女優・俳優

小栗旬が沢尻エリカに警告していた!“ボクらの時代”衝撃の対談動画【コメント全文】

小栗旬

2019年11月16日、女優・沢尻エリカさんが薬物で逮捕される2ヶ月前に撮影されたフジテレビの「ボクらの時代」の対談動画が衝撃的な内容となっていました。

番組内で俳優の小栗旬さんが語ったのは、「役者と薬物」について。まるで、いつかこうなってしまうことを予想していたかのような意味深な目線やメッセージ。

“小栗旬”という一人の俳優が、全国放送で沢尻エリカさんにこのメッセージを届けるのに、一体どれだけ勇気を振り絞ったかがわかる内容だと思います。
動画のコメントを全文書き出してみたので、ぜひご覧ください。

【ボクらの時代】対談動画で語った小栗旬

まずは動画をご覧ください。

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の番宣を兼ねた『ボクらの時代』が放送されたのは、2019年9月22日。出演は小栗旬さん、沢尻エリカさん、蜷川実花監督の3人でした。

蜷川実花

この番組の引き金となったのは、「役者を演じる中で入り込むあまりに、フィクションとリアルの境界線が曖昧になる?」と蜷川実花さんが質問をしたことがきっかけでした。

小栗旬さん、沢尻エリカさん共に「あるある」と共感したところから、冒頭の対談動画へと話は繋がっていきます。

沢尻エリカ

沢尻エリカさんが薬物逮捕されるおよそ2ヶ月前、小栗旬さんは番組内で、

「この話は使える話じゃないと思うけど・・・」

と断りを入れて話し始めたということは、「きっとこれはカットされるかもしれない」ということを示唆しています。

sponsored link

対談動画のコメント全文がこちら

動画の内容を全文書き出してみました。

対談動画のコメント全文

小栗「人間って正直ホントにそこまで強くないじゃないですか、心が、たぶん。

とてつもなく繊細で、心が弱くて、でも、だからこそ、別人格を演じることに命を懸けているから、気が付くと何かを頼ってしまう瞬間がたぶんあるんだと思うんですよね。

でそれが、今この話は使える話じゃないとは思うけど。

絶対に日本的には良い話でもなければ良くないと思うけど、役者が結局それで、オーバードーズみたいになことになって死んでしまうようなことは…あるよな、と思うわけ。

例えば一番最近で言えばヒース・レジャーみたいな人だって。

あの『ジョーカー』を生んだとなったら、なるよ!

だって現実がどこかって分からなくなっちゃうんだもん」

沢尻「まぁ、それがれん…恋愛だったりとか…いろんな…やっぱ人って何かに依存しているわけだから」

小栗「でもそれで一番重要なことは何かというとさ?

じゃあ『人を殺した経験ありますか?』ってところに行き着いた結果、僕らは人を殺したことはないけれども人を殺す役をやらないといけないというのが、最終的に一番究極で悩まなければいけない部分だと思うんだよね。

となると、他のそういうことだって、じゃあ『ドラッグの役だからドラッグやります』とか、そういうことじゃないよね、と

ということはいろんな想像力で補いましょうというのが、一番重要なところになっていくよねっていう。

蜷川「そういうシーズンになってきた?だんだん変わってきた?昔はだって、こう、そのなるべく…」

小栗「なるべく体験しようと思っていました。でも自分の想像力をもう少し信じてみようかなと思うことも、増えてきたかもしれないですね」

映画『ダークナイト』でジョーカーを演じた後、急性薬物中毒で亡くなったアメリカ人俳優ヒース・レジャーの名前を例に挙げた理由は、

「お前はヒース・レジャーになるな!」

という小栗旬さんなりの、沢尻エリカさんへの決意のメッセージだったのでしょう。

sponsored link

対談動画での沢尻エリカの様子はどうだった?

小栗旬

動画を細かく見ていると、小栗旬さんはテーブル中央に視線を集めながらも、言葉の終わりごとに沢尻エリカさんへ強い目線を送っています。

特に1:25~で話を区切る際の眼差しは、言葉よりも雄弁に、小栗旬さんの気持ちを物語っていたように思えたのは私だけでしょうか?

カメラがヒロインでもある沢尻エリカさんをずっと背中から取り続けている光景も不自然だな、とは思いましたが・・・

僕らの時代このときグラスはまだタンブラー

この話を聞いている間の沢尻エリカさんは、ひたすら水を飲み、顎に手を当てて、小栗旬さんのと隣で聞いている蜷川実花さんとは対象的に、どこか落ち着きのない様子でした。

沢尻エリカ ボクらの時代顎に手を当てる沢尻エリカ

心理学の世界では、「顎に手を当てる」という行為は

  • 冷静さを保ちたい
  • 恐怖を感じている
  • 焦っている、見えを張りたい

など、「精神的に不安定な状態」を現していると言われています。

また、対談の会場は半袖の蜷川実花さん、長袖の小栗旬さんに対し、チューブトップワンピースをまとって一番涼しそうな沢尻エリカさんが、水をガブガブ飲んでいたこと。

沢尻エリカ気づけば一人だけワイングラスに

画像が荒くて申し訳ないのですが、小栗旬さん、蜷川実花さんは元々のタンブラーグラスのまま、しかし沢尻エリカさんだけワイングラスに替わっています。

激しい緊張とストレスに晒されていたことを示唆するシーンだったのかもしれません。

小栗旬なりの警告メッセージだったのか

小栗旬ボクらの時代

この動画の小栗旬さんは、憐れむわけでも、蔑むわけでもなく、「薬に頼るな、自分の想像力を信じろ」というメッセージを送りたかったのではないでしょうか? 

小栗旬さんはおそらくずっと前から、沢尻エリカさんの不穏な噂を知っていたのでしょう。というか、芸能人が住む世界は、一般人の想像以上にそういう話題に溢れているのではないかとさえ思えます。

沢尻エリカ

2人は映画でベッドシーンや激しいキスシーンを演じた仲でした。演技とは言え、お互いにかなりの信頼関係を築いていなければ演じるのが難しいシーンです。

他人想いで面倒見の良い小栗旬さんだからこそ、カットを承知で、取り返しがつかなくなる前に沢尻エリカさんに立ち直って欲しい、その想いで手を差し伸べようとしたんじゃないかと。

ボクらの時代

この対談で恐ろしいほどの緊張が沢尻エリカさんを襲っていたことは、番組終了後に撮られた写真を見ても伝わってくる気がします。

田代まさしさんの例を見ても分かる通り、薬物依存がの恐ろしさは想像を絶します。

沢尻エリカさんは、もう既に後戻りできないところまで進んでしまったいたのでしょうか。小栗旬さんの想いが届かなかったことが、残念でなりません。

error: Content is protected !!