいところは、一度購入すると期間中は何度でも使いたい放題ということ。

つまりパック購入すると、人数制限がナシなんですね!

さらに、無料体験版よりもさらにカスタマイズ機能が充実していて

  • 手書き/打ち文字メッセージ
  • 動くエフェクト付きテンプレート
  • 動画挿入
  • 動くスタンプ挿入

などなど、動く年賀状ができちゃうんです!

そして、作った年賀状をLINEで送ったり印刷して投函することも可能!

スマート年賀

作った年賀状の印刷・投函は年賀はがき代込みで1枚230円。

年賀状1枚63円を40枚買うとすると、2,520円!

意外とお金かかるんですよね。

「スマートねんが」の年賀状パックなら、最大500円とワンコイン!

これなら気軽にチャレンジできそうな予感!

決済方法はクレジットカードかLINE Payになっています。

わざわざ買いに行く手間も省けそうですね!

年賀状パックの購入は、2022年1月7日まで、サービス自体の仕様は4月まで大丈夫ですよ!使える期間の解説についてはこちらの記事をご参考にされてみてくださいね。

「スマートねんがくじ」の賞品はLINEポイント

年賀状にはお年玉くじ付きの年賀状がありますよね。

年が明けると、宝くじの当選番号確認くらいドキドキするのは私だけでしょうか?

そして、以外と賞品がいいんですよね。

スマート年賀

2021年の賞品は、1等が30万円!

私はいつもお年玉切手シートが当たるだけ・・ですが、それでも引き換えにいっちゃいますけどね。

実は、「スマートねんが」にも賞品があるんです!

スマート年賀

LINEで送る年賀状というだけあって、賞品もLINEポイント!

LINEを使っている人なら、うれしい賞品ですよね。

「スマートねんが」のいいところは、LINEで確認することができるという点。

ネットや新聞でわざわざ調べて、当たったら郵便局まで出向くというめんどくささが皆無!

さらに、中吉の500ポイントが当たると500円有料パックの元がとれてしまうというお得っぷり!

2021年12月8日から始まった「スマートねんが」

年賀状のパック購入期限は2022年1月7日まで、LINE年賀状の送付期限は2022年2月4日までになっています。

新年はあたらしい「スマートねんが」で、大切な人へ想いを届けてみませんか?