歌手・アイドル

安斉かれんの経歴や昔の画像は?そもそも誰?実在しないCG説の真相

安斉かれん

エイベックスが“第2の浜崎あゆみ”として売出し中の期待の新人、安斉かれんさん。

あまりにもメディア露出が少ないことからCG説すら流れて空気感がハンパないですが、そもそも誰?という声が圧倒的に多く聞こえます。

「〜M〜 愛すべき人がいて」のドラマ化抜擢や、実物の動画があることから、少なくとも実在はしていると思いますが…。

そんな謎めいている安斉かれんさんの経歴や高校について調査しました。

そもそも安斉かれんって誰?

「安斉かれん」の画像検索結果

安斉かれんさんは、令和元日の5月1日に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューしたエイベックスの新人アーティストです。

しかし、なぜだか全然世の中に認知されていません。

大掛かりなCGで作られたMVや、エイベックスの力の入れようは凄そうに見えるんですが…。

初め「“ポスギャル”安斉かれん」という名前で売り出されていました。

「安斉かれん ポスギャル」の画像検索結果

ポスギャルってなんだ?と思ったんですが、

ポストミレニアル世代(1990年代後半から2010年の間に生まれた世代、またの名を“Z世代”)つまり次世代ギャル(ポストギャル)だから“ポスギャル”なのですが…

意味不明です。

こんなややこしい造語のせいで余計にとっつきにくくなっているような…。

「「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」」の画像検索結果

あと全然笑わないのでなんだかキャラで損しているような気もします。ネット上のすべての安斉かれん画像を探しましたがおそらくこの画像が一番笑顔です。

1990年代を席巻した歌姫「浜崎あゆみ」を模した金髪やつけまつげ、カラコンなど、全盛期の浜崎あゆみさんを知る世代にとっては往時を彷彿とさせる特徴です。

でもほんとにいるの?この人。という謎。

「安斉かれん ダサい」の画像検索結果CGではないかとの噂も

最近までは大手新聞社の東スポも、その存在を疑っていたほどです。

「新時代のアイコンとなるアーティスト」を目指してプロデュースされた安斉かれんさん、ですが、正直今の状態を見ているとなんだか心配になります。

そんな未知な存在の安斉かれんさんのプロフィールがこちら。

安斉かれんの経歴とプロフィール

「安斉かれん 笑顔」の画像検索結果
安斉かれんのプロフィール
  • 名前:安斉かれん
  • 生年月日:1999年8月15日
  • 出身地:神奈川県藤沢市

安斉かれんさんは小学生の頃、エレクトーンを習っていて、中学生の時に父親とローリング・ストーンズのライブを見に行ったことがきっかけでロックにはまったようです。

その後、ローリング・ストーンズのバックバンドのサックスの音色に惚れ込み、中学時代は吹奏楽部に所属してアルトサックスを担当。結果、アンサンブルの県大会で金賞を獲得しています。

高校は藤沢市のいずれかの高校に通っていたと思われますが、

藤沢市の高校

この中のどれか、ということになるのでしょうか。

高校に入ってからは歌手を目指すようになった安斉かれんさんは、歌のレッスンスクールなどに通い、将来歌手デビューを目指して特訓に励んでいたんですね。

そんな安斉かれんさんのボーカルはこちらです。

安斉かれんの歌唱動画は良くも悪くもエイベックス

ゴリゴリのエイベックスサウンドですね、懐かしい。

現在エイベックスからリリースされている曲は、すべて安斉かれんさんが自分で作詞をしているそうです。

  • 1st 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた
  • 2nd 誰かの来世の夢でもいい
  • 3rd 人生は戦場だ

歌い方もどことなく浜崎あゆみさんに似てる?ような気もしますが。

「歌詞を楽しんでほしいので歌い方にはあまり癖をつけないようにしている」との本人談があったので、あえて抑揚をつけないようにしているみたいですね。

安斉かれん ショップ店員時代の昔の画像

「RELECT by RUNWAY channel Lab.」の画像検索結果

安斉かれんさんはエイベックスが運営するファッションブランドショップ「RELECT by RUNWAY channel Lab.」でショップ店員として働いていました。

渋谷のスペイン坂にあって、L.Aで買い付けたギャル向けの古着などを取り扱っているブランドです。なんとも言えない近未来感がステキなお店。

当時の安斉かれんさんの画像がこちら。

安斉かれんの昔の画像

相変わらず全然笑ってない!

2019年デビューで20歳なので、時期的には高校卒業後間もなくショップ店員に、というルートでしょうか。大学には進学せず、エイベックスでシンガーソングライターする方向へ進んだようです。

ただ、ルックスといい、スタイルといい申し分のない素質を買われ、コスメティック・ブランド「M・A・C」の店頭コレクションヴィジュアルに選ばれました。

「コスメティック・ブランド「M・A・C」」の画像検索結果

ザ・無表情。

これが本人の決め顔なのか、カメラマンや事務所の指示なのかわかりませんが、あまりにも笑わないことで「整形疑惑」もあるようです。

ただ、高校卒業後間もなくショップ店員として働いていた頃からほとんど顔が変わっていないので、整形疑惑はなんとも?なところですね。

安斉かれんがCGで存在しない説の真相

画像

安斉かれんさんが「CGじゃないの」と言われその実在を疑われるようになってしまった背景には、

  1. 全然メディアに出ていない
  2. 笑わない
  3. 動いてるところをみたことない

こんなリ理由が背景にあると考えられます。

全然笑わないのでCGっぽい

安斉かれんCG説の背景には、最近話題になったあるバーチャルモデルの存在があります。

「バーチャルモデル imma」の画像検索結果※CGです

この画像は「バーチャルモデルimma」というCGモデルです。

おそろしく精巧に作られた現代のCG技術は、もはや現実の人間と区別が付きません。

しかし、ネット上には画像がたくさんアップされていますが、あんまり笑わないところがCGの特徴。

「バーチャルモデル saya」の画像検索結果※CGです

こちらはバーチャル女子高生saya。

CGということに気づかないほどの高クオリティですが、やはり大きな表情の変化を苦手としています。

「コスメティック・ブランド「M・A・C」」の画像検索結果

そういった観点で比べてみても、「笑わなすぎる安斉かれん」もCGっぽく見えてしまうのも仕方がないのかもしれません。

安斉かれんの昔の画像

バーチャルモデルimmaは服や胴体は人間のもので、顔だけCG合成しているので、もしかしたらこの昔の画像も、「顔だけCG合成」しているの可能性もまだほんのわずかに残っているのかも…。

とにかく露出少なすぎ・動いてるとこみたことない

そうはいっても、安斉かれんさん、けっこう地道にタワレコ周りとかしてました。

画像

笑ってない。

安斉かれん実物

全然笑ってない。

安斉かれんの笑顔

安斉かれんさんの笑顔はこれがマックスなのでしょうか。

もうここまでくるとどこまで笑わないのか、逆に見届けたいものですが…。ドラマでもほとんど笑わないんじゃないでしょうか。

【動画】生で動いている安斉かれんがいた

街頭で実物がライブしていました。

鏡張りのステージに映し出された安斉かれんを拝むことができたようですが、 やはりバーチャルな雰囲気を纏わせたいというプロモーションの一環なのでしょう。

「ずとまよ 顔」の画像検索結果ずっと真夜中でいいのにのacaねは顔出しNG

最近は顔を見せない女性アーティストの人気が増えていることや、ライブでだけうっすら顔が見れる“ずっと真夜中でいいのに”など、「ライブの売上を上げる」ための施策を練ったプロモーションも増えてきているのも事実。

実際、楽曲のクオリティ以外にも、「顔が見たい」という動機でライブに足を運ぶ人が多く、チケットは即完売しまくってます。

売れるか否かはすべて今後のプロモーション次第といったところですが、2世はタレントもアスリートも凄い苦労していますが、果たして安斉かれんさんは大丈夫なのでしょうか。

バーチャルモデルimmaの正体はCG?人間?気になる製造過程!インスタグラムで謎のモデル「imma」が世界中で話題になりつつあります。 バーチャルモデルのimma可愛いすぎんねんけど。 — ...
ずとまよのACAねの画像
ずっと真夜中でいいのに。顔が見えそうなACAねの弾き語曲まとめ【新曲更新中!】※8/25「快晴」歌ってみた追加! ※10/18幼少期の顔画像(雑コラ)追加! 2018年6月からざわついている「ずっと真夜中で...
error: Content is protected !!